最優先事項 パラレル続編!
11 月 30

寒くなってきたところでホットなニュースです。
なんと新刊が出来上がりました。

タイトルはパラレルです。

パラレル

ご購入はこちらへどうぞ。

タイトルどおり、並行世界、ホログラフィック・ワールドについての本です。
これはブログでやろうかとも考えていたんですが、内容が内容だけに、ものすごい分量になってしまいます。
それだととても終わりそうにもないので、本としてまとめていくことにしました。
今回のは、いわば「序章」みたいなものなんですが、それでも結構ディープな入門編になったかもしれません。

今回は特に「死」について、かなりの分量を割きました。

「パラレルワールドの話に、どうして死が関係してくるの?」

と感じるかもですが、無関係に思えて、実はこの二つは密接に結びついています。
特に大震災以降は「是非とも死について語ってくれ」というご要望をたくさん頂いていたんですが、そのリクエストにもお応えする形になっています。
死については、今後もパラレルシリーズの中で多世界解釈と絡めて扱っていきたいと思ってます。

今度のパラレルは、DEBUGや裏DEBUGとは文体をまた変えてあります。
分かりやすく伝えるにはどういった形式が良いのかな…と模索してたどり着いた形です。

で、たどり着いたらなんのことはない、お馴染みの質疑応答形式だったんですけどね(笑)。

でも、楽しく読める形にはなったと思います。
内容もこれまでの著作の中でもっとも娯楽性が高いと思います。
どうぞお楽しみください。

ご感想もお待ちしています!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

written by 108

13 Pings to “まさかの新刊です!”

  1. yuki Says:

    −−−−−このコメントは管理者のみに公開されます。−−−−−

  2. ぽこたん Says:

    −−−−−このコメントは管理者のみに公開されます。−−−−−

  3. せりか Says:

    −−−−−このコメントは管理者のみに公開されます。−−−−−

  4. 小枝 Says:

    −−−−−このコメントは管理者のみに公開されます。−−−−−

  5. んぼうず Says:

    −−−−−このコメントは管理者のみに公開されます。−−−−−

  6. M Says:

    −−−−−このコメントは管理者のみに公開されます。−−−−−

  7. HT Says:

    −−−−−このコメントは管理者のみに公開されます。−−−−−

  8. 花音 Says:

    −−−−−このコメントは管理者のみに公開されます。−−−−−

  9. ( д ) ゚ ゚ スポーン Says:

    −−−−−このコメントは管理者のみに公開されます。−−−−−

  10. HT Says:

    −−−−−このコメントは管理者のみに公開されます。−−−−−

  11. HT Says:

    −−−−−このコメントは管理者のみに公開されます。−−−−−

  12. あんみつ姫 Says:

    −−−−−このコメントは管理者のみに公開されます。−−−−−

  13. miita Says:

    −−−−−このコメントは管理者のみに公開されます。−−−−−


94 Responses to “まさかの新刊です!”

  1. 1. hana Says:

    私が今とても知りたい、わかりたいことです!
    108さん、どうもありがとうございます!

  2. 2. yuki Says:

    これは願望とか関係なく素直に面白そう!

  3. 3. 小枝 Says:

    たった今読み終わりました。死というものが幻という事が
    良く練りこまれて書かれていて頭が熱を持っています。

    読解力が無いのか、一つだけわからなかったのが、
    「世の中の災害も全て私のせい」というところです。

    「死(と見えるもの)」を選択した、あるいは巻き込まれた
    「他人(あえてちょっとそう呼びます)」のニュースなどは
    毎日TVをつければ嫌というほど耳にしますが、そのニュース
    の内容すら私が選択している。という事になるのかな?と。

    だったら何故あえて無限のバージョンの中からそんな陰湿な
    バージョンを私は選択しているのでしょうか?
    (ニュース見なきゃいいじゃんというのは無しで・・。

  4. 4. 108 Says:

    たくさんの方にお読みいただいているようで何よりです。

    >> 1. hanaさん

    知りたいこと、お分かりになりましたでしょうか?
    こちらこそ、いつもありがとうございます。

    >> 2. yukiさん

    面白かったですか?
    で、そのあとyukiさんにいただいたご感想がこちらです。

    ※管理者のみに公開となっていましたが、内容的に公開して問題なしと判断しましたので掲載させていただきます。問題があればご連絡ください。
    また、板チケでのyukiさんへの再投稿要請は無視してください。

    ****************************

    続けての書き込みですいません。
    でも読み終わったので感想を。

    だってすごい面白かったから!

    たぶん、108さんのいままでの著作の中でいちばん面白かったです。
    それは過去の108さんの書き込みや著作があったからかもしれませんが、
    とにかく面白かったです。

    ちょっと頭の中が崩壊しそうな感じです(笑)

    パラレルはシリーズで続編があるとの事なので楽しみにしています。

    ※274ページに「黒髪」が「黒神」になっている誤字がありました。
    これはこれで誤字のくせに内容に溶け込んでたので面白かったですけど(笑)、一応報告です。
    それと、これをココに書いていいのかわからなかったので念のため「管理者のみにコメントを公開する」にしました。

    ****************************

    やはりパラレルは108史上一番面白い作品になっているようです。
    きっとトントン拍子で読み進めたんじゃないでしょうか?

    でも、実は文字数に関しては108史上最高なんですよ。
    私のこれまでの著作の中では圧倒的に文字数が多いんです。
    でもDEBUGや裏DEBUGと同じくらいのページに収まってるでしょう。
    どうしてだと思いますか?

    それは、私がそれらの条件付けを無視して新しい世界に移行したからです。
    …というのは冗談でですね(笑)、今回から組版をスマートフォンでの閲覧に最適化
    したからなんですよ。

    裏DEBUGまでは、iPhoneやスマホで読むと文字が小さめでした。
    スマホの画面が高精細になってきたとはいえ、PCや紙媒体に比べると、どうしても文字が読みづらいという点は否めませんでした。
    これは、裏DEBUGまではチケットの制作に使ったテンプレートを流用していたからなんです。

    チケットは当初、紙媒体による一般の商業出版も視野に入れて制作していました。
    PCによる閲覧は考慮していましたが、携帯については販売元のでじたる書房さん自体に、携帯で閲覧する形で掲載する機能がありませんでした。
    また携帯やスマホでの閲覧は当時それほど主流ではなかったこともあり、配布の都合上どうしても見切るしかなかったんです。

    ところがあれよあれよいう間に携帯電話を取り巻く環境が激変し、今や携帯やスマホで電子書籍を閲覧するということが当たり前の時代に突入しています。

    …ということで今回、読者の方の利便性を考えてテンプレートを見直し、スマホでの閲覧に最適化しました。それほど高精細でないスマホでも、まずまず無理なく読めるくらいのインターフェースにはなったかと思います。
    一ページあたりの文字数が減っていますが、文字の視認性はぐっと高くなっているはずです。

    というわけで今回の「パラレル」は、いわばシリーズ・ザ・チケットの新世紀版第一弾ということになります。

    「朝鮮しなければスマートフォンじゃない!(by Do○oMo)」

    …あれ?でも、一ページあたりの文字数が減っているのなら、作品全体の文字数は増えているんだから、ページ数はうんと増えなきゃおかしいですよね?

    さて、108は果たしてどういったマジックを使っているのでしょう?
    (謎)

    本題に戻りましょうか。

    > ちょっと頭の中が崩壊しそうな感じです(笑)

    狙いどおりですね(笑)。

    今回、yukiさんの「それまで意識もしていなかった信念」が大きく揺さぶられたのだとしたら、パラレルの目論見は大成功です。
    新しい可能性を具現化したいなら、それまでガチガチに支えてきた信念をぶっ壊す必要がある。

    ぶっ壊したら次はどうしたらいいのか。
    ぶっ壊したままで良いんです。
    ぶっ壊したままにしておけば、そこには元からあった実像が勝手に現れてくることになる。
    ただし信念をぶっ壊すため道具は、これまで活用してきた信念の中にはありません。
    そのためにはその外側、つまり実像を利用しなきゃならない。

    長い間大事にお付き合いしてきた信念は、一度壊れてもすぐまた再生しようとします。
    「壊れたから元通りにしなきゃ!」と自動反応してしまうんです。
    そして無意識に再生しようとした信念をまたぶっ壊す…

    この繰り返しがパラレルの会話の中で行われていることなんです。
    それをあなたは第三者的立場で、楽しみながら眺めることが出来る。
    これは前三作にはなかったパラレルの特徴です。

    これまでの「ザ・チケット」「DEBUG」「裏DEBUG」は、ベクトルがあくまでも読んでいるあなたに向いていました。いわば読者の方が何かを突きつけられているような迫り方だったのです。

    でもパラレルは「私と誰かとの質疑応答」という形式なので、そこまでの切迫感はありません。楽しみながら楽に読み進められるはずです。
    言ってみれば、LOAスレや板チケでの質疑応答を第三者として読んでいるような感覚ですよね。
    これまでの数年間、このプロセスを通して気付きを得られた方も多いと思います。
    パラレルは、この実績のある仕組みを有効活用したものなんです。
    これも新しい試みです。

    続編は比較的近い時期に出そうと考えています。
    鉄は熱いうちに打て!です。

    …で、また誤植がありましたね。
    どうもすみません。ご指摘ありがとうございます。
    誤植はまだあるかもしれないので、ある程度情報を集約できてから修正したいと思っています。発見された方は遠慮無くご指摘ください。
    ※誤植のご指摘を感想と一緒に投稿される場合は「管理者のみに公開」のチェックを入れなくても大丈夫です。コメントは投稿と同時に掲載されることはありません。誤植指摘部分はこちらで抽出してコメントから分離しますので、気にせず投稿してください。
    お手数ですがよろしくお願いします。

    >> 3. 小枝さん

    ありがとうございます。
    その熱は風邪の症状じゃないですよね?
    知恵熱みたいなものだったら良いんですが、急に寒くなってきたのでお体には十分ご注意ください。

    > そのニュースの内容すら私が選択している。という事になるのかな?と

    そうです。
    ここは受け容れるのにかなり抵抗がある部分ですよね。

    > だったら何故あえて無限のバージョンの中からそんな陰湿なバージョンを私は選択しているのでしょうか?

    一言でいうと、そのように条件付けられているからです。

    何も制限がなければ、我々はどんな現実でも自由に選択して、自分の現実に自在に具現化できるはずです。
    事故や事件の一切存在しない現実だろうが、です。
    ところが実際には、我々には様々な制限がかかっている。

    「私はこういった現実を経験するはずだ」
    「私はこういった現実を経験するべきだ」

    という形で。
    これは早い話が信念です。
    普段はそんなこと考えていないように思えても、無意識的かつ自動的に「そういった現実(事故や事件で人が死ぬという事実)を見なきゃ!」と条件付けられているんですよ。

    で、

    > ニュース見なきゃいいじゃんというのは無しで・・。

    これは「あり」なんですよ。
    実はこれに関する部分が、次のパラレル続編に出てくるんです。
    …ということで、首を長くしてお待ちください。
    小枝さんの首が伸びきらないうちに続編をお届けしますので(笑)。

    ご感想をお待ちしてます!
    (DEBUGと裏DEBUGの感想も引き続き募集中ですよ〜)

  5. 5. popomin Says:

    「パラレル」面白かったです。
    入門編ということでちょっと物足りない気もしましたが、続編が今から楽しみです。
    1つ気になったのは他人の「死」も自分が選んだということは、「嫌いなやつの不幸を選ぶ」事も可能ということなんですかね?

  6. 6. U Says:

    108さんパラレル読みました。とっても読みやすかったです。
    続編が楽しみです。
    「あなたはどんな世界でも自由に選択できる」とありましたが、
    どうやって選択すればいいんでしょう?
    ただこういう現実が観たいとかでいいんでしょうか?

    ちなみに、私はパラレルを読んで寝たら、次の日に突然十円ハゲが
    できてました。(ノ_-。)
    もちろんハゲたいなんて思ってなかったです。
    別の領域はへんなことを起こしたりしないとおっしゃってたし、私もそう思ってたんですが。私はなぜそんな選択をしたんだ…。
    とりあえずふさふさでつやつやの髪を意図してみます!

    続編は1000円くらいだと嬉しいです。(でも2500円でも買います。)

  7. 7. 小枝 Says:

    返信ありがとうございます。
    風邪ではないようです笑
    頭がオーバーヒートしかけます笑

    パラレルは本当にSF映画で良く出てくる題材そのもので、
    「SFじゃなくて(サイエンスフィクション=作り話)真実だよ。」というのを仰っていて、静かに興奮しました。
    (まるで映画バタフライエフェクトやインセプションの様な
    ・・・知らなかったらすみません)

    そうですね、抵抗はやはりありますね。自分がとんでもない
    変態になった気分です。そのように条件づけられている。
    というのは誰にでしょう・・?(自分かな?)

    前に、とある人に言われた事があります。
    「この世界は二極性で、良いか悪いか。で中間つまり中庸に留まる事が大事で、出来事もそれ自体は中立です」と。
    そして、一番抵抗があった言葉が「どのような状況であっても
    理不尽な出来事であろうとも、その人が好きでやっているのです。」というものでした。。。「好きで・・・って・・・」

    とてもそうは思えなくて(だってやっぱり嫌なニュースを見て
    中立とは思えなくて)。

    ただ、多分私の解釈が浅いゆえにそうとしか捉えられないのだと思います。だからこそ、もっと深くこの見えている現実とは何かを知りたいと感じてパラレルを購入しました。

    死についての解釈は本当に世間で言われている無念とかと
    間逆で、ほんと、泣きそうになりました。

    次回、楽しみにしています。

  8. 8. andy Says:

    こんばんは。パラレル読みました。
    他にも、108さんのチケットとdebugを読んでます。
    私にとっては、一番読みにくかったです。
    内容としては、面白く、目新しいものでした。
    が、正直なぜそこまで、死の感想を言い切れるのか?
    不思議でした。
    今回の本は、簡単そうな会話形式なんですが、
    思考がついていけない内容なのか、
    理解がおいつかない上に、2回も読んでいる途中で寝てしまい、
    今3回目を読み直そうかと思っている所です。
    一番最初にチケットを読んでから、2年以上は経っていると思うんですが,
    ようやく最近、チケットやdebugの内容を感覚で分かってきたかな。
    と思ったので、パラレルを読む事で以前の作品の内容と繋がる部分も多かったと思います。
    正直2回とも読み終えた後、私的には、??となってしまいます。
    え?という驚きと で? どうしたら?
    みたいな。エゴのシーソーゲームに乗っかっている感じですね。

    続編楽しみですが、あんまり間があかない事を願います。
    値段設定は、微妙かなー。と思います。
    シーリーズ的なのめんどくさくて、途中で見たり、読むのやめたりするので、
    最初から最後まで、まとめて読みたいタイプなんで、長くても、高くてもいいんで、次回完結願います。

    興味深い内容をありがとうでした。

  9. 9. 通りすがりのもぎり Says:

    新作ありがとう。温かいゆず茶どうぞ ( ^-^)_旦”"

    ついにシリーズ・パラレルワールドに突入。
    108さんにとって本領発揮、ライフワークですか。それはよかったです。
    文章からも、楽しそうにワクワクしている108さんの姿が伝わってきます。

    せっかくなので質問を。170ページあたりですが、
    死を経験することで信念が崩壊にさらされ、実像を受け入れる余地がでてくる。
    だけども、制限の一部が外れただけで、全ての真実を受け入れることが可能とは限らない。

    全ての真実、完全なる実像の経験って何でしょうか?
    もうひとつは、死によっても崩すことのできない、実像を遮断する信念って何ですか?

