12 月 25

世界金融危機が、深刻な事態を招いています。
日本でも派遣社員が契約を打ち切られたり、様々な方面に影響が出てきています。
このコラムを読んでいる方の中にも、今回の金融危機の煽りを食っている人が、少なからずいらっしゃるでしょう。

でも、こんな時こそ勇気を持って断言してみてください。

「完璧だ」と。

きっと不思議なことが起こりますよ。

金融危機という状況が、あなたの現実を作っているのではありません。
そのニュースについてあなたが感じたことが、あなたが自分の現実として体験するものになるのです。

客観的状況と思われるものに、あなたの現実を創造する力はありません。
あなたの現実を創造しているのは、あなたが何を感じているかということだけです。
ここのところをシッカリと理解しておいてください。

****************************

さて、前置きが長くなりました。
今日の話は「減点法」です。

私達は、いつも減点法で自分を裁いています。

絶えず、裁き続けています。

例えば、こんな風に。

****************************

朝、目覚まし時計が鳴ります。
あなたは必死の思いで目を覚まします。

「もうこんな時間か…。昨日遅くまで飲み過ぎてしまった。頭が痛い。今日が日曜日だったら良かったのに。仕方ない、起きるとしよう…」

・充分な睡眠が取れていない…マイナス50点
・不摂生をしてしまった…マイナス30点
・頭痛がする…マイナス100点
・今日は日曜日ではない…マイナス30点
・起きなくてはいけない…マイナス50点

あなたは朝食を取り、身支度をして玄関のドアを開けます。
あいにくの天気でした。外は雨です。

「なんだよ〜、雨じゃないか」

・天気が悪い…30点

あなたは傘を差して、駅に向かいます。

・傘を差して歩くのが面倒くさい…マイナス10点

駅に到着したあなたは、ラッシュアワーの電車に乗り込みます。

「ウワー、ぎゅうぎゅう詰めの上に、塗れた傘だらけだ。スーツが汚れなきゃ良いが」

・ぎゅうぎゅう詰め…マイナス20点
・塗れた傘だらけ…マイナス50点
・スーツが汚れる恐れがある…マイナス70点

****************************

…本当はもっと続けようと思っていたんですが、もう止めておきます。
全然楽しくありません(笑)。

私達はこんな風に、絶えず状況と思われるものを採点しています。
しかも加点法ではなく、ほとんどが減点法です。
一体どうして、こんな無意味な採点を絶えず続けているのでしょう?
いつかまとめて誰かに提出するつもりなのでしょうか?(笑)

この減点法による採点、最も恐ろしいのは自分に向けられた採点です。

・不摂生をしてしまった
・スピーチで噛んでしまった
・お年寄りに席を譲るタイミングを失ってしまった
・タイムサービスの商品を買い損ねてしまった
・電車から降りるとき、左足から踏み出してしまった…etc.

ありとあらゆる場面で、あなたは自分を減点し続けています。
何故でしょう?

「常に自分の行動を採点しなさい」

などと、家や学校では教わらなかったはずです。

「ちょっと待て。似たようなことは言われたぞ。『真面目に生きなさい』とか『人の役に立たなくてはいけない』とか『常に自分の行動を顧みよう』とかの類だ」

確かに言われたかもしれません。
でも「自分を常に減点法で採点しなさい」とは言われてはいないはずです。
にも関わらず、せっせせっせと絶えず自分を採点しているのは何故なのですか?

あなたがこれまでに作成してきた膨大なレポート。
このレポートを誰かに提出したことがありますか?
ないですね。このレポートの提出先はありません。
では、一体このレポートはどこに行ってしまうのでしょうか?

(つづく)

written by 108

12 月 18

お久しぶりです!

このところ、すっかり更新がありませんでした。

近々コラムを更新する予定ですので、今しばらくお待ちください

<(_ _)>

さて、でじたる書房での発売以来、ご好評を頂いている「ザ・チケット」ですが、このたびまぐまぐ!マーケットでも取り扱いを開始しました!

チケット売り場①(でじたる書房)

チケット売り場②(まぐまぐ!マーケット)

※内容は同じものです。ご購入の際、決済方法が若干異なります。

「まだ読んでない!」という方、この機会にいかがでしょうか?

「もう読んだ!」という方も是非!(笑)

written by 108

スマートフォン表示にする

http://www.ndesign-studio.com http://www.mangoorange.com