11 月 09

体験しているのは誰だ

あなたは劇場で映画を鑑賞しています。
主人公の身に降りかかるドラマを、ハラハラしながら見守っています。
そして、物語もいよいよクライマックス。張り巡らされた伏線がつながっていき、主人公は徐々に追い詰められていきます。そして思いも寄らなかった人物が、黒幕として主人公の前に姿を現す…

「…オシッコがしたい!」

あなたは少しばかりジュースを飲み過ぎました。ここまで何とか我慢してきましたが、もう限界のようです。

「ちょっとスミマセン」

あなたはイソイソと席を立ち、トイレに駆け込みます。そして…

…おめでとうございます。心から安心できる瞬間が訪れました。

さて、用を済ませ手を洗っていると、目の前の鏡に自分の顔が映っています。
ここであなたはふと気づきます。

「私は映画の中の主人公などではなかった。ただの観客だ」

さっきまで眺めていた劇場の大スクリーンと、目の前の小さな鏡とが重なっていきます。

この、鏡の中に映っている人物は、誰だ。
あの大きなスクリーンに映っていた人物は、誰だ。
そしてもっと巨大な、現実というスクリーンに映っているのは、いったい誰なんだ。

もう映画の続きなど、どうでも良くなりました。
もっと重大なことに気がつき始めたからです。

****************************

あなたは確かにこの現実の主人公かもしれません。
しかし、実際に体験しているのはあなたではありません。
体験しているのは、あなたの向こう側にいる「観客」です。
そしてその観客こそが、本当のあなたなのです。

我々は映画を観るとき、作品が自分の趣味・嗜好と合致していて、あらゆる面で良くできていたとき、その作品世界に心から魅了されます。我を忘れ、夢中になってのめり込むのです。
そんな時、あなたはもはや主人公です。観客であるということを忘れて、主人公と一体化しています。主人公に起きていることはあなたに起きていることです。実際に主人公として、その映画の出来事を体験しているのです。

これと同じことが、現実でも起きています。

あなたがオギャーと産声を上げて、この世界に現れたときから映画がスタートしました。
最初はなんだかよく分かりません。あなたはこの世界を把握しようと一生懸命です。
そのうち、ストーリーが段々と理解できてきました。自分がどのような役どころで、周りにいる配役がそれぞれどんなキャラクターなのか。舞台設定はどうなのか。
あなたは自分の役回りをどんどん進んで勤めるようになります。それらしく振る舞うことがますます板についてきます。

あなたはすっかりこの現実世界の主人公になりきってしまいました。
そして、本当は観客であることを忘れてしまったのです。

私は誰だ

映画はモンタージュという技法を用いて、様々なショットをつなぎ合わせ、一つのストーリーを構築します。
しかし実際には無数の映像を細かくつないでいるだけで、各シーンだけ単独で取り出してみても、そこには何のストーリーも存在しません。
それを時間軸に沿ってつないで観ていく中で、我々が連想してストーリーを作り出しているに過ぎないのです。
つまり、上映されている映像自体には何の意味もなく、各シーンを頭の中でつないでいき、出来上がったストーリーから感じたものを「これこれこういう映画だ」と思っているに過ぎないというわけです。
映画という形態は、あなたの内部でだけ存在しうるものなのです。
連想して感じた様々な内部的体験が映画の本質なのです。

現実も同じです。
我々の目に映るあらゆるものは、それ自体まだ何の属性も持っていません。
あなたはそれを様々な形で関連させ、恣意的に解釈します。この時点でも属性はありません。
あなたは次に「それは楽しい」「それは嫌だ」などと感じます。
あなたにとってのある現実に対して、何らかの感情を感じた。この時、現実は初めて属性を帯びてきます。

これが体験というものです。

あなたが目の前のものに対して思考を働かせ、解釈を試みます。その結果それはあなたにとってある種の属性を帯び、それに対してあなたは何らかの感情を覚えます。
これが「体験する」というプロセスです。

何かを見たから体験したのではありません。その時何かを感じたことが体験なのです。
つまり体験とは、完全にあなたの内部的なものなのです。

ということは、どこかに行き、何かを行い、何かを書き、何かを聞き、何かを喋っているあなたは主人公かもしれませんが、それはあなたではありません。
その時何かを感じているあなた、つまり実際に経験しているあなたこそが本当のあなたなのです。

チケットは無数にある

感じている者こそ自分の本当の「主体」だと気づくと、あなたは現実に急きたてられる主人公の役割から解放されます。
現実は拷問ではなくなります。
あなたは投影されている映像の一部ではなく、それを鑑賞している観客の立場に立つことが出来ます。
そして、元々そうだったのです。