    不躾な質問でスミマセン。

  10. 10. YASU Says:

    108さんの回答スレで

    >>「私は一週間後に、べらぼうに素敵な相手と出会う!」

    この設定で一週間過ごしてみるのです。

    この設定だと永遠に一週間後に素敵な相手と出会うが創造されることにならないんですか??

    そして
    >>あなたは今から入念に準備をするはずです。そしてその相手と出会う日を待ち焦がれながら、毎日を楽しみに過ごしていくはずです。
    試しにやってみたらいいですよ。

    これも「待ちの」スタンスなら永遠に待ちのスタンスがループの創造されないですか?

    >>コツは期待するのではなく、それが既に確定した事実として(その期間は)過ごす、ということです。

    これはどういう事でしょう。
    未来なんだけど、過去の事にしてしまうって事???

  11. 11. う~ん Says:

    新刊発売おめでとうございます!!

    2回読みましたが、今までで一番早いスピードで読める書籍かもしれませんね。対話形式、いいと思います。青い文字で表現されている彼のぐずり方も
    いい味出してますw

    ところで、デバッグ裏デバッグと絡めて質問させて頂きますが、
    その都度の選択でパラレルワールドを移動しているとするならば
    「今を全力で経験する」「実際の経験に意識を注ぎこむ」というのは
    何を選択している事になるんでしょうか?
    頭の中ではなく、目の前を経験する事で頭の中にある信念の制限を取っ払う
    事で、より自由に選択できるようになるという事なんでしょうか?

  12. 12. HT Says:

    108さん、はじめまして!

    早速ですが3の小枝さんへのアドバイスで気になった点を質問させて下さい。

    > ニュース見なきゃいいじゃんというのは無しで・・。

    これは「あり」なんですよ。

    ↑の部分なんですが、
    思うにこれはニュースによってあることを耳にしなければ、
    そのことが起こっていないパラレルワールドへ移動するって感じですかね?

    そんでもって、
    人気が出て欲しくない早く終わって欲しいと思うテレビ番組が自分にはあるのですが、
    そういう番組も自分が一切見なければ世間でも人気が出ずに終わってくれるのでしょうか?

  13. 13. S Says:

    新刊読ませていただきました。 続編も出るということなので楽しみにしています。 P281の「死んじまえ・・が愛の表現」というのがよくわからないのすが、よろしければ、続編でわかりやすく説明していただけたらと思います。 また「死んじまえ・・」のような状況に対しての技法は、「なるほど、現状はこうである・・」などのコマンド以外のものがあれば、教えていただけたらと思います。

    今までいろんな本やセミナーなどから学んできましたが、108さんから学んでやっと、それらが何を言っているのかが、わかるようになりました。 しかし、彼らは、本当のことを知らずにセミナーなどをやっているようにも思われました。 108さんの教えは、まさにスピリチュアルのベーシック・ベーシックのように思われ、すべての源であると思われます。 外在化的なことを、本の中ですらすらと話されたり、現代人の複雑なマインドをいとも簡単にシフトさせるコマンドを与えてくださったり・・。  本当にいつもありがとうございます。  感謝のみです。

  14. 14. akepon Says:

    108さん、初めまして。

    チケット、DEBUG、裏DEBUG、そして今回のパラレル、すべて読みました。
    パラレルが一番好きです。一番興味のある内容だからかもしれません。

    今、私の関心事は一緒に暮らしている母のことです。数年前に脳梗塞を患いましたが、幸いひどい後遺症もなく生活していました。数ヶ月前、今度は脳出血で入院しました。「大丈夫な母」に意識を向けるようにしたところ、なんとか回復しました。ただ健康に自信を無くした母の体力や気力の衰えを感じたとき、少し落ち込んでしまっていました。そして、最近母が骨折してしまいました。

    私の意識の中に、「これ以上何かあったら嫌だな」という気持ちがいつもあったのかな?自分であまり意識しないでいただけで、そういう気持ちがあったのかな?と思う反面、私は日ごろ割と能天気に暮らしているつもりなのですが、そういうときに限っていつも家族になにか起こるのが不思議でなりません。

    これも私の選択と、母の選択による現実なのでしょうか?

    この後の続編で書かれるのかもしれませんが、健康でいきいきした母の世界を選択するには、どうしたらいいですか?「健康な母」と認識すればいいのでしょうか?それとも、どのような状態の母であれ、そのままの母に愛を向けていればいいのでしょうか?

    長文、失礼いたしました。パラレルの続編、楽しみにしています。

  15. 15. 108 Says:

    新刊「パラレル」へのご感想、ありがとうございます。

    >> 5. popominさん

    > 他人の「死」も自分が選んだということは、「嫌いなやつの不幸を選ぶ」事も可能ということなんですかね?

    可能もなにも、実際にpopominさんの現実に起きる全てのことは、popominさん自信が選択しているんですよ。例外はありません。

    それが意識的であろうが、無意識的であろうがです。

    でもpopominさんが本当に聞きたいのは、

    「無意識的にではなく、意図的にそれ(他人の不幸)を選択できるのかどうか」

    ということだろうと思います。
    もちろん可能ですよ。

    ただpopominさんに必要なのは、言い換えれば「popominさんが具現化すべきなのは」本当にその「嫌いなやつの不幸」なんですかね?
    私は、popominさんが具現化すべきは「popominさんの幸せ」だと思いますよ。

    「そいつの不幸が私にとっての幸福なんだよ!」

    と言いたくなるかも知れません。
    しかしこのスタンスだと、あなたの幸せは他人次第ということになってしまう。
    そういう形で自分の幸せを条件付けるのは、止めといた方が得策だと私は思いますよ。

    「嫌いなやつの不幸を願う」というのは、心情的には良く理解できます。
    しかしこれを成立させるためには、

    「あいつは事ある毎に私にたてつき、私を不愉快にさせ」
    「私の業績を横取りしてどんどん昇進していき」
    「私の好きだった人に横恋慕して、ちゃっかりと恋仲になり」
    「周りと結託して私を阻害し、私に孤独感を味わわせ」

    こういったネガティブな条件付けを「敢えて」保持する必要が出てきます。
    本当は全てのエネルギーを純粋に「あなた自身の幸せ」に注ぎ込むべきなのに、こういった条件付けを成立させるために膨大なエネルギーをそこに注ぎ込むことになる。

    端的に「あなたの幸せ」という観点で考えたとき、これはものすごく効率が悪いことです。
    しかもそこでは強烈に罪悪感が刺激されることになり、あなたはいずれあなたを裁く羽目になる。
    早い話が、良いことなんてあまりないわけです。
    それで結局はまた不足の地点から「私の幸せを!」と願うことになる。

    それなら最初から単刀直入に自分自身の幸せを求めれば良いんです。
    幸せの条件を敢えて他人に依存させずに。

    そうすれば、あなたを幸せにするための条件と思っているものは勝手に満たされることになる。
    直接それをターゲットにしなくても、嫌な人はあなたの前から勝手にいなくなるということです。

    >> 6. Uさん

    Uさんには今、

    「この世界は全て私の選択の結果だ」

    という意識はないですよね。
    自由自在に好きな世界を選択するためには、まずはこのことに気付く必要がある。
    そして充分に得心していかなきゃならない。
    そこで初めて自由に選択できる立場に立てるんです。

    逆に言うと自由に好きな世界を選択するためには、そのことに気付いて充分に得心するだけでいい。
    そこになにか特別なテクニックなど必要ではないんです。
    そしてそれがまさに「パラレル」でやろうとしていることなんです。

    焦る気持ちも分かりますが、パラレルと一緒にじっくりと進んでいってください。
    答えはいずれそこに浮かび上がって来ますよ。

    あと十円ハゲは別の領域の仕業じゃありませんよ(笑)。

    > とりあえずふさふさでつやつやの髪を意図してみます!

    いいですね。そうやって充足にのみ意識を注ぎ込んでください。
    それが別の領域ですよ。

    >> 7. 小枝さん

    風邪ではないようで良かったです。

    「全ての属性はニュートラルである」

    私も質疑応答で散々言ってきたことです。
    エゴを活用していると、とてもそんな風には思えませんよね。
    で、エゴの活動を完全にシャットアウトすることも不可能。
    (これも散々言ってきました)

    必要なことは「そうなのかもしれない」という視点と興味とを持ってみることです。
    そういった興味と視点とで、現実を観察してみるのです。
    エゴがその都度様々な判定を下している、その現実に対してです。
    そうしたら、近視眼的に現実に張り付いていたあなたの知覚が、ぱっと離れることになる。
    そうすると、より現実を自由自在に扱える地点に勝手に立てるようになるんです。
    これはパラレルシフトへの鍵でもあります。

    ちょっと予告編ぽくなりました。
    死については続編でも触れる予定です。
    でも次回は時間に対する部分の方がかなりのウエイトを占めそうですね。
    お楽しみに。

    >> 8. andyさん

    「パラレルの方が読みにくい」という方もいらっしゃるだろうと思います。

    > 正直なぜそこまで、死の感想を言い切れるのか?

    そうですよね。そういった疑念が出てくるのはごもっともです。

    死以外のことについては試して検証することが可能ですよね。
    LOAスレ時代から「やってみてこんな具体的な効果が出た」というご報告は枚挙にいとまがありません。
    しかしこと「死」に関しては、おいそれと試してみるというわけにはいきません。
    実証とフィードバックが極めて困難な分野だからです。

    でも、これまでに私がご紹介してきたメソッドや考え方だって、別に理論的に証明されたものばかりではない。むしろそういった理屈とは無縁なものがほとんどです。

    ですから、パラレルで述べられている死生観についても「もしかしたらそうなのかもな」くらいの感じで受け取ってもらえたら充分です。
    完全なるフィクションとして読んでもらっても構わないんです。
    andyさんの内部で何かがぐらつき始めているのなら、効果は同じです。

    > エゴのシーソーゲームに乗っかっている感じですね。

    こんな風にね。

    > 次回完結願います。

    これはちょっとお約束できかねます。
    というのも今回のパラレルシリーズは「どこまでで完結させる」という着地点を明確には決めていないのです。最初からそういう構想で描き始めました。

    「ザ・チケット」から「裏DEBUG」までは「ここで終わらせる」というハッキリとした構想の下に描いていました。
    チケットがああいった一種独特な構成になったのも「一冊で完結させる」という前提を逆に利用したからなんです。

    パラレルにも最初はそういう構想があったんですが、テーマがテーマなだけにどうしても説明不充分な箇所が出てきて、こりゃ結局は補完するために続編を書くことになってしまうな、と早い段階で気付きました。

    それで今回はアプローチをまるっきり変えたんです。
    着地点を決めずに「説明出来る最後のところまでとことん説明仕切ってやろう」という考えです。

    …というわけで、どのくらいで完結するのかは未定です。永遠に終わらないかもしれません(笑)。
    でも「説明仕切るまでに、パラレルシフトがある程度できるまでにはしよう」とは思ってます。
    続編はなんとか年内には出そうと思ってます。お楽しみに!

    > 9. 通りすがりのもぎりさん

    そうですね、ワクワクしながら書いています。
    今回のワクワクは、これまでとはちょっと異質ですね。

    > 全ての真実、完全なる実像の経験って何でしょうか?

    あなたが全てを「完全なる愛だ」と自覚する、という経験です。

    > 死によっても崩すことのできない、実像を遮断する信念って何ですか?

    時間です。

    また予告編みたいになっちゃいましたね。
    これらについては次回はまだ出てこないかもしれません。
    後者については次回ちょとだけ触れそうですけど。

    > 10. YASUさん

    > この設定だと永遠に一週間後に素敵な相手と出会うが創造されることにならないんですか??

    なりません。

    そうなるのは毎日毎日「一週間後」と期限をその都度延長している場合です。
    今回ご紹介したメソッドは、その日を一週間後の特定の日、例えばクリスマスイブだと決めたら、その日に向けて一日一日カウントダウンしていくんです。
    それを決定事項としてしまうんです。その設定で、言い換えればそのメンタリティで一週間過ごす、ということです。
    あくまで「一週間そのメンタルで過ごす」ことが目的であって、一週間後に実際にその出会いがあるかどうかは問題ではない。
    ここでは待ちのスタンスかどうかはさして重要ではないんです。

    これは「神の潜在意識改造法」の「2ライン法」というのと原理的に全く一緒です。
    以前にもご紹介しましたが、あちらも非常に優れた書籍ですよ。
    インテグレイテッド・インフォさんには、いつも108の新刊発行に際して「縁の下の力持ち的」な多大なる貢献をしていただいています。感謝しています。
    皆さんもボーナスが入ったら、あちらのプログラムも是非よろしくです。
    少々お高いですが(笑)。

    > これはどういう事でしょう。

    「決定事項として過ごす」ということです。
    分かりにくかったら「そういう設定の演技を二十四時間、一週間行う」ということです。
    いわば「なりきり」です。
    その設定のあなたに一週間限定でなりきっちゃうんですよ。

    > 11. う~んさん

    > 「今を全力で経験する」「実際の経験に意識を注ぎこむ」というのは
    何を選択している事になるんでしょうか?

    思考や記憶を用いない、そのままのあなたとして存在することを選択しているんです。

    目の前の経験に全力で取り組むこととすれば、それと乖離した思考を用いることは自ずと困難になります。
    ということは、その場その場で適切性にしたがった行動を取れることになる。
    あなたは何らかの複雑なテクニックを用いなくても、必要なパラレルシフトを実行できる地点に立てるということです。

    つまりう~んさんご自分で書かれたことがほぼ正解ですね。

    >> 12. HTさん

    はじめまして!

    > 思うにこれはニュースによってあることを耳にしなければ、そのことが起こっていないパラレルワールドへ移動するって感じですかね?

    「パラレル」の星空のくだりを思い出して欲しいんですが、あなたがそのニュースを見なけりゃ、事件やら事故やらはあなたの世界で存在していないのと同じですよね。

    エイブラハムの「引き寄せの法則」の中で、ジェリー・ヒックスさんがある時期メディアを遮断した生活をしたところ、生活が激変したというような記述がありましたよね。あれと同じです。

    ※ジェリー・ヒックスさんは先日逝去されましたね。
     引き寄せを多くの人が利用できる形で周知された偉大な方でした。
     心からご冥福をお祈り致します。
     本当にありがとう、ジェリー。

    > 人気が出て欲しくない早く終わって欲しいと思うテレビ番組が自分にはあるのですが、そういう番組も自分が一切見なければ世間でも人気が出ずに終わってくれるのでしょうか?

    これも同じで、世間で人気が出ようが出まいが、あなたがその番組を見なけりゃ、あなたにとってその番組は存在していないのと同じですよね。

    それなら世間がどうとか、そんなのどうでも良いじゃないですか。

    参考になるかどうか分かりませんが、私が「これいらんなぁ」と思った芸能人や番組は、段々消えていったり人気が無くなったりしてますよ。勝手にです。
    だから最近はそういうことをあんまり考えないようにしてます(笑)。
    あなたの世界から消したいものがあるのなら、それを憎むのではなく関心をなくすことです。
    なんだかpopominさんへの回答に繋がってきましたね。

    > 13. Sさん

    「死んじまえが愛の表現」

    申し訳ありませんが、これについては次回は出てこないと思います。
    もうちょっと後の方で詳しく解説するつもりです。

    > 「死んじまえ・・」のような状況に対しての技法は、「なるほど、現状はこうである・・」などのコマンド以外のものがあれば、教えていただけたらと思います。

    「生きろ!」

    です。
    フジワラの原口のギャグで「死ね!」に対して「生きる!」ってのがありますよね(笑)。
    あれとは違うんですが(違うんかい!)、感情とは逆の表現を「心を込めて」やってみるんですよ。
    思いっきり逆の感情を、同じだけのエネルギーを込めてやってみて。
    運が良ければ凄い気付きを得られますよ。

    こちらこそいつもありがとうです。

    > 14. akeponさん

    ありがとうございます。
    私も「パラレル」が書いていて一番楽しいです。

    akeponさんの関心事は、私の昨日の板チケでの回答がどんぴしゃりですね。

    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/10211/1296157533/15-17

    > 「大丈夫な母」に意識を向けるようにしたところ、なんとか回復しました。

    素晴らしいですね。そういうことですよ。それで良いんです。

    > これも私の選択と、母の選択による現実なのでしょうか?

    あなたの現実にお母さんの選択は関係なく、完全にあなた自身の選択による結果です。

    > 健康でいきいきした母の世界を選択するには、どうしたらいいですか?

    昨日の補足のような格好になりますが、必要なことは、あくまであなた自身が「心配を完全に手放す」ことです。

    「完全に手放したフリ」じゃありませんよ。
    また「完全に手放すように頑張る」でもありません。
    ニュアンス的には、

    「心配することを潔く止めてしまう」

    みたいな感じです。

    心配を完全に手放すと、どうなると思いますか?
    そこには安心しかないんです。それが実像です。
    それを見ると、心配したくても出来なくなる。だって手放しちゃったんだから。
    もう心配が手元にはないんです。
    それで確信することになる。

    「ああ、大丈夫なんだ」

    と。

    これは思い込もうとしてやるのと全く違います。
    敢えて表現すると、

    「その人が大丈夫だと『知っている』」

    ような状態です。
    それが分かってたら心配のしようがないですよね。
    これはYASUさんの「Xmasには恋人が出来ていることが確定している」メソッドへの質問にも関連してきます。
    そうだと「事実として知っていたら」、自ずとそれを期待してワクワクと過ごすメンタルになりますよね。
    また、これは以前お話しした「所有権」の話とも繋がってます。

    「連番のナンバープレートやテレビを見ることで、その都度条件付けに沿って自ら充足を意識上に浮かび上がらせているだけだ」

    というようなお話しでした。

    充足は何らの状況に対するリアクションとして生じるのではなく、自分自身で意図的に「経験しよう」とその都度スイッチを入れているに過ぎないんですよ。
    あなたが状況に関係なくそのスイッチを入れたら、現実も勝手にそれに追従してくることになる。

    本来この順番なんです。
    私が質疑応答でよく「それは順序があべこべです」というのはこのことなんです。
    パラレルシフトも全く一緒で、あなたが状況に関係なく浮かび上がらせた充足に従って、それに従った世界へと移動することになってるんです。

    また予告編ですね(笑)。
    とにかく、あなたが「良い!」と感じた世界にあなたは移動するわけです。
    それなら状況に振り回されるのではなく、それらとは関係なく、あらかじめその「良い!」を経験してしまえばいい。
    引き寄せも全く原理的には同じです。

    ご参考になりましたでしょうか?

    引き続きご感想をお待ちしてます!

  16. 16. HT Says:

    >>15の108さんへ
    対象が何であれ、世界から消したいものは
    存在していないのと同じことになる
    なんて甘っちょろいもんじゃなく
    本当に存在していない
    ようにできるんですよね?
    それがパラレルワールドってもんでしょう?
    それができないというなら戦争が起こったりしたらそれこそ救いがないですし、
    デバッグで言われていた死んだ人が生き返ってくるなんて奇跡もありえないことになりますよね。

  17. 17. HT Says:

    また、

    >参考になるかどうか分かりませんが、私が「これいらんなぁ」と思った芸能人や番>組は、段々消えていったり人気が無くなったりしてますよ。勝手にです。

    これはたまたま世間一般からもすぐに消えると言われていたものたちばかりって
    わけでもないんですよね?

  18. 18. YASU Says:

    どうも回答ありがとうございました。

    でも、腑におちません。気を悪くしないで下さい。周りくどい文だと俺が何で解らないのかが伝わらないと思っての事です。

    クレさんは知ってますよね?

    「なる」の方です。あの方は「なる」は「なりきり」とは違うとおっしゃっています。ちなみに自分は「なりきり」はやってきまししたし、ここで宣伝なさらなくても「神の〜」は読んでますので、その中に書かれてある事も実践してきました。ちなみに「なりきり」については「なりきり」で叶わなかった頃に例のクレさんが出てきたので「なる」は「なりきり」とは違う!から俺のは「なりきり」だったから叶わなかったんだ。と思いもしました。

    一日一日カウントダウンしていくなら、現実ばかり気になり、「まだかまだか」とか「さあ、あと何日だぜ。だが現実は」となってしまいます。散々それは過去に何年もやってきました。クリスマスに限らず、紹介やコンパ(もううまくいくべよ!これは!)って感じのコンパ、紹介などです。これなんかもうカウントダウンしてポカだったのですから。

    一週間後に実際にその出会いがあるかどうか問題ではないなら、では何の為に?

  19. 19. yoshi Says:

    パラレル良かったです。
    感動しました。
    特に死の解釈には救われました。
    ありがとうございます。

  20. 20. akepon Says:

    108さん、コメントありがとうございました。

    今日のお昼休みに「まさかね。まさか、コメント投稿の翌日にあの108さんが返事をしてくれるなんて、そんなね。そんな都合のいい話は・・・」とはやる気持ちを抑えつつブログをのぞいてみたら「そんないい話がありました。」感動してます。

    今まで、チケットやLOAでわからないことがあっても、誰にも聞かずにいました。夕べ思い切ってここに投稿しました。なんだか、片思いの人に思い切って告白したら、OKの返事をもらえたみたいな感じです。(笑)

    板チケで同じような件に回答されていたにもかかわらず、ご丁寧な解説をいただき、ありがとうございます。板チケも読んでみました。

    >ところが相手の状態について「それも含めた自分の状況」として捉えるなら、それはコントロール可能なものとして、その属性があなたの中で変更されたことになる。

    ここは、もはや母のことをすっかり忘れ、好きな人のことを考えながら読んでしまいました・・・。

    >家族」「難しい病気」「家庭」「破産寸前」
    >これらのうちのどれにも取り組む必要はありません。
    >むしろ取り組まないでください。
    >取り組むべきは、あなた自身です。

    ここを読んで、なんだかすごくほっとしました。私は一人で勝手に取り組んでいたんですね、きっと。抵抗しないでおこうと思っているつもりでしたが、抵抗していたのですね。

    母が脳出血で入院し、退院した後、あまり状態がよくなかったときにセドナの本を買って一週間ほど取り組んだことがあります。自分の中の抵抗を見つめることができて、ホ・オポノポノよりも好きな方法です。ただその後全然やっていなかったので、また再開しようと思います。

    >あなたの現実にお母さんの選択は関係なく、完全にあなた自身の選択による結果です。

    これも、とてもうれしかった。母が変わるのでなく、自分さえ変わればいいのだから・・・。(他の人に対しても同じですよね。)

    >ニュアンス的には、「心配することを潔く止めてしまう」みたいな感じです。

    すごくわかりやすいです。(普通に書かれたら、たぶん「完全に手放すようにがんばって」しまったと思います。)

    108さん、どうもありがとうございました。
    母のことや好きな人のこと、何か変化があったらまたこっそり報告しに来ます。

  21. 21. YASU Says:

    すんません。あと回答に関しての質問です。
    「ナンパして下さい」とかってもう、引き寄せ関係ないじゃん。
    つか裏DEBUGと言うてますが、ただの行動をたいそうに裏DEBUGと設定してるだけじゃないですか。

    ちなみに俺はナンパしてきましたよ。今でもたまにするかな。でも、あんまりしたくないんですよ。ほんと極端な欲むきだしの願望が、「ナンパされる」になって出てきたんですよ。ラクにいきたくてね。で、そもそも俺がなんで何でナンパするか、それはそれこそ、108さんが仰る通り、女性が男性に声をかけるという確率は低いからです。女性からこないのであれば俺からいくしかない。ダメで元々。だったらいけ!
    こういう事でしょ? 108さんが言ってる事って。これって所詮引き寄せなんだかどうだか、条件付けに踊らされてる行動になってしまうんじゃないんですか? だって女性から声の確率が低いからナンパする。ほら条件付けだ。違いますか?

    そして、108さんって行動不要論者でしたよね?

    それとですね。世界中の好みの異性とうまくいった夫婦、カップル全てがナンパというわけでもないでしょう。たまには逆ナンパもいるかもしれない。だったらみんな平等なら俺だってそうなりたいもんぞな〜〜。ってくらいのもんですよ。で、あと、行動ですが、してます。そんじょそこらのつい昨日結婚した!とかつい先日籍をいれた!付合った!という男性よりも確実にハングリーに行動してます。なのに・・・だから腹立たしいし、なんじゃこりゃーー!!!なんですよ。わかりますか? コンパ、紹介、それこそナンパあらゆる手をつくしてしてます。で、うまくいかんから、ここに辿り着いたのだ。という事を分かってください。

    ちなみにこの関係のスレでとある女性が「現実はコントロール出来ない」「選ばされてるだけ」「マリオ」がどうたらと言っていた女性です。それと照らすと、
    >>あなたが好みの女の子を見つけてナンパすればいいんです。
    これはあなたが能動的にコントロール出来る部分です。

    というのも現実をコントロールしようとする事になりませんか? 出来ないのではなかったのですか?

    それこそバグ側からの行動とは違うんですか?

    と俺は思うてしまうんです。

  22. 22. ai Says:

    108さん、新刊おめでとうございます。
    本領発揮とのことで、うれしいです。
    私もパラレルワールドについて知りたかったので、まさにドンピシャでした。

    犬と質問者のくだりがとても面白かったです。
    今まで信じていた観念が崩壊していく感じがしました。
    「立場の違い」は単純なもののように思っていましたが、
    大きなヒントが隠されていたのですね。

    よくスピ系で引用されるアインシュタインの
    「問題解決は、同じ次元にいたらできない」云々・・・の話を思い出しました。
    一般的には辻褄が合わないと言われるような小説を書けるということは、
    現実でもさらに次元を上げた自分になれば、
    大胆に整合性を無視できることになると気づきました。

    「預金の残高が違う」といった体験談も、
    この世界を垣間見せてくれている気がします。

    死について疑問に思うのが幽霊の話なのですが、
    死の瞬間、すべてが安堵に変わるのならば、
    「無念に思ってこの世を呪い、とどまっている魂がいる」という
    誰かのホログラフィーを数人の人が共有しているだけなのでしょうか?
    霊感のある人が見ることは、すべて幻想なのでしょうか?

    続編、楽しみにしています。
    できればもう少し安い価格だとうれしいです^^

  23. 23. TA-MI- Says:

    新刊おめでとうございます。
    以前の書籍は全て発売後に購入していますが、未だに消化できず、、
    少し時間を置いてから手を出したいと思っております。
    なので、感想ではないのですが、誕生日という事もあり、
    特別な事をしたいという感情に流されたかったので質問させて下さいませ。

    チケットを知ったキッカケは、例外なく、「願望をどーにかしたい」という気持ちからです。
    その後、色々試したました。
    どうやら、根底に「そんなことあるわけねーだろ」という概念が
    ビッシリあるらしく、実践しても数週間、数ヶ月後には
    やっぱりね。と、切願している状態が再生されて早1年以上。
    手放しても、宣言しても何しても、
    エゴからしかアクセスできないせいか、内面→外側になりません。
    その評価も勝手にエゴで下してるのでしょうが。

    お伺いしたいのは、ここからです。
    ある人に逢いたい というのが願望なのですが、
    内側に奴がいても、外側にはいないのです。というか、見えません。
    過去の写真のみで、現実にはさっぱりです。
    四六時中考えているのに、夢にさえ見ません。
    最近「本当に奴は、自分の世界に存在するのだろーか」
    「過去の思い出の中だけで、実際はいないのではないか?」と疑ってきました。
    内側に、イメージとしているだけで、「既に在る」なのでしょうが、
    過去の思い出を所持して味わっているだけで、「今はいない」のではないか?わからなくなってきました。
    奴はいるんでしょうか??
    今までの108氏の説でいうと、「決めたらそうなる」なのでしょうが、
    その裏には、別の領域で、、とか色々難しいのがついてまわるので、
    手放し、愛を送る、など色々試して、変わらず過ごしている自分に突破口をください!!!!
    現実(と思っている)で、五感で経験したいのです。

    いよいよ持って、新刊読めよ!って感じですね。

  24. 24. 108 Says:

    こんばんは〜。

    16、17. HTさん

    > 本当に存在していないようにできるんですよね?

    ですから、本当に存在していないんですよ。

    これはパラレルの星空の話に相当する部分でもあります。
    序章である今回はパラレルワールドの下準備というか、ほんの触りくらいの内容でした。そのせいか何か誤解されているかもしれないので、もうちょっと突っ込んで説明してみます。

    今、あなたには星空が見えていないとします。
    それは「曇り空が遮って観測できないせい」なのか「あなたが窓を開けて空を眺めていないから」なのか「空は見上げているけどあなたが目を瞑っているせい」なのかは分かりません。
    理由はどうでも良いです。
    とにかくあなたには今、星空が見えていない。

    この時、

    「星空は見えていないんだから、無いのと一緒ですよね」

    と言っているのではなく、

    「あなたにそれが見えていないとき、それがあるとどうして言いきれるんですか?そのとき、星空は物理的に存在していないんじゃないですか?」

    ということを言っているんです。

    パラレルの星空のくだりで「無いことと同じだ」という表現は使っていますが、これはあくまで説明のプロセスで出てきている表現であって結論ではありませんよ。
    パラレルで最終的に言わんとしていることは、

    「あなたが観測していないとき、それは存在していない」

    ということなんです。
    あっ、オシムって言っちゃったね(古いな~)w

    「あなたが観測していないとき、それは存在していないのと『同じ』だ」

    ではないんです。

    > これはたまたま世間一般からもすぐに消えると言われていたものたちばかりってわけでもないんですよね?

    皆さん、どうしても世間の意向と自分の意向とを一致させたいんですな〜(笑)。
    一昨日も書いたようなことですが、例えばあなたが「いらない」と思ったことに対して「世間がそれをどう思っているか」がそんなに重要なことでしょうか?