逃れられない唯一のストーリーの呪縛から解き放たれます。
現実は、あなたを不自由に閉じ込めておく檻などではなかったことに気づきます。
今までのあなたは、その映画にのめり込み、主人公と一体化していたため、その視点を持つことが出来ずにいました。
しかし、ちょっと用を足しにいった瞬間に、本当の自分に気づいてしまったというわけです。

「私はどうして、見たくもない映画に必死にのめり込んでいたんだろう」

もうこの作品の続きを見る必要はなさそうです。
あなたは映画館を後にします。そして、本当に見たい映画はどんなものか、想いをめぐらせます。

頭の中に、面白そうな映画のストーリーが浮かんできました。あなたは楽しくなって、思わずウフフと笑いがこみ上げてきます。

目を上げると、正にそんな面白そうな映画の看板がそこにありました。

「これだ。これにしよう」

あなたはウキウキしながらその劇場に入っていきました。
なんとなくですが、面白そうな映画であることは直観で分かりました。
それに気に入らなければ、また別の映画を選べば良いだけのことです。
映画など、星の数ほどあるのですから。

次の映画に移る

この現実を、逃れられない唯一の現実だと信じ込んでいると、観客の視点を持つことは不可能です。
その時あなたは、主人公としてそのストーリーと必要以上に密着してしまい、強力にその現実を固定化してしまいます。結果、似たような現象化が延々と繰り返されることになり、変更はますます困難になります。

はっと気が付いて、観客であることを思い出したら、何が起きるのか。

何も起きません。ただ、本来の視点を取り戻すことが出来るようになります。
今までは主人公として現実に感情移入しすぎていたため、極めて近視眼的な視点しか持ち得ませんでした。これはエゴの視点です。
もっとよく見ようと、読んでいる本に極限まで目を近づけても、ますます読みづらくなるだけです。そこで何とかしようと取り組んでも、暗闇で闇雲に動き回っているようなものです。そんなことをしても上手くいくはずがありません。

そこから一歩引いて、主人公である自分を観察する観客の視点を持ってみる。
それは本来のあなたの視点であり、別の領域から正確な観察を行っているということです。

つまり完全に安全な領域から、全てを見通せているということです。

「志村、うしろうしろ!」

主人公に適切な指示を与えることも可能です(笑)。
大局的な視野でもって、全てを見通すことが出来るようになるのです。
思い出してください。別の領域は可能の領域です。そこに不可能という概念は存在しません。
つまり、あなたがその地点から現実を眺めているとき、その現実は如何様にも変更可能だということです。
あなたがその視点を持つだけで、現実は自動的に望むように変化していきます。なぜなら「現実は如何様にも変更可能である」という者としての立場で、現実を捉えるようになるからです。これは主人公としてストーリーに密着しているときには起こり得ない出来事です。

気が付けば、あなたは以前とは全く別の映画の中にいます。いつの間にか映写室のフィルムが掛け変わってしまったようです。
しかし本当は、フィルムを掛け替えたのはあなた自身です。それが出来る立場であることを思い出した「あなた」なら、それは何の造作もない、極めて容易なことなのです。

最後にもう一つ、とても気が楽になるメッセージをお伝えしましょう。
あなたは苦労して望む現実を創造する必要は全くありません。
何故って?それらは既に現実として存在しているからです。あらゆる現実は可能性としてではなく、本当の物質的な現象として、全てあるのです。

あなたはその中からお望みのものを、観客の視点でもって単に選ぶだけでよいのです。

簡単でしょう?(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

written by 108

11 月 06

現実って、何?

ザ・チケットや、2ちゃんねるのLOAスレッドをお読みの方には、既にお馴染みの考え方かもしれません。

そう、現実とは「幻想」です。
あなたの内部から投影された立体映像のようなものです。

ところが幻想であるはずのこの現実に、我々は絶えず翻弄されています。
楽しい現実、嬉しい現実もあれば、辛い現実、悲しい現実もあります。
単なる幻想であるはずの現実に、我々は始終脅かされているのです。

これがテレビドラマの中での話であれば、たいした問題ではありません。
一時間程度、その世界に浸りきって充分にドラマを堪能すれば、それでオシマイです。
来週のこの時間を楽しみにしながら、我々はその世界を後にします。
そして、安心できる自分の本当の現実に戻ってくるのです。

しかし厄介なことに、テレビドラマではない「自分の本当の現実」においても様々なドラマが待ち受けています。
そしてそのドラマの主人公は、正真正銘の自分自身です。
これ以上の臨場感はありません。巨大なスクリーンと高度な音響設備を備えた映画館であっても、この「現実」という上映設備の迫力には遠く及びません。

この「現実」というドラマは、あなたが生まれてから現在に至るまで、ずっと休むことなく上映され続けています。
早送りも巻き戻しも出来ません。
「ちょっと休憩」と言って、中座することも許されません。
決して途切れることなく、我々はこのドラマの主人公を演じ続けています。