    私自身に関して言えば、私が感心を失ったものについて「世間での評判がどうなっているか」は、あまり知りません。
    だって、その対象にそもそも関心がないんだから。
    そんなん知るかって感じです(笑)。
    「消えたかなーまだかなー」とか気をもんだりはしません。
    気が付いたら世間からも消えていた、という感じです。

    世間一般の認識では「まず消えないだろう」と思われていたものが消えたりしたことも、たくさんありますよ。
    何が消えたのか具体的に明言は避けますが(笑)。
    そのときも、

    「ああやっぱりね。私が関心ないんだから、そりゃ私の世界では消えるわな」

    って感じです。「スゲー!本当に消えた!!」とかはなりません(笑)。

    こんなのはほんの一例ですが、こういったことも全てパラレルシフトなんですよ。
    誰もがその都度その都度、例外なくパラレルシフトしてるんです。

    で、嫌なテレビ番組を観なくなるとするじゃないですか。
    それもパラレルシフトなんです。
    しかもそんな些細な事は、何か特殊なテクニックを駆使しなくても「その番組の視聴を中止する」というアクションで事足りるじゃないですか。
    なのに「本当に世間一般からも消えてるんだろうか」と詮索するでしょう。
    そこでまた創り出しちゃうわけです。「その番組が依然として存在する世界」をです。関心を注いでしまうわけ。
    あなたが感心を注げば、そりゃそいつはまたあなたの世界に出現しますよ。関心を持っちゃってるんだから。

    HTさんがパラレルシフトとして考えているのは、

    「私が『消えて欲しい!』と望んだことによって、そいつが私の世界から消え去る。で、私は依然として『そいつが本当に消えたかどうか』興味津々で関心を注ぎ込んでいる。そして実際に調べてみると、そいつが存在したという痕跡は綺麗さっぱり消え去って、この世界でそいつは最初から存在していないことになっている。私がそいつに関する記憶をしっかりと保持したままであるにも関わらず」

    こういう事なんじゃないでしょうか。
    これは難しいですよ。「コップを放り捨てながらコップをいまだ手に握りしめている」というような矛盾した実現命令だからです。

    不可能じゃありませんよ。でもそんな困難な挑戦をしなくても、コップを放り捨てちゃえばいいじゃないですか、って話です。
    「そのコップを誰かが拾っただろうか」とか、いちいち振り返って何度も確かめなくても。
    放り捨てたものに関心を注ぎ続けても無駄です。捨てたら放っておきましょう。

    あ、現実世界ではポイ捨ては止めましょうね(笑)。

    >>18. YASUさん

    私が言ってるのは、

    「完全になりきれ」
    「演技しきれ」

    ということです。
    「半信半疑で中途半端になってみろ」ということを言ってるのではありません。
    「その(現実上では何ら確証もない)設定に関して、本当のこととしてなりきってみろ」ということです。

    > 一日一日カウントダウンしていくなら、現実ばかり気になり、「まだかまだか」とか「さあ、あと何日だぜ。だが現実は」となってしまいます。

    失礼ですが、これは全然なりきってさえいませんよ。
    本当になりきっていたら「だが現実は…」とか、なるわけないんです。

    例えばあなたが「一週間後に一億円手元に入ってきて欲しい」とするじゃないですか。
    で、「一億円入って欲しいから、一億円入ってくるつもりで一週間過ごしてみよう」と決めるとするじゃないですか。

    あなたは一億円入って欲しいですよね。今か今かと待つじゃないですか。
    徐々に期限が迫ってくる。あと二日しかない。しかし現実を観るとそんな兆候は全く見られない。
    段々と疑念が湧いてくる。あなたは焦り出す。これは失敗だったんじゃないか?どこがマズかったんだろう?あなたは色々と詮索し始める。
    もう「なりきる」どころじゃない。

    …こんなんなら「一億円入ってくるかもしれない」なんて要らなかったですよね。
    「一億円入ってくる設定で一週間過ごす」も必要なかったですよね。そんなことしてなきゃ、あなたはもっと有意義に、目の前のことを経験することに全力を注ぎ込むことが出来たのに。

    そうではなく「一週間後に本当に一億円入ってくる『設定で』、その一週間を過ごしてみて」ということです。
    その設定だったら、あと二日というところで「本当に入ってくんのかな」とはならないでしょう。あり得ない。だって入ってくると決まってるんだから。
    その設定では。

    で、実際に一週間後に一億円入ってきても来なくても良いんです。
    重要なのはあなたが「完全に入ってくる設定で」その一週間を過ごしたということなんですよ。
    それは実際にはなんの根拠もない架空の設定だったかもしれないけど「本当にそうだ」と決め、「本気の本気でその設定で過ごした」ということは、あなたは本当に「一週間後に一億円入ってくる私」を経験したことになる。

    その結果が「一ヶ月後に一億円が手に入ること」だろうが「一年後に五百万円入ってくること」だろうが、それはさして重要じゃないんです。
    重要なのは、あなたがあらかじめその状態を経験し、あなたの現実がそれに追従してきた、ということなんです。

    これが>>15で書いた「順序のあべこべを矯正する」ということなんですよ。
    これは「直結」や「なる」の解答です。
    あなたは「なりきる」は「なる」とは別の「あらかじめ嘘だと分かっている設定」として定義しているけど、需要なのはそこじゃないんです。
    重要なのは、あくまでも「そこであなたが何を経験しているのか」なんですよ。

    「なる」というのは、特別なことでも新しいテクニックでもなんでもないんですよ。
    ずっと昔から「手を変え品を変え」紹介され続けてきたテクニックです。
    それが「なりきる」だったり「高級ホテルのロビーでコーヒーを飲む」だったりするわけですが、これらの表現に囚われて本質部分を蔑ろにしている限り「なる」を採用しても結果は同じだと思いますよ。一時的に好転したように見えてもです。

    その上でYASUさんの最後のご質問に回答するとこうなります。

    > 一週間後に実際にその出会いがあるかどうか問題ではないなら、では何の為に?

    それを前もって「本当に」経験するためにです。
    それによってあべこべを解消して、望む現実を経験するためです。

    > 19. yoshiさん

    ありがとうございます。
    yoshiさんが何か救われたのなら、パラレルを書いた意義がありました。
    良かったです。

    >>20. akeponさん

    > ここは、もはや母のことをすっかり忘れ、好きな人のことを考えながら読んでしまいました・・・。

    それで良いんです。その時あなたの中にはお母さんの病気は存在していなかったでしょ?
    敢えて意図的に目を逸らさずとも、です。
    そういうことです。

    akeponさんはセドナメソッド経験者だったんですね。それなら板チケで私が書いたこともすんなりと理解できたんじゃないでしょうか。良かったです。
    良いご報告をお待ちしています(こっそりじゃなくても良いですよ(笑))。

    >21. YASUさん(リターンズ)

    裏DEBUGは読まれたんですかね?

    > ただの行動をたいそうに裏DEBUGと設定してるだけじゃないですか。

    これ読むと、裏DEBUGは読まれてないような印象ですね。

    「ただの行動」

    この表現には、

    「行動など低レベルで低確率な実現方法だ」

    という観念がありますね。

    引き寄せを適用しようとするとき、こういった観念は凄く邪魔になるんですよ。
    こういったメンタルで引き寄せを実行しようとしても上手くいかないでしょう。
    私がよく、

    「それはバイトの内容が変わったようなことです」

    というのはこの部分です。
    私が「裏DEBUG」を書いた理由の一つに、誰もが陥りがちなこの齟齬を解いておきたいというのがありました。

    > 108さんって行動不要論者でしたよね?

    そうです。
    しかし結果的にそうなってるだけであって、決して「行動否定論者」ではありませんよ。

    例えば、あなたが引き寄せを実行した結果として「望んでいたリンゴ」が目の前に運ばれてきたとしましょう。
    この時あなたは、

    「このリンゴを手にとって口に運ぶということは、行動で願望を実現するということになってしまう。リンゴが勝手に口に入って勝手に咀嚼されるまで、私はなんの行動も起こさないぞ!」

    と口を真一文字に固く結び、腕組みをして待ち続けますか?

    > そんじょそこらのつい昨日結婚した!とかつい先日籍をいれた!付合った!という男性よりも確実にハングリーに行動してます。なのに・・・

    そのハングリーさがイケないような気がしますなぁ…。
    動機としてのハングリーさは全然アリなんですが。
    上の解答とも重なりますが、それでは「ハングリーなあなた」を再生産し続けちゃいますよ。あなたがモテモテなら、そんなハングリーなメンタルにはなり得ないでしょう?

    ハングリーさが発端だとしても、あなたが本当にその経験に全力を注いでいれば、言い換えれば「そこに意識を全て注ぎ込んでいれば」、「腹立たしい」とか「なんじゃこりゃーー!!!」とかって感想は出てこないはずなんです。結果がどうあれ。

    そうでないということは、あなたはまだその経験に対して意識的になれていない。
    「それはあくまで結果を得るための代償であって、私にとっては不当に押しつけられた労働に過ぎない」なんて風に考えてるんじゃないでしょうか。

    私が以前板チケで、

    「手段としてメソッドを行っても何の意味もない。
     メソッドには本来なんの力もない。
     でも目的としてメソッドを行ったら、初めてそこに意味が出てくる」

    というような趣旨のことを書きました。

    それがどんな種類の経験であるかは重要ではないんです。
    それがその時点での失敗と定義されることであろうが、成功と定義されることであろうが、どうでも良いんです。
    必要なのは、その経験に意識を全て注ぎ込むことです。
    それに対して「何らかの代償としての不当な労働」と捉えているからフラストレーションが溜まるんですよ。

    「俺はこれだけやったのに、一向に結果がついて来ないじゃないか!」

    というように。

    これはHTさんへの回答と密接に繋がっていますね。

    あと、行動をあんまり敵視しないことです。
    行動は意識の延長です。そんな風に捉えてみてください。

    >>22. aiさん

    どんぴしゃ&色々な気づきがあったようで良かったです。

    > 誰かのホログラフィーを数人の人が共有しているだけなのでしょうか?

    それを経験しているのは誰でしょうか?
    aiさんですよね。
    じゃ、それはaiさんが作り上げた幻想ですよ。
    霊感のある人もaiさんが作り上げているわけ。

    「幽霊はいるのかもしれないな。いたら怖いな」

    というaiさんの信念にしたがってです。

    続編をお楽しみに。
    価格は…分かりません(笑)。

    23. TA-MI-さん

    いつもありがとうです。

    > 奴はいるんでしょうか??

    …というご質問をなさっているということは、TA-MI-さんの世界では「いないもの」とされつつあるわけですね。

    いないほうがTA-MI-さんにとって都合が良いというか。

    まさかと思うでしょうが、そういう状態だということはTA-MI-さんにとってはその方が都合が良いんですよ。
    意識上には現れてなくても、都合が良いと思ってるんです。

    問いかけてみてください。

    「奴が現実上にいないことによる、私にとっての利点とは何?」

    考えないで。問いかけてください。
    答えは返ってきてもこなくても気にしなくて良いので。

    > 五感で経験したいのです。

    これはほとんど答えですよ。
    だから、前もって五感で経験したらいいんです。

    「現実上にいないのに、どうやって経験するんだよ」

    と思うかもですが、現実上にいなくても経験できますよ。
    逆に現実上にいないからこそ、好きなように経験できますよね。
    これが引き寄せ、意図した現実を出現させる鍵です。

    あべこべにしないで。
    あなたの意識は今「奴が現実上にいない」ということから発した想念で満たされているけど、ここをひっくり返すんです。

    「奴は現実上にいる」

    こう設定を変えて下さい。
    で、これに従った想念で、あなたの意識を満たしてみて。

    新刊読んでください!面白いよ!(笑)

    >>せりかさん

    凄い経験ですね!
    未公開コメントなのが惜しいくらいです。
    仰るとおり、本当に不可能なんてありませんね。
    おめでとう!こちらこそ感謝します。

    >>ぽこたんさん

    「ザ・チケット」はでじたる書房さんで購入できます。
    パソコンからの購入になります。売り場はこちら。

    http://www.digbook.jp/product_info.php/products_id/9789

    「パラレル」など「ザ・チケット」以外の108本についてはこちら。

    http://kamisamano.info/wdp/

    PayPal(クレジットカードやVISAデビッドカード)か銀行振込での購入になります。
    こちらも基本はパソコンからの手続きですが、最近のスマホなら購入や閲覧が可能です。古い携帯電話とかだと無理な場合が多いようです。
    まずはお使いの機種でプレビュー版が閲覧出来るかお試しください。

    引き続きご感想をお待ちしてます!

  25. 25. popomin Says:

    丁寧に答えていただいてありがとうございます。

    >私は、popominさんが具現化すべきは「popominさんの幸せ」だと思いますよ。

    その通りですね。最初は「そいつの不幸が私にとっての幸福なんだよ!」と思ったのですが、だんだん「自分以外はどうでもいいか」と思えるようになってきました。

    まだむかつきますが、そいつが私の世界から消えることを意図してあとは考えないようにしようと思います。そして「自分の幸せ」を意図していきたいと思います。

    そのためにも早く願いの叶ったパラレルに移動したいのですが、どうすればすばやく移動できるんでしょうか?
    やはり不足を握っていたり、今と程遠い状態だと自分が思っているうちは難しいのでしょうか。

    次回作は時間のことが語られるようで、すばやくパラレルを移動するヒントが得られるのではと思い、かなり楽しみです。

  26. 26. YASU Says:

    どうも108さんわたしです。度々ありがとう。
    ナンパという行動と既に運ばれて来たリンゴを食うことと比較は無理矢理でしょう。それと物と相手にも自由意志があるという人間の場合と比較するのも
    あまり参考にならないのではないでしょうか。

    >>例えば、あなたが引き寄せを実行した結果として「望んでいたリンゴ」が目の前に運ばれてきたとしましょう。
    この時あなたは、

    「このリンゴを手にとって口に運ぶということは、行動で願望を実現するということになってしまう。リンゴが勝手に口に入って勝手に咀嚼されるまで、私はなんの行動も起こさないぞ!」

    そんなものリンゴは目の前にあるんですからリンゴは食べますよ。
    だってこの場合、もう「リンゴ食べる」のコマの中に自分がいるんですから。
    あとはリンゴ食べるだけじゃないですか。

    俺が言ってるのは、あ、そうだ。このリンゴと同じく、
    素敵な女性が「さあお食べ」ってな具合な現象があったなら、そりゃもう例のリンゴと同じく「いただきます」でしょう。
    この「目の前に差し出されたリンゴ」がまあパートナー獲得で言えば「逆ナン」や「告白された」に近い感じに俺は感じます。

    ちなみに俺が言ってるのは、リンゴ(彼女)が目の前にない状況です。誰かが運んでくる兆しもないです。だったら、買うなり、リンゴ畑いってがめるなり・・・これが今までのしてきた俺の行動、ナンパ、コンパ、紹介です。で、うまくいかんかった。でも、周りをみると、何もせずして、それこそ、誰かがリンゴを運んできて、もうゲット!! ってな感じもいる。だからそりゃ俺も
    それがいいよな〜って事だけですよ。

    リンゴを差し出される為の行動(リンゴを手に入れる行動)なんてしてなかったわけでしょう?
    リンゴを食べる。これだけで完結なのは俺もワカッチョリます。

    ちなみに裏DEBUGは本当に読みました。嘘ついたってしゃあないんで。
    ただ、あまり自分にはピンと来なかったので、ウロ憶えだったでしょう。
    そこは失礼しました。

  27. 27. 通りすがりのもぎり Says:

    やっぱり質疑応答はいいですね!
    ひとつのことをじっくり考えるのが好きな私には、パラレルなどテーマに絞った質疑は好みです。
    って、ちょい前にそんな質疑応答があればいいなと思ってたのを思い出した。この展開は偶然で必然?!
    いや、パラレルシフトですねw

    著作や質疑応答をみて改めて感じたことは、
    今ここで実際に経験していることは極めてシンプルなことではないか…。
    それを概念や常識に照らしあわせて考えはじめるからややこしくなっている。そんな気がします。

    これからの質疑応答も楽しみにしています。いつもありがとう。
    (返信レスは頂かなくても大丈夫です)

  28. 28. Swアンス Says:

    >「死んじまえが愛の表現」 申し訳ありませんが、これについては次回は出てこないと思います。

    わかりました。 楽しみに待っておりますので、いつか説明の方をよろしくお願いいたします。 ・・どうしても、いじめてくる人やパワハラしてくる人たちが、愛情表現をしているとは、思えないのです・・。  不思議だ・・???。

    いくつか質問があるのですが、・・
    「投影された宇宙」にも書かれていましたが、「エングラム理論」について質問があります。 無意思の中には、エングラムと呼ばれる袋みたいなものがあり、そこには、自分の抑圧されたネガティブ・メンタル・エナジー(NME)(怒り、悲しみ、痛み、ソマティック映像・・・)などがあると言われています。 解放されない限りNMEは、エングラムに入ったままで、生きている間中、生を逸脱させてくるということです。 
    質問は、「死んだ後は、エングラムのエネルギーに影響されるのでしょうか?」ということです。 また「新しく生まれ変わるとき、それが影響するのでしょうか?」、 もし「影響されるとしたら、エングラムの解放が生存中に必要になるのでしょか?」  
    お忙しいところ、すみませんが、答えていただけたらと思います。 よろしくお願いいたします。  アンスより 

  29. 29. Swアンス Says:

    訂正です。

    >無意思の中には、エングラムと呼ばれる袋みたいなものがあり、

                   ↓

    無意識の中には、エングラムと呼ばれる貯蔵庫みたいなものがあり、

  30. 30. まくま Says:

    パラレル購入して読みました。
    普通に面白く読んでしまいました。

    私は現実云々もそうなのですが
    現実に対する反応(思考・感情)が
    ツラくてたまりません。

    状況は観察できますが
    思考・感情は同化してしまい
    感じきることを意識しても
    次から次に出てきます。

    パラレル内で
    他人に影響を及ぼすのが怖いから
    みたいな下りがありますが
    他人に影響を与えることより
    他人にした行動について
    例えば挨拶をする気になれずしなかった。
    でもやっぱり罪悪感…みたいな
    他人の反応も怖いですが
    自分を責める思考や感情が苦しいです。
    突破口が全然見えません…
    アドバイスいただけたら嬉しいです。

    続編楽しみにしてます!

  31. 31. YASU Says:

    108さんやっぱり意味わかんね。ハングリーがいけねーとかさ。でも、行動はした方いいとかさ。結果を得る為の行動じゃなきゃ意味なくねすか?

    つか逆にハングリーでも結果得てるやつもいるすべ。

    して、行動は意識の延長って何すか?

    たしかに不当におしつけられた労働って感じですが、108さん
    あなた女性からの声かけは率が少ないだかハードルが高いって言ってたすべ?
    だったら、男性からいった方いい。みたいな事言ってましたが、ハナからあんま行きたくねんだすよ。だって女性から〜〜だの、ハードルが〜どうたら言うから男性から〜なんでしょ? それだってカバーしてる行動じゃん。不当つーか、お前が行かないなら仕方ない俺からいく。みたいな労働だし。

    >>あなたはまだその経験に対して意識的になれてない

    は? 俺この経験に意識的だな〜なんて誰が判断出来るの?
    わかんねーし。

    >>あなたがその経験に全力で・・・

    いや全力でうまくいかんからもうフラストレーションたまってるんだけど

    それとさ
    >>実際に一週間後に一億円入ってきても来なくても良いんです。

    いや、これだと、「一週間後に一億は行って来なくてもいい俺」になるんじゃないの? こんな設定を脇でしといて、最初の「一週間後に一億入る」って
    何の為に設定しとるのよ? なんでわざわざ最初の設定になんか曖昧な横設定いれるのか意味わかんね。俺が宇宙だったら「は? おめバカじゃねの?
    どっちや!!はっきりせって!! 1億いるのか?!!いらねのが!!」みたいなね。

    なんか刺がある感じだったらすみません。歯に衣着せるのが下手なんす

  32. 32. HT Says:

    24の108さんへ

    >「あなたが観測していないとき、それは存在していないのと『同じ』だ」

    ではそこから突っ込んで
    たとえば大震災が起こったことをニュースでたまたま見てしまったとします
    そこから
    その大震災が「最初から」起こっていない世界を創造することはできるでしょうか?
    パラレル論で考えればこれもできるはずなんですよね?

    で、それを創造するにはやはり他の多くの願望と同じで単にイイ気分を保てばいいと?

    >で、嫌なテレビ番組を観なくなるとするじゃないですか。
    >それもパラレルシフトなんです。
    >しかもそんな些細な事は、何か特殊なテクニックを駆使しなくても「その番組の視>聴を中止する」というアクションで事足りるじゃないですか。
    >なのに「本当に世間一般からも消えてるんだろうか」と詮索するでしょう。
    >そこでまた創り出しちゃうわけです。「その番組が依然として存在する世界」をで>す。関心を注いでしまうわけ。
    >あなたが感心を注げば、そりゃそいつはまたあなたの世界に出現しますよ。関心を>持っちゃってるんだから。

    と言ってもどうしても気にならざるをえない時はどうすればいいんでしょう?
    たとえば食事中などは家族と一緒に見なきゃならなかったり
    そういう意味でこれから年末年始は特に不安です
    そんな時は正直その場から逃げ出したいというのが本音なんですが、
    果たして逃げ出すのが1番いいのでしょうか?

  33. 33. HT Says:

    それから、
    過去のある漫画原作の実写版を
    主演を別の人で見たかったというのもあります

    これこそまさにモロ過去を変えたい願望ですが
    当時の主演をAさんからBさんだったように変更させるには
    さてさて108さんならどうしますでしょうか?

    あくまでちゃんと過去の現実からしてそのように変更させたいということです
    「後になってからまたBさん主演で作ってもらえばいいじゃん」ということではなく。

  34. 34. HT Says:

    パラレル論に従えば32のようなことも可能なんですよね?
    可能なのであれば是非、過去の現実自体を変更させるという次元で
    ご説明下さい

  35. 35. よしふる Says:

    「一億手に入る」という設定もいいですが、実際は「手に入った」が経験したいから「一億手に入った」とか「彼女ゲット」じゃどうですかね??

    ただ現状、現実、特に物理的な面で一番照合しちゃったり気にしちゃうって面がありますが…

    手に入る前のワクワクが経験したいわけじゃない。
    手に入ったハッピー。手に入ってそれと戯れるワクワク経験、doingがいいんだから。

  36. 36. HT Says:

    何度もすいません。

    >で、嫌なテレビ番組を観なくなるとするじゃないですか。
    >それもパラレルシフトなんです。
    >しかもそんな些細な事は、何か特殊なテクニックを駆使しなくても「その番組の視>聴を中止する」というアクションで事足りるじゃないですか。
    >なのに「本当に世間一般からも消えてるんだろうか」と詮索するでしょう。
    >そこでまた創り出しちゃうわけです。「その番組が依然として存在する世界」をで>す。関心を注いでしまうわけ。
    >あなたが感心を注げば、そりゃそいつはまたあなたの世界に出現しますよ。関心を>持っちゃってるんだから。

    実は新聞の番組表を見るときにも他の見たい番組の所を見つつ、ついその番組のことも気になったりします。
    それでできるだけその番組の箇所が目に入らないようにしているのです。
    関心を持ってはいけないと言っても、
    これだけはなかなかどうしようもない気がするのですが、
    この時ぐらいだけならこんな感じでも大丈夫
    なんでしょうか?

  37. 37. HT Says:

    108さん、またまたすいません
    しかし108さんはどうやら1日1回しかここに来られないご様子なので
    思いついた質問はその都度書いていきたいと思うのです

    Yasuさんへのアドバイスを見て抱いた疑問ですけど、
    >「一週間後に本当に一億円入ってくる『設定で』、その一週間を過ごしてみて」

    このやり方はデバッグで言ってたことと矛盾しませんかね?
    デバッグでは具体的な〇〇は求めずに(これでは不正プログラムだからだと)
    あくまで考え得る最良を要求しなさいと言われていたではありませんか?

    また、いちいちそうして要求しなくても
    気分が充足の状態であれば全てのものが理想通りの状態に変化してくる、
    つまり最良をこの世界に実現させるために
    本来は何の要求も出す必要もないという考え方は間違いでしょうか?

    何かあるたびにいちいち要求を出してたらキリがないし
    気疲れしてしょうがないと思うのです

    何の要求も出さず、
    ただただ「今この瞬間」を感じるメソッドや2章メソッドなどを日々実行し続けるだけで
    この上なく全てが理想通りと思える世界を実現できないものでしょうか?
    つまり最良の世界を

  38. 38. YASU Says:

    「1億手に入る」だとまだ手に入ってない。これから手に入るのか・・・。

    「1億手に入った」「一億あるぜよ」の過去形のやつにはなりきれるかな〜〜・・・?
    「彼女ができた」とか「彼女がいる」とかね。

    まあ、ここで現実とのギャップ気にしたら元も子もない事はわかるが、
    この場合現実とか物理的状況との付合い方がわからんなー

  39. 39. TA-MI- Says:

    108さん コメントありがとうございます。

    初、当人からのコメントを頂いたので、嬉しかったです。
    新刊。皆様、そして108さんのプレゼンを読んでいると、
    「死について」が殆どなのかと、ちょっと足踏みしています。

    チケット、デバック、裏デバックも、未だ噛み切れていなくて、
    所々、うまく繋がらないのです。。ここで、新作に行ってしまうと、
    混乱してしまいそうで。。
    今までの続編ではなく、また違ったものなのですよね?
    そうすると、今まで願望実現について、試行錯誤している自分には難し過ぎますか??コレへのお返事という形状でなくてよいので、もうちょっとプレゼンして頂けると助かるかも。(別に無理はいいですが)

    ただやっぱり自分は下の部分に引っかかる低レベルです。
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    > 五感で経験したいのです。

    これはほとんど答えですよ。
    だから、前もって五感で経験したらいいんです。

    「現実上にいないのに、どうやって経験するんだよ」

    と思うかもですが、現実上にいなくても経験できますよ。
    逆に現実上にいないからこそ、好きなように経験できますよね。
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    108氏が仰る「経験」というのは、脳内のことですよね?
    上の方にもご返答している様に、「なる」に近い感じですよね?
    で、最終的に「ひっくり返す」に繋がるのですよね??

    感じる事は出来ても、触ったり話したり、は現実状にいないと経験できないですよね??
    先に経験(確認)したいのですが、脳内で浸ったとしても、長く続かずリバウンドがひどいのです。方向性間違っているのでしょうか?
    最近は、現実を無視というか、本当の今でなく、いつかの内側が再生されている過去のものと思い、少し放っとける様になりました。
    これも、違う???

  40. 40. Says:

    テスト

  41. 41. HT Says:

    108さん、
    昨日書き込みした31-35のレスがきれいさっぱりなくなってるんですが
    なぜでしょうか?
    あれらの文章を保存してあったら是非アドバイス下さい!

  42. 42. Keita Says:

    こんにちは、108さん。ザチケットからお世話になっております。
    潜在意識系統に出会ってからおそらく二年過ぎくらいだと思うのですが、最近やっと実践が板についてきて、ほかの方のレスも読んでわかるようになりましたw
    なんで理解できなかったのか理解できないことばかりですw

    ちょうどパラレルワールドが気になって、年末にでもホログラフィック・ユニバースを読んでみたいと思っていたところだったのでまさに、という感じでした。一足早いクリスマスプレゼントをありがとうございます。

    上にて既出の108さんの回答と7章とがやっとつながった気がします。一般的に言う経験→知覚の順が、それこそ逆で、知覚→経験の順なのだとしたら、「既にある」のは当然のことですし、「願望=実現」なわけですよね。結局「快になる」も「知覚する」、ということの別の言い回しなのでは、と思ってます。

    ただ、混乱したことがありましたので質問させていただきたいです。
    お時間のある際にでもご回答いただけると幸いです。
    チケット的な世界観で行くと、今目の前に展開されている世界は「幻」のようなもので「既に撮影された映画のようなもの」であり、私たちは「映写機」のような存在だったのではなかったのでしたっけ?
    パラレルワールドを常に移動しつつあるとすると、映写機は映像を写しているのではなく、移動している?動く映写機?
    時間軸がないとすると既に撮影し終わった映画のようなものという目の前の現実の定義はどうなってしまうのでしょうか?
    また、このパラレルにはおなじみの「エゴ」についての記述がなかったのですが(少し寂しいと思ってしまう私w)、私は現実は『全てが「既にある」けれど「エゴ」が歪めているので目の前に見えないと誤認しているもの』と認識していました。
    ドラクエでいう「マヌーサ」がかかってる状態と勝手に解釈していたのですが、幻ではないのですか?その辺が混乱してきました。
    それとも108さんのおっしゃっていることは切り口が変わっただけで本質的には何も変わっていない……?

    一応二回ほど読み通したのですが、まだ理解が追いついていないかと思います。私が誤解をしている箇所がありましたら平にご容赦ください。

    最後に、素直にパラレル面白かったです。続編楽しみにしております(私も少し廉価ですと嬉しいですがw)。また読み直させていただきますね。

  43. 43. ai Says:

    108さん、レスありがとうございます。

    やはり、霊感のある人も幽霊も私が作りだしているのですね。
    すっきりしました。
    私は霊感ないので、幽霊は半信半疑なのですが、
    霊感によって見る的中率の高い占い師さんとか
    複数人での見解が一致していると、「あるのかも?」と思っていました。

    オカルト話が好きなので、
    それらを私が作って、楽しんでいるのかもしれませんね(笑)

  44. 44. a Says:

    またか

  45. 45. a Says:

    どーなってる?
    なんでちゃんと表示されない?

  46. 46. HT Says:

    108さん、
    どういうわけかうちでは31以降のコメントがちゃんと表示されなくなってます。
    というか表示されたりされなくなったりしてます。
    しかし108さんの方からはおそらくちゃんと見えているかと思います。
    ゆえに前回の31-35のレスへの返信はメールで行なっていただけないでしょうか?
    もしすでにここで返信されているのならそれをコピペしてメール送信していただけたら。
    お願いします!

  47. 47. HT Says:

    108さん、ついでだからここでまた1つ追加質問させてください。

    至ってシンプルで初歩的なことかもしれませんが、
    願望を実現させる方法と不安を実現させない方法

    全く同じと考えていいのでしょうか?
    どちらもただただ別の領域に浸ればいいだけ?

  48. 48. HT Says:

    あっ言い忘れてましたが42の件はもう解決しました
    ちゃんと見えるようになりましたので

  49. 49. よしふる Says:

    パラレル途中まで読んでる所ですが、「噛みつく噛みつかれる」だとたしかに両者立場が違うから納得いきますが、地震津波で同じように「噛みつく噛みつかれる」の加害者被害者論は成立しないんでは?
    皆が被害者とは言いませんが、あの地震津波をあの状況下にいた各々の立場は全員同じ経験(地震、津波)を共有したもの同士として同じ立場だったのではないでしょうか? あの状況下で俺が立ってる所は揺れなかったとか、俺んとこで波がまっぷたつ割れて波が俺をさけていって濡れもしなかったって人はいなかったでしょう。ただし、地理的な被災場所の違いが関係するならそりゃ両者、経験、立場が違う事はうなづけますがね。

  50. 50. ss Says:

    パラレル読みました。
    面白かったのですが、色々と他の本も読んでいるので、どこかに書いてあったような内容だったり。。
    エッセンスだけ抜き出すと10ページくらいにまとまりそうです(すみません)

    決してつまらなかったというわけではないのですが内容は薄いような?
    パラレル、多層世界はよく言われていることなので、もっと掘り下げたり、
    パラレルの実際的な適用法や適用した体験談を紹介したり
    知識はあっても実際適用できない、そんな人に風穴をあけるような実践アイディアを書いていったり、のほうが値段に見合いそうです。

    でもちょっと鳥肌が立ちそうになったのは
    「そして犬は噛み付かれなかった」のところです。
    支離滅裂でもそれが実際の様子ならばとても面白いですね。

    ーーーー

    ところで先日は回答有難うございました。
    回答をもらった後も実践しているのですが、集中できず。

    良い想像、不安な想像両方します。
    不安のほうがまだ強いのですが、良い想像も回答をいただく以前から続いています。でも不安ばかりが多く現実になってしまう。周囲の環境も含め、良い事が今のところあんまりなく、すっかり引きこもりになってしまいました。
    あんなに明るく、周りとも仲良くしていた自分はどこに?と。

    「『どうせうまくいくんでしょ』と思ったエネルギーはどこへ行くんですか?」と聞いたのはそのためです。本願で良いことが少しでも起こってくれれば励みになるのにと。

    実践して効果を感じられないと、やはり凹みますね。。

  51. 51. HT Says:

    108さん、ここでまたまたすいません

    108さんご自身が過去を現実ごと変化させた経験が何かありましたら
    具体的なエピソードを教えて下さい

  52. 52. HT Says:

    108さん、またまたまた本当にすいません

    チケット板の回答スレで
    チケット2章のメソッドはデバッグの神へのリクエストの代用にはならないとありましたが、
    これって2章メソッドでは
    最良の結果つまりパーフェクトな充足は得られないということですか?