現実が我々にとって、好意的に解釈できるものであれば、それもいいでしょう。
ところが、現実とは往々にしてそうではありません。
不愉快なことが一杯起こります。耐え難いような出来事も、一生のうち一度や二度ではないでしょう。

「なぜ、これほど苦しい現実を味わう必要があるんだ。もうたくさんだ!」

こう言って鑑賞するのを中止し、劇場を後にすることはできません。それは死を意味するからです。
実際の映画であれば、それは自由です。
そうであれば、そもそも鑑賞前に作品を選ぶことが出来ます。
事前に「どのような映画であるか」内容をチェックして、自分の趣味・嗜好に合うものを観に行けばいいわけです。
観に行って気に入らなければ、鑑賞を途中で中止することも自由です。
別の作品はいくらでも上映されていて、もっと面白そうな映画はたくさんあります。
公開中のロードショー以外にも、ビデオレンタル店には過去の作品がいくらでも置いてあります。テレビでも毎週何本も放映されています。
あなたにとってお気に入りの一本に、必ず出会うことが出来るでしょう。

しかし、この「現実」はあなたにとって唯一のものです。
あなたが気に入ろうが気に入るまいが、容赦なくその「唯一のストーリー」を突きつけてきます。
それが「人ごと」ならともかく、主人公はあなたです。体験しているのは唯一の主人公であるあなたなのです。
あなたはジェットコースターの先端に縛り付けられ、次から次へとものすごい勢いで迫ってくるど迫力のシーンを目の前にして、恐怖にうろたえるばかりです。

これは拷問です。もはや罰以外の何物でもありません。
これが人生というものなら、全く楽しくなんてありません。一刻も早く終わらせたいと思って当然です。
私は先に「ドラマを見終わったら安心できる現実に帰ってくる」と書きましたが、実際にはまるであべこべです。むしろドラマを見ている時間の方が、人によっては辛い現実から解放されるオアシスのような役目を果たしているのかもしれません。

この「現実」というドラマのシナリオライターは、一体どこにいるのでしょう。
見つけて一発か二発…いや、ボコボコにぶん殴ってやらなくては気が済みません(笑)。

主人公という幻想

…さて、何となく展開が読めてきた気がしませんか?
あなたはおそらく、私が今からこんなことを書くんだろうと思っています。

「実は、この現実というドラマのシナリオライターはあなた自身です。全ての現実は、あなた自身が創造しているものに他ならないのです。だから、あなたが自分でシナリオを書き換えさえすれば、現実はあなたの望むように展開していくのです」

この方向に論旨を誘導していくのは簡単です。しかし、ザ・チケットでも2chのスレでも、この手の話は嫌というほどしてきました。もうお腹いっぱいだという方も多いと思います。

そこで今回は、ちょっと別の方向に展開を試みてみようと思います。

「現実は、あなたが創造しているものではない。この現実世界に生きる他者やあらゆる現象によって、あなたとは無関係に刻々と生み出されているものだ。
現実は、あなたの内面とは一切関係がない。あなたが何を考えているかということと、実際の現象化との間にはなんら関連性はないのだ。
あなたが現実に対して取り組んで成果を出せる部分は一切ない。なぜならあなたは創造主などではないからだ。あなたはただ次々と展開する現実に対して、楽しい、辛い、面白い、恐ろしい、などと感想を洩らすことだけで精一杯だ。
とすれば、あなたが現実に対して出来ることは何もない。あなたに出来ることは、それを充分に体験し、感じることだけである。あなたは観客に過ぎないのだ」

どうでしょうか。
「現実とは幻想である」「内部から投影された立体映像のようなものである」という最初の主張と、同じ地点に行き着いてしまいました。
正反対の立場を取ってみても、結論は同じなのです。

「自分はこの現実の主人公だ」

これは真実のように思えます。あなたは現実を「あなたの観点」でしか捉えることは出来ず、その意味であなたは自動的に主人公という立場を取らざるを得ません。
しかし上で述べた立場に立って考えると、これはおかしなことです。
あなたが主人公なら、常にドラマの中心にいて、現実の展開に大きな影響を与えていなくてはなりません。
しかし上記の前提通りだとすれば、現実とあなたは「無関係」であり、あなたの思考は現象化に影響を及ぼさないはずです。
これではとても主人公とは言えません。
しかし、あなたは現実を途方もない臨場感を持って感じ、喜び、悲しみ、まるで主人公のようにありありと体験しているように見えます。
では「あなた」の現実における立場とは一体何なのでしょうか。
(つづく)

written by 108

スマートフォン表示にする

http://www.ndesign-studio.com http://www.mangoorange.com