    一度は最良を得られたとしてもずっと得続けるのは無理だということなんでしょうか?
    2章メソッドでは

    あくまでパーフェクトな充足を望んだ上で2章メソッドを行なったとしても
    それは得られないんでしょうか?

    全てのものがパーフェクトに満足できる状態になってくれることが1番いいに
    決まってます!(わざわざ1つ1つ具体的な願望を設定して行く作業はやはり
    面倒でもありますし)

    それには、ごくごくシンプルな2章メソッドでは力不足なんでしょうか?

  53. 53. チケットタイム Says:

    どうもこんにちはー。
    新刊のパラレル読ませて頂きました。

    毎回、108さんの作品は「願望実現書」として読んでいたのですが
    初めて「読み物」として読ませて頂いたような気がします。
    そういう意味では非常に面白かったですし、逆に効果が高かった気がします(笑)

    何だか今までどれだけ願望に振り回されていたのかを実感してます。
    生きる願望みたいな感じでした。
    それを手放しつつある今、非常にある意味で楽になりました。
    「叶えたい!」…という渇望こそが願望を苦しみの種にしている元凶だったんですね。

    最近は悲惨な状況と思えるものもなくなってきて
    気が付けば以前よりも平穏な日々を送れるようになってきました。

    今回のパラレルで語られる平行世界というのは
    若しかして宇宙ごと丸々、個々が別のものを体験しているという事でしょうか。
    それならば最近納得した事と同じような気がします。
    本当に一般常識に限られた視点からだと考えもしない部分ですね。

    そして無条件の愛、これも以前までは全く分かりませんでした。
    無条件に愛したかのように見せかけて、実際には全然違ったんですねw
    なんで無条件に愛しているのに苦しいはずがあったんでしょう(笑)
    それに気が付いたら、逆に自然体に周りを愛せるようになって来ました。

    もう願望実現云々からはずっと離れていましたが
    たまたま108さんのブログを覗いてみたら素敵な書籍が販売されていたので
    つい買ってしまいました(笑)

    何事も焦らず、ゆっくりとリラックス…がポイントですね。
    108さんの今回の書き口大好きでした!そして108さんも大好きです。
    どうもありがとうございました。

  54. 54. 麒麟 Says:

    どこに書いていいのかわからんからここに書く。
    よく質疑応答で、あなたは本当は不足をなによりも望んでいるのです。みたいな回答があるよね。

    そしてつい最近も「嫌いな自分とお別れしてください。」みたいな
    アドバイスがあった。

    「またかよ!何言ってるんだ!みんな自分がいる世界が
    嫌でさよならしたくてオカルトに惹かれてるんだろ!決意はとっくについてるよ!」

    そう思ってほとんどスルーしていた。

    ・・・が、先日ふと想像してみたんだ。(ほとんどひらめきだった)

    自分がガラリと変わり、時を戻せて、他人をも変えた世界。つまりは天国の中。

    自分が悶絶イケメンになったとする。金も、振る舞いも含めて。
    そして、好きな相手がヤリマンだったとする。その子を誠実に。初々しく。

    そんな理想的になった自分と、理想的になった知り合いが挨拶を交わすシーン・・・

    「初めまして・・・」
    「初めまして・・・」

    いや、びっくりしたね。
    自分でここまで好き勝手に世界を変えられると感動する反面、
    泣きそうだった。めちゃめちゃせつなかった。苦しかった。

    自分から今の相手が消えていることが!
    相手から今の自分が消えていることが!

    まさに 記 憶 喪 失。

    今の自分、今の世界とサヨナラしたくない思いが強烈にあることを認めるよ。

    別人になりたいのに、なりたくない。

    なんでも叶う=つまらない。とも感じている。

    自分も含めてただの情報。故に幻。なのに、なのに・・・
    その情報、記憶を手放せない。忘れたくない自分がいたんだ。

    【チケット201P】。
    少し気が楽になる話をしましょう。あなたがそれほどまでに保持したい「エゴのゲーム」を
    放棄したとき、いったいどんな不都合が起きるのでしょうか。
    あなたがエゴを放棄した途とたん端、今までの人生が一いっぺん辺にパーになったりはしません。
    今までエゴのゲームで手に入れた報酬を、一気に失うようなことにはなりません。

    オレは今ここにいるのか?覚悟するのときなのか?マジ怖い!

    追伸。デバックで恋愛相談している奴らよ。邪険にして済まなかった。
    結局恋愛であれ、金であれ健康であれ、愛だよな。愛されたいからだよな。許してくれ。

  55. 55. 108 Says:

    >> 25. popominさん

    > だんだん「自分以外はどうでもいいか」と思えるようになってきました。

    その調子!
    そういったメンタルの方が、逆に自分以外についてもコントロールできるようになるんですよ。

    > そいつが私の世界から消えることを意図してあとは考えないようにしようと思います。そして「自分の幸せ」を意図していきたいと思います。

    最初のは要らないですよね。
    「そして「自分の幸せ」を意図していきたいと思います」
    これで必要充分です。

    > そのためにも早く願いの叶ったパラレルに移動したいのですが、どうすればすばやく移動できるんでしょうか?

    上の解答が答えです。
    あなたから、あなたの「願いの叶った」思考・感情・イメージ以外の夾雑物を取り除いたとき、それは最も素早く現実化します。

    > 26. YASUさん

    この>>26のご自分のコメントをもう一度読み返してみてください。
    自分の書いたものではなく、赤の他人が書いたものとして。

    …読み返しましたか?

    では、これを他人のコメントとして読んだとき、どういった人物像があなたに思い浮かびますか?
    あなたの理想とする「望みの異性から逆ナンされる」ような人物でしょうか?
    全く逆ですよね。
    あなたのコメントからは、あなたの理想とは全く逆の人物像を「これでもか」と肯定し続けているような人物しか浮かんできません。
    そこが鍵なんですよ。

    > この「目の前に差し出されたリンゴ」がまあパートナー獲得で言えば「逆ナン」や「告白された」に近い感じに俺は感じます。

    ここも鍵ですね。
    あなたは、

    「逆ナンや逆告白こそが、俺の考える引き寄せであり願望実現なんだ。こちらからナンパしたり告白して成果を得るのは、引き寄せでも願望実現でもない」

    こう頑なに定義し続けています。
    これは仕分け作業です。
    「これは良し。これはダメ」
    と、願望の実現する可能性を自ら制限してしまうことになっている。

    自分からアプローチしようが向こうからアプローチされようが、願望が実現すりゃどっちでも良いじゃねえか、と私は思いますけどね。

    失礼な言い方になるかもしれませんが、あなたは「モテない卑屈な男性」としての自分を強力に肯定し続けていますよ。
    その不足感から、

    「ナンパもコンパも紹介も上手くいかなかった。だからそんな不足感はもう味わいたくない。そんな不足感を味わわなくて済むように、向こうからアプローチしてくれ」

    と求めているんです。
    でも、その「不足感から逃れたい」という前提を変えない限り、いつまでたってもリンゴなんて運ばれてきませんよ。

    では、凄くモテる人は自分から告白やナンパなんかしたことないと思いますか?
    そんなことありません。一般にモテると思われている人でも、ナンパで断られたり告白して振られたりすることだって普通にありますよ。

    自分に魅力があって自信がある人は、特に自分を飾らなくても自分を気に入ってくれる人がいることを知っています。で、そういう人はモテます。
    自分に魅力がないと考えて自信もない人は、自分を気に入ってくれる人がいるとはなかなか考えられません。だから、自分の理想とするような異性が自分を気に入ってくれる可能性なんてほとんど無いだろうと考えてしまいます。で、そういう人は当然のことながらモテません。そんな風に卑屈になっている人がモテる道理がありません。

    あなたが本当に理想の異性を手に入れたいなら、今すぐにモテるあなたになってリンゴを手に入れることです。
    リンゴが目の前になけりゃ、リンゴを探しに出かけることです。
    そのつもりで家から一歩出りゃ、リンゴは案外すぐそばにあるかもしれませんよ。

    「俺は別にモテたいわけじゃなく、素敵な出会いが欲しいだけなんだよ」

    あなたの願望がこうだとしてもアドバイスは同じです。
    「魅力のない卑屈な自分」に凝り固まっている限り、素敵な出会いなんて難しいです。むしろそういった出会いを遠ざけるような行動を無意識にとり続けることになる。

    他人と比較して自分の不遇を嘆くような態度を今すぐに止めるべきです。
    「魅力のない卑屈な自分」としての、考えられる思考や行動を今すぐに放棄すべきです。
    それがあなたの望む状況にもっとも素早く近づく方法ですよ。

    >>27. 通りすがりのもぎりさん

    > 今ここで実際に経験していることは極めてシンプルなことではないか…。

    そうです。もんのすごくシンプルですよ。

    > それを概念や常識に照らしあわせて考えはじめるからややこしくなっている。そんな気がします。

    これも仰るとおり。
    返信しちゃいましたが、別に良いでしょ?(笑)

    こういったシンプルなコメントこそ読み返してみてください。
    気付いた人と同じ視点に素早く立つことが出来ますよ。

    >>28. Swアンスさん

    回答はいたってシンプルです。

    「エングラムなんてありません」

    以上です。シンプルでしょ(笑)。

    エングラム理論はアプローチとしては面白いかもしれませんが、ないと思っといた方が何かと都合が良いですよ。ないと考えても何ら支障はありません。
    カルマとかもそうですよね。あると考えることも出来るけど、そう考えると様々な制限や制約を受けることになってしまいます。
    だから「ない」としておいた方が得なんです。そこに関わらないで済むから。

    これらについては、パラレルでは次の次の巻くらいに出てくるかもしれません。

    >>30. まくまさん

    「その場限り」という考え方を採用してみると良いですよ。

    あなたは多分、色んなことを連続して考えてしまいがちなんだろうと思います。
    つまり、様々な事柄を関連させて考えてしまう。
    あなたが敢えて関連させなけりゃ、それらに関連性など存在しないにも関わらず。
    要するに「気にしすぎ芸人」なんですよ(笑)。

    時間の流れに沿って様々なことが連続しているように思えるけど、本当はその都度その都度異なる現実にシフトしているに過ぎない。
    しかしそのパラレルシフトは、あなたが関連付けている範囲内で行われるので、あなたが前の出来事を思考によって引きずれば引きずるほど、そういったラインの現実にますます移動し続ける羽目になる。

    嫌な出来事、不快な出来事、罪悪感を感じる出来事があったら、

    「ハイ、これで終了。次参りましょう〜」

    と、全員集合のいかりや長介のように切り替えていってみてください。
    まだ思考で引きずっていることに気付いたら、その都度、

    「ハイ、次参りましょう~」

    と切り替える癖をつけてみてください。

    >>32-34、36. HTさん

    > その大震災が「最初から」起こっていない世界を創造することはできるでしょうか?

    可能ですよ。
    というか、創造もなにも、それは実際にも物理現実として存在しているんです。

    > で、それを創造するにはやはり他の多くの願望と同じで単にイイ気分を保てばいいと?

    このアプローチだと難しいでしょうね。

    例えばAという文字が現れたとします。
    あなたにとってAは不快で不必要だとします。
    あなたは「Aを消そう」と考えるでしょう。
    しかし「Aを消そう」と考えるには、Aの存在が不可欠になる。
    Aがなければ「Aを消そう」と考えることがそもそも不可能だからです。

    これはパラドックスみたいなことです。
    それに関心を注ぎ続けている限り、そいつはおいそれと消えてはくれませんよ。
    前にも書きましたが、本当にそいつを消したいなら、それから関心をなくすことです。
    で、もっと自分にとって有意義なことに関心を丸ごと移すべき。

    > と言ってもどうしても気にならざるをえない時はどうすればいいんでしょう?

    関心をなくすんです。
    「どうしても気にならざるを得ない自分」に対してです。
    要するに「気にしている自分に対して気にしない」ということです。
    なんだか禅問答みたいになっちゃいましたね(笑)。

    本当に嫌なら逃げ出したって良いですよ。
    家族に「この番組はどうしても見たくないからチャンネルを変えてくれないか」と相談しても良いでしょう。
    あらかじめ相談しとくとか。
    抵抗している自分に抵抗しても無意味です。
    裏デバッグでも書きましたが、不安は行動によって解消するのがもっとも効率的です。
    悶々としているくらいなら、不安の解消に向けて行動してみてください。

    > さてさて108さんならどうしますでしょうか?

    そういう願望は持たないと思います。
    実際にも、そういう願望は持ったことがないですね。
    持ったこと自体忘れているのかもしれませんが(笑)。

    確定した過去をピンポイントで変えようというのは中々難しいですよ。
    「Aを消そう」と同じように「変えたい」という時点でその過去を支えてしまうからです。
    だから本当に変えたいなら(逆説的ですが)そこから速やかに関心を移すことなんです。

    普段のメンタリティということで言えば、

    「別にいいよいいよ〜」

    くらいの緩さで、あらゆることを許すような気持ちでいた方が過去は変わりやすいです。
    さすがに震災に関して「いいよいいよ〜」とはならないと思いますが、いつまでもそこにこだわり続ける以上、やはりその線に沿った現実しか見えてこようとはしてこないでしょう。

    「悪い」「酷い」「嫌だ」

    といったことに関心を注ぐのではなく、

    「良い」「素晴らしい」「好きだ」

    に関心を注いだ方が良いですよ。
    これは単にクセみたいなもんです。
    そういうクセを身につけてください。

    >>35. よしふるさん

    それで良いんですよ。

    ただ「手に入る前のワクワクか、手に入ってからのワクワクか」は問題ではないんです。
    どういった種類の経験であるかが重要なわけ。
    ワクワクはワクワクを、失望は失望を再生産する。
    これは引き寄せの基本原理ですよね。

    >37. HTさん

    デバッグと裏デバッグではアプローチが全く異なります。
    前にも書きましたが整合性を求めないでください。

    > 何の要求も出さず、

    これも難しいですね。
    唯一可能なのは「全てを良しとする」という確固たる決断と態度です。
    いわゆる悟りみたいなことですが、これならどんな現象に対しても「理想どおり」ということになります。
    「全て良し」なんだから。

    その都度一々要求を出すのが面倒なら、主へのリクエスト一本でやるという手もあります。
    これなら何があっても「主よ、あなたにとっての最良をお与えください」だけで良いんですから、何が最良かとか考える煩わしさからは解放されます。

    >39. TA-MI-さん

    パラレルは死についてがほとんどじゃありませんよ。
    分量は多めですが、そんなに深刻な内容でもありません。
    悩んでいるならレッツトライ!

    > 108氏が仰る「経験」というのは、脳内のことですよね?

    経験に脳内も脳外もないんです。
    あなたが「これは皮膚感覚だ」「これは視覚だ」と認識しているものだって、実際にはあなたの脳で起きている反応に過ぎないんですよ、言い方を変えれば。

    梅干しを思い浮かべてください。
    それを口に入れてしゃぶっているところを想像して。

    酸っぱく感じたでしょ。思わず唾液が出てきたでしょ。
    あなたの脳内での想像に過ぎないにも関わらず。
    で、その「唾液が出てきた」という感覚だって、あなたの脳内で認識したものに過ぎないんですよ。
    本当は唾液なんて出ていないのかもしれない。
    そういうことです。

    > 最近は、現実を無視というか、本当の今でなく、いつかの内側が再生されている過去のものと思い、少し放っとける様になりました。

    あなたが楽になる考え方ならそれで良いんですよ。
    違うもなにもありません。
    あなたが元気になる考え方をしてください。
    それが引き寄せ的には正解です。

    >>42. Keitaさん

    > 一般的に言う経験→知覚の順が、それこそ逆で、知覚→経験の順なのだとしたら、「既にある」のは当然のことですし、「願望=実現」なわけですよね。結局「快になる」も「知覚する」、ということの別の言い回しなのでは、と思ってます。

    そうです。ここは正解なので全文引用しました(笑)。

    で、あなたは映写機ではなく映画を見ている人です。
    映写機でフィルムを一定の速度で回転させて、一コマ一コマを連続して再生しない限り、その映画を経験することは出来ない。
    だから「そういう形で映画を見よう」と決め、時間線に沿って一コマ一コマを連続して再生しているんです。
    そういった形で自然に連続するように感じるパラレルシフトを行っているだけなんです。

    それで、エゴというのは制限ですから、実際にはあまねくある充足を制限する形で知覚するように条件付けられている。
    「時間線」というのもエゴの考え出した一種の制限なんです。
    だから「別にいいよいいよ〜」というメンタリティの時、エゴを意識的に活性化させていないから時間線の影響も最小限になる。つまり過去も変わりやすいわけです。

    >>43. aiさん

    > オカルト話が好きなので、それらを私が作って、楽しんでいるのかもしれませんね(笑)

    じゃあお望みの世界じゃないですか(笑)。
    何も問題ありませんね。

    >>45. aさん
    >>46. HTさん

    ここのコメント欄は掲示板とかと違って、投稿したら即表示されるわけではありません。
    私が承認したものから順に表示されるようになります。

    >>47. HTさん

    それは考え方によりますが「不安を実現させない方法」だと願望自体に不安が入っちゃってます。
    よく言うことですが、願望に望まないことを含ませるのはお勧めしません。
    単純に「願望を実現させる方法」だけで良いんじゃないでしょうか。

    >>48. よしふるさん

    地震津波の場合は「地震津波」が「噛みつく方」で、「被災した方」が「噛みつかれた方」ですね。
    自然現象が相手でもこれは同じです。被災した方同士の比較ではありません。

    あなたが仰るように、自然現象相手だと「勝ち負け」という概念を持ち込むのは難しいですよね。
    しかし、仮にこの地震が地震兵器によって人為的に起こされたものであったとしたらどうでしょう。途端に「被害者と加害者」という関係性が想起されてしまいますよね。

    「勝ち負け」「被害者と加害者」という関係性は、敢えて設定しなければ最初からないものなんです。あなたが仰るようにです。

    >>49. ssさん

    悪いことに関心を注がない方が良いですよ。
    そうしていると、あなたが言うように引きこもりになるしかなくなります。
    ああ現実はダメだった、今回も望みのものは手に入らなかった…という思考と感情を引きずり続ける限り、そういった現実を延々と再生産し続ける羽目になります。
    現実はリトマス試験紙のようなものなんです。現実をみれば、あなたがどういった思考を行ってきたかが一目瞭然。

    あなたが元気になる思考を行ってください。
    都合の良い思考を行ってください。
    楽しいこと、面白いこと、嬉しいことに関心を移してください。

    >>51. HTさん

    ですから、デバッグとチケットを関連させないでください。
    比較させて論じても無意味です。

    >>52. チケットタイムさん

    > 最近は悲惨な状況と思えるものもなくなってきて
    > 気が付けば以前よりも平穏な日々を送れるようになってきました。

    良かったですね。

    > 何事も焦らず、ゆっくりとリラックス…がポイントですね。

    仰るとおりです。
    いつもありがとうです。私も大好きです。

    >>53. 麒麟さん

    > 今の自分、今の世界とサヨナラしたくない思いが強烈にあることを認めるよ。

    そうなんです。これは普段全く意識されない部分なので、気が付いたときはあなたのように愕然とすることになる。

    > オレは今ここにいるのか?覚悟するのときなのか?マジ怖い!

    怖くなんてありませんよ。
    それはエゴのあがきです。
    完全なる充足を経験することを恐れているわけ。
    自分が消えちまうんじゃないかと途方もない恐怖を感じている。

    でもあなたがチケットから引用したように、あなたが失うものは何もありません。
    失うのはエゴの狭いものの見方、役に立たない観点みたいなことです。

    あなたは気づきのまっただ中にいるよ。
    その恐れを手放していってみて。
    そこには充足しかないことがいずれハッキリと知覚できるようになるよ。

                     ハ_ハ  
                   (’(゚∀゚∩ なるよ!
                    ヽ  〈 
                     ヽヽ_)

    引き続き感想をお待ちしてます!

  56. 56. HT Says:

    >>55
    108さん回答ありがとうございます

    >> で、それを創造するにはやはり他の多くの願望と同じで単にイイ気分を保てばいいと?

    >このアプローチだと難しいでしょうね。

    なぜに「イイ気分」がいけないと?
    引き寄せの法則の原則ですし、
    ↓これこそまさに「イイ気分」ってことですよね?

    >「良い」「素晴らしい」「好きだ」に関心を注いだ方が良いですよ。

    >本当に嫌なら逃げ出したって良いですよ。
    >家族に「この番組はどうしても見たくないからチャンネルを変えてくれないか」と>相談しても良いでしょう。

    番組表を見るときに、その番組の箇所が目に入らないようにあえて視線をそらす
    という行為は大丈夫なんでしょうか?
    一応その番組に意識を向けていることになってしまうと思うのですが?

    また、2章のメソッドでは
    結局パーフェクトで十全な結果は得られるのですか?得られないのですか?

    そして「最良をお与えください」は、いちいち言葉として言わなきゃ
    意味がないのでしょうか?
    単に気持ちの上で最良を望むだけではダメなんですか?

  57. 57. チケットタイム Says:

    |∀・)ササッ…108さんお疲れ様です( ´∀`)つ旦 ←お茶
    追記宜しいですか。

    渇望するような願望もなく穏やかな日々が続くので
    より自由なパラレルシフトをしてみたい!
    という事でモソモソと最近は信念体系再構築を計画しています。

    とはいえ長く保持した信念は固いですorz
    ふと気付けば従来の概念にあっというまに引っ張られます。

    なのでオススメな楽しいメソッドをお聞きしてみたいです。
    それとも続編パラレルを読む事でそれも可能になるのでしょうか( ゚∀゚)
    何にしても楽しみです(笑)

    書き込みをした時点から今日まででも目まぐるしく変化していってます!
    加速的に周囲が変化していくのを眺めるのも楽しいですね。

    |彡サッ

  58. 58. HT Says:

    追加すいません。

    エゴの判断で、ある不都合と感じることに遭遇したとします。
    そういう時にはすかさず「ありがとう」と言おうと
    チケット2章にはありましたが、
    すかさずそう言う前に事態がどう変わって欲しいのかを
    はっきり設定する必要はないんですかね?
    そこで具体的にどう変わって欲しいか考えず最良の結果をなどとあえて考えずとも
    ただ言い続けるだけで自分がパーフェクトに満足できるような状況が勝手にやってくると?

  59. 59. HT Says:

    またまた追加すいません

    >>55の>>37にあてたレスによると、
    あくまで願望として意識した願望しか叶わないというふうに解釈できますが、
    結局そうなのでしょうか?

    願望というのは全て無意識的に発生してるものなんじゃないかという気もするのですが違いますかね?
    チケットの第1章の最後に
    ある願望を叶えるために、わざわざ願望として設定する必要はないと書かれていたのもそういうことではないのでしょうか?
    つまり、願望が叶った後になってからその願望を持っていたことに初めて気付くということもありえないのでしょうか?

    56の後半や57とはまたちょっと違う疑問なので、それぞれ別個に回答お願いします。

  60. 60. つまり Says:

    パラレル読みました。面白かったです。
    疑問に思った事を質問させて下さい
    このパラレルシフトの考えで行くと、我々が
    一般的にやっている事は記憶や信念、条件付けに
    基づいてこの後このように展開するだろう
    という予測に沿ってパラレルシフトしている
    ということですよね
    では、もしこの後あまり好ましくない展開が
    高い確率で起こると予測してしまっているような場合は
    全く別の私を選択=演じるのがよいのか
    それとも自我としての記憶に基づく演技を
    やめる=瞑想?or観客の視点のがよいのか
    どちらがそのストーリーor予測に沿った展開から
    脱出しやすいのでしょうか?
    よろしくお願いします(・∀・)

  61. 61. つまり Says:

    すいませんもう一つだけ(^^;)
    よく108さんはメソッド自体を目的としてやれ
    というような事をおっしゃいますが
    これはメソッドを修行のようにやって何かよい
    経験が訪れるのを待つのではなく
    メソッドそれ自体を貴重な経験として経験する
    というような解釈でよろしいでしょうか?

  62. 62. YASU Says:

    >>自分に魅力があって自信がある人は、特に自分を飾らなくても自分を気に入ってくれる人がいることを知っています。で、そういう人はモテます。
    自分に魅力がないと考えて自信もない人は、自分を気に入ってくれる人がいるとはなかなか考えられません。だから、自分の理想とするような異性が自分を気に入ってくれる可能性なんてほとんど無いだろうと考えてしまいます。で、そういう人は当然のことながらモテません。そんな風に卑屈になっている人がモテる道理がありません。

    これはあなたの観念、エゴのおしつけではないですか?
    私は>>26を読み返しましたが、この文だけで「モテない像」と決めつけるのはあまりにもエゴ的な考え、特にあなたのエゴの観念が浮き彫りですよ。
    わたしはそうは思わないかったし、これからも思わないでしょう。仮にそこで私が「そうだよね。これじゃモテないだよね」と言ったらどうでしょう。あなたの杓子定規でしかものを見てないエゴの観念「あなたが私に対する像」をかぶる事に認める事になりましょう。おあいにくさまそれは勘弁ですね。

    ちなみに「ナンパもコンパも紹介も上手くいかなかった。だからそんな不足感はもう味わいたくない。そんな不足感を味わわなくて済むように、向こうからアプローチしてくれ」とおしゃっていますが、はい。ナンパもしてます。コンパもしてます。リンゴがないので手伸ばして探しに出てます。
    「そのハングリーさがだめなんじゃないんですか?」といいますが、じゃあ半グリーじゃないのって何? となってしまいますが。それこそ勝手に自分でハングリーさの裁量なんかやってしまうでしょうに。でもハングリーでもうまくいってる人はいますし、手を伸ばさなくてもリンゴをゲットしている人はいますしね。俺も過去にあります。俺はだから何も「リンゴ!!俺はお前を欲しいんだ!! だからお前から絶対こい!! 俺からなんていくか!! それだと引き寄せじゃね〜〜〜ベ!!」なんて一言も申してないんですよ。勝手に人の思う事、感じる事を断定しないでいただきたいですね。

    >>卑屈になっている人がモテる道理がありません。
    うんまあ。頷けない事もないですが、絶対ではないでしょう。これもあなたのエゴです。

    >>では、凄くモテる人は自分から告白やナンパなんかしたことないと思いますか?
    そんなことありません。一般にモテると思われている人でも、ナンパで断られたり告白して振られたりすることだって普通にありますよ。

    ここでは可能性について話しているのにね。矛盾ですよね。

    リンゴから来る事がある。あれが嬉しいし、楽でよかった。あれっていいよね? あれも引き寄せかなんかでしょ? あれどうやるの? って聞いているだけですよ。そして、まあ結果リンゴゲット出来ればそれでいい。そこはですよね。って感じですが、どうもあなたはリンゴからくることはないんだ。と思わせたいような感じがする。だから諦めろ。とね。

    でなんですが、ん? あれチケットの話はダメでしたっけ?
    あなたの「既にある」論はどこいったのですか?
    「ないなら探せ」と言うから。気になりました。

  63. 63. YASU Says:

    それと「地震」のレスについて。

    >>「勝ち負け」「被害者と加害者」という関係性は、敢えて設定しなければ最初からないものなんです
    はいはい。
    >>地震兵器によって人為的に起こされたものであったとしたらどうでしょう。途端に「被害者と加害者」という関係性が想起されてしまいますよね。

    なぜ敢えて設定しなければない話で「地震兵器によって人為的に起こされたものであったとしたらどうでしょう」などとという話になるのですか?
    どうもならないでしょう。地震兵器なんてないんですから。

    被災者は被災者で被災者同士の世界でもひとりひとりの世界は違うって事ですか?? 
    だから自分が被災してない。つか地震なんかきてない。津波もきてない。とその震源地で思ったとしたら、その人の世界には地震も津波のこない。つかない。のか? って話です。同じ陸前高田海岸付近にいるもの同士の中でもって話ですよ。

  64. 64. YASU Says:

    連投もうしわけ。

    >>自分からアプローチしようが向こうからアプローチされようが、願望が実現すりゃどっちでも良いじゃねえか、と私は思いますけどね。

    俺もそう思います。で、どっちでもいい。じゃあ後者をとりあえず選ぶか。
    みたいな感じなんです。

    >>その大震災が「最初から」起こっていない世界を創造することはできるでしょうか?

    可能ですよ。
    というか、創造もなにも、それは実際にも物理現実として存在しているんです。

    と同様に、後者の世界を創造したいんですよね。何度も言うけど、だったらいいな。結果よければいいけど。みたいな。

    で、地震おこってね〜〜世界創造なら可能だろ。ってね。

    地震起こってねー世界がリンゴなら。
    それを手に入れるには?? 
    出かけるの? 手伸ばすの?
    みたいな。

  65. 65. かめ Says:

    あなたは映写機ではなく映画をみてる人です。

    じゃあその撮った(?)映像のコマはどっから誰が映写機にセットしたの?
    つかそのコマいつ撮った?どっから誰が持ってきた?と思うのですが。それをどうやったら?
    映画をみてる我々は映写機をいじってコントロールしてるのね?

  66. 66. HT Says:

    108さん、これだけは至急回答下さい!
    自分はこれらの点がはっきりわからないがために
    かなり長期間ずっとモヤモヤしてきたんです!
    実は至って初歩的基本的なことだろうとも思うので、ここがちゃんとわからなきゃ
    始まらない気もします!
    たったこれだけの質問に回答することぐらい丸1日も空ける必要はないはずです!
    時間さえあるなら是非できる限りの早急な対応を願います!

  67. 67. むめい Says:

    こんにちは。
    パラレルについてのことじゃないんで
    ここに書いて良いのかわかりませんが、
    とりあえず108さんに聞いてもらいたいので書かせてもらいます。
    言葉にするのが難しいのでちぐはぐになるかもしれないですが(笑)

    最近になって今までの凝り固まっていた常識、つまりエゴにあたる部分に
    どれだけ自分が振り回されていたか気づき始めました。

    現実を見定める→こうする→現実を見定める→一喜一憂する→……

    だったのが、

    こうする

    だけになった感じです。
    ここでやっとアファメーションの意義が出てきたと感じます。
    確認作業というか、その立場を思い出す感じでアファみたいなことをやっています。
    108さんの仰っていた
    「この状況は私にとって素晴らしい」
    「完璧だ」
    がお気に入りです。

    で、そうしていくうちに
    なんか寂しいな、物足りないな
    って感じるようになったんです。
    なにが物足りないのか。
    探ってみると、
    現実世界にあれこれ干渉しなくなったのが物足りないらしいのです。
    今もポカーンとした空白が胸のなかに感じられます。
    それで隙を見つけては何かを悩まそうとしてくるのです。
    その度に受け入れたり完璧だと立場を戻すようにしていますが、
    また何か、ふっきれられない、何かを掴んでいるエゴがあるように感じます。
    今はそれがあっても受け流すスタンスでいますが、

    …………

    んー書いてると答えが浮かんでくるので変な質問になってしまいますが、
    108さんならどうしますか?
    ……なんかすいません(笑)
    あ、ポカーンとした感覚っていうのは
    何か方向性が間違っているってことですかね?
    そこには不安に似た感じと寂しい感じがあります。
    なんなのでしょうか?

    あと、
    幸福感を感じたら幸せだなあと思うのは何か違うと思うのです。
    と言うのは、
    幸せのために幸福感を求めてしまうと、どうしても幸せだと感じられないのです。
    同様に
    意図したことが実現したのですが、驚くことに幸せだなあとは思えなかったわけです。
    そこには喜ばなきゃいけない!幸せだと感じなくては!とあせる自分がいるだけでした。

    で、気づいたんですが、
    思考を止めると「無」が感じられますが、
    つまりはそれが幸せの正体だったんだと。
    さらに言うと、幸福感と言うものは単なる感情の高ぶりであり瞬間的なものであるが
    本当の幸せ(幸せというのも語弊があるかもだが)は無条件に永続的に、今ここにあるものだったということですね。

    んーなんかまとまらないのでこの辺でやめます(笑)
    なんかアドバイスがあればお願いします。

  68. 68. Swアンス Says:

    >「エングラムなんてありません」

    108さんのこのお返事に、思考がぶっ飛びました。 私は、エングラムにしまい込んだものをリサーフェシングさせるいくつかの団体のセミナーに何百万かかけて受ました。 そしてどの団体でも、いまだにエングラムの「源」に行きつけていません。 

    もしエングラム理論が存在しないとして・・・、
    「無い」として扱えるとしたら、あらゆる感情を解放させる本もセミナーもいらないし、お金も時間も、もっと違うものに使えるでしょう。

    ものすごく怒り狂った出来事などに、より以前の出来事のソマティックやセカンダリーなどが関係するとするエングラム理論を、木っ端みじんに吹き飛ばす理論が読みたいです。次の次あたりに出せそう・・ということなので、楽しみにしています。 よろしくお願いします。

  69. 69. yoshi Says:

    またまた感想を書きます。
    もし、人は最後にあのような感想を持つとしたら、
    どんな生き方をしても我々は幸せなのですね。
    だからこそ今すぐ幸せになることは簡単なんだと思いました。
    そして、試しに幸せになってみたらほんと簡単でした(笑)
    なんでこんな簡単なことが今までできなかったんだろうって感じです。
    ありがとうございました。

  70. 70. yuki Says:

    コメント非公開とかでいろいろお手数おかけしてすいません。

    誤字などの報告もココに書き込んでいいようなので
    これからはバシバシ指摘していきます(笑)
    それはそうと、第二弾が年内に出るかもしれないとのことで
    すごい楽しみです。

    二つ質問があるんですけど、もし時間があったら教えてください。

    一つ目は、これは自分以外でもちらほら目にする意見なんですが
    紙媒体で出版する予定はないんでしょうか?
    やっぱりモニターだと疲れるというか集中できないというか・・・・
    それにどこでも持ち運べて、見たい時にいつでも見られますし。

    もしその時は、表紙をぜひ画家さんに書いてもらって、帯の推薦の文をだぜwさんに書いてもらったらきっとベストセラーまちがいないと思います。たぶん。きっと・・・

    二つ目は、かなり前の108さんの書き込みだと思うんですが
    環境を変えることで振動を変える系のメソッドの話があって、でもその時は
    「アイデアとしてはあるけど、まだデータが足りないからメソッドとして確立できない」
    というような事を言っていたんですが、あれはその後どうなったんでしょうか?

    自分でも環境をガラっと変えることをやったことがありますが、これはアファとか
    そういうのと違って半ば強制的に変わるのを経験してるので、これをメソッドとして
    確立できたらすごいおもしろいなー、と思ってちょっと期待しています

  71. 71. kono Says:

    物理的な体験だけが体験じゃないにしても
    チケもデパもパラレルも違和感なく感じたつもりであっても
    気が付いたら
    結局物理的な体験は何も変化ないってことは
    本当にはわかっていないってことなのかなぁ・・・。

  72. 72. M Says:

    お困りのみなさん、
    スピリチュアル(オカルト?)に興味を持ちながらも、
    エゴエゴを満たすのに必死で大変そうですね。
    いや、苦しいのはわかります。

    せいぜい苦しんでください。
    残念ながら、あなたはもうじき『達人』さんと同じように、
    遅かれ早かれ幸せになってしまうようです。
    どれだけ苦しんで困ってエゴにすがりついてみても、無駄なようです。
    大衆意識によって苦しんでいて悟れない、豊かになれなかった、
    って言うんなら
    大衆意識が達人さんばかりになったら、
    幸せになってしまうしかないんじゃないですか。
    否が応にも変化しちゃうんだそうです。

    残念でした。
    お疲れ様でした。

    パラレル、拝読しました。
    面白かったです。
    具体的なメソッドなどないですし、
    従来の書籍のような啓発的な要素的にじゃないですが、
    生きる力がもたらされました。

    ありがとうございます。

    あと、インテリジェンスな漫才が良かったです。
    何度か笑いました。(笑)

    P.S.
    以前でじたる書房さんからザ・チケットが購入できないとコメントした者ですが、
    解決しました。こちらも拝読しました。ありがとうございます。

  73. 73. HT Says:

    チケット1章の今この瞬間を感じるメソッドと
    2章のありがとうメソッドは
    言葉は違えどほぼ同じ意味ですよね?
    どっちも別の領域に浸る最も簡単な方法って感じで

  74. 74. HT Says:

    新たにすいません。

    自分にとって不都合なある出来事が1週間後に起こってしまいそうだとします。

    このように「期限がはっきり決まっている」予期不安の現実化を確実に防ぐには
    やはり前もって安心感を感じてしまうしかないんでしょうかね?

  75. 75. HT Says:

    74について

    こういうのってその日が近付くにつれて現実化を回避しにくくなるんじゃないかと
    思いがちですが(それまでずっと不安を抱いてきたとして)
    結局そうなのでしょうか?
    率直にお答えください

  76. 76. HT Says:

    またまた本当すいません
    しかしたまにしか回答してもらえないのかと思うと
    その都度思いついた質問をすぐに書きたくなるのです

    極端な話、1日中今この瞬間を感じるメソッドをやってれば(ありがとうメソッドでもほぼ同じ?)
    過去はかなり早くに変わりますかね?

  77. 77. 108 Says:

    たくさんのご感想ありがとうございます。
    皆さんのご質問への回答は年明けになります。
    ただ、お急ぎのようなのでHTさんへのいくつかの回答を先にしておきます。

    >>73

    あなたが「どっちも別の領域に浸る最も簡単な方法」と捉えているのなら、同じと言って良いと思います。
    チケットのメソッドはどれも瞬間的にエゴの呪縛を解く方法ですから、その意味ではどれも同じです。
    ただ、それぞれのメソッドで微妙に感じ方やニュアンスは違います。全部一緒ならメソッドを一つ紹介しておけば済むって話です。
    メソッドはそれを行う人によって、同じものでも異なる効果が得られたりします。
    一つのメソッドではピンと来なくても、別のメソッドで「そういうことか!」と腑に落ちる、ということもあると思います。
    そういう心構えでいると「同じじゃねーかよ」と重要視していなかったメソッドが、突然新たな気づきをあなたに与えてくれるかもしれませんよ。
    目の前の現実ではなく、未知なるものに意識を向けてみてください。

    >>74
    かなりジリジリしていらっしゃるようですが、

    > 1週間後に起こってしまいそうだとします。

    そんな想定に対して焦ったところで、あなたになんの利益ももたらしませんよ。

    > 不安の現実化を確実に防ぐ

    不安を感じることを思い切ってやめてみることです。
    それはあなたが敢えて自分を追い込んでやっていることなので、止めればすぐに止みますよ。
    で、その安心の地点から行動してみたらいい。
    そこでは見晴らしが良く、景観が冴え渡っているので適切な行動が取れますよ。

    >>75

    > その日が近付くにつれて現実化を回避しにくくなるんじゃないかと思いがちですが

    その思考が現実化を回避しにくくさせているんです。
    犯人はそいつですよ。
    言い方を変えれば、それが起きることを期待してしまっている。
    だから不安と手を切れ、と言っているんです。

    >>76

    > 過去はかなり早くに変わりますかね?

    過去は「変える」のではなく、勝手に「変わる」んです。
    これが鍵です。
    過去を変えよう変えようとしていると、その過去はまず変わりませんよ。
    過去ではなく未来を、安心した地点から希望を持って観測してみてください。

    …さて、今年もとうとう大晦日になりました。
    2011年は日本人にとっても大変な年でした。
    しかし希望を持てば必ずそれにしたがった未来が視野に入ってきます。
    決して諦めることなく、希望を持って2012年を素晴らしい年にしていきましょう!

    今年は「ザ・チケット」以来となる著作を三冊も発表することができました。
    そしてそのいずれにも、皆さんからの多大なる支持を頂きました。
    本当にありがとうございました。
    来年も積極的に活動していきたいと考えています。

    パラレル続編は、頑張ったんですが年内には間に合いませんでした。
    どうもごめんなさい。
    「パラレル2」は年が明けて2012年1月の、なるべく早い時期に出したいと考えています。
    テーマは「時間」です。
    次作も目から鱗のトピック満載ですよ。
    どうぞお楽しみに!

    今年一年間ありがとうございました。
    皆さん、どうぞ良いお年を!

  78. 78. HT Says:

    108さん、あけましておめでどうございます
    そして回答ありがとうございます 

    不安と手を切れというのは
    結局は別の領域に浸り続けろってことですよね?

    しかしながら、あえてメソッドをやってる時以外はあまり別の領域に浸れないような状態でも大丈夫なんでしょうか?

    それとも
    別の領域におれずに不安が実現した時の現実は全て幻だから
    そんなものは一時的で、またすぐ別の領域に戻りさえすればその実現もなかったことになる、みたいな?

  79. 79. HT Says:

    それと今更こんなこと聞くのも何ですが、
    とにかく精神的に快の状態にある時は別の領域にいると考えていいんですよね?

  80. 80. HT Says:

    せっかく1日空いたのでまた1つお聞きします。

    今と次の瞬間は本当はつながってないとのことですが、
    ということは一瞬先には
    東北大震災が起こってないパラレルへシフトしても全くおかしくないわけですよね?

  81. 81. HT Says:

    80の続きです。

    目の前にいる人が一瞬で消えたとしてもおかしくないわけですよね?
    一瞬で全く遠い場所に瞬間移動してもおかしくないわけですよね?

  82. 82. HT Says:

    またまたすいません。

    >>55で>>42さんに当てたレスの

    >それで、エゴというのは制限ですから、実際にはあまねくある充足を制限する形で知覚するように条件付けられている。

    というのは、
    本当は今と次の瞬間とで全く整合性のないかのような世界へシフトできるのに
    エゴの見解を採用していると、
    今と次の瞬間がつながっているようにしか知覚できない
    というような意味ですよね?

  83. 83. HT Says:

    またまたまたすいません。

    不安の現実化を防ぐ方法として、
    >>77で、
    >不安を感じることを思い切ってやめてみることです。
    それはあなたが敢えて自分を追い込んでやっていることなので、止めればすぐに止みますよ。
    で、その安心の地点から行動してみたらいい。
    そこでは見晴らしが良く、景観が冴え渡っているので適切な行動が取れますよ。

    といただきましたが、
    思えばこの場合の自分の不安の内容は自分には直接関係はない世界規模の出来事に関することなので自分の行動も関係ないんですよね。
    ということは単に精神的に快の状態にとどまってさえいれば
    現実化させずに済むんでしょうかね?

  84. 84. HT Says:

    108さん、あとどうもわからないのは
    108さんはエイブラハムの感情ナビゲーションシステム(イイ気分が願望が近付く目安)
    については結局正しいと思ってるのでしょうか?それとも当てにならないと思ってるんでしょうか?

    108さんの場合、ある所ではやはりイイ気分がいいと言ったと思えば
    ある所ではイイ気分じゃなくても叶うなんて言ったり
    正直混乱させられます。
    じゃあ結局何が願望実現に近付く目安で逆に何を遠ざかってる目安にすればいいんでしょうか?

  85. 85. HT Says:

    108さん、回答するのになんでこんな何日もあける必要があるのか?

    年内に新刊発売できなかったなら
    せめて回答ぐらいしてくださいよ!
    1日1回は見てください!1日1回も見る時間もないなんてそんなことあるわけがない!
    今の自分みたいに非常に切羽詰ってて焦ってる質問者もいることも考えてくれ!

  86. 86. HT Says:

    ちくっしょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

  87. 87. HT Says:

    108さんよー
    私はそうやってあなたにやたら回答を待たされることもストレスになってんだ!
    そしてそのために気分を調整することにも気を使ってるありさまなんだ!

    もうやめてくれよ!
    こんな本来全く要らぬはずの苦労をさせるのは

    そのためにも1日1回は回答するようにしてくれ!
    お願いだから全力でやってくれ!!
    全力を出してるなら1日1回も回答できないわけがないのだ!!!

  88. 88. HT Says:

    108さん、上では少々出すぎたことを言ってしまってすいません。

    実はつい先日、自らほぼ完璧に気付けた気がします。

    不安を実現させたくないということは
    別の言い方をすると
    まさに理想の状態を実現させたいということそのもの
    だということに。

    つまりメソッドをやるなら
    不安の現実化に身構えて立ち止まったりせず
    ひたすら何も考えずにやり続ければいいということなんですよね。

  89. 89. YASU Says:

    > 「既にある」のに自分の目の前にないのは何故でしょうか?

    本当は目の前にあるのに、見えていないだけです。
    本物の物質的な現実としてある、ということです。
    見えないのは、見ようとしていない=そっちを向いていないだけです。

    これよくわかんねー。

    物質的にあるなら、なんで触れねんだ? 
    五感で感知できねんだ?
    五感で感知してんだよ。

  90. 90. popomin Says:

    108さんこんにちは。
    またアドバイスが欲しいです。

    私の一番の願いは「理想の男性と結婚して専業主婦になること」です。もうかれこれ2年以上願っているのに一向に叶わず、無理なのかなと思い始めて落ち込みます。

    この間「金正日氏ね」とためしに意図したら2日後位になくなり、ある芸能人の不幸を願ってみたら、次の日叶ってしまいました。(人の不幸ばかり願っているわけではありませんw実験的にやっただけです)しかし叶わなかった場合もありました、でも偶然にしてはできすぎている事が何度かあり、自分が意図した結果なのでは?と思っています。

    どう考えても私の結婚より、難易度が高いことが叶っているのでこれくらい簡単に結婚も実現すれば良いのにと思うんですが、なかなかうまくいかず…
    執着度が高いのがいけないんでしょうか?
    リストアップ法というのを知り、理想の条件をリストアップしているのですが、かえってそれが執着につながっているのかもしれませんが、せっかく潜在意識を使うなら妥協したくないという思いもあり…

    その中の条件に「京都の人」とかも入っいて(私は京都に住むのが憧れなので)でもそんな人といるわけないし!となってしまいます。でも条件をはずすと「妥協して後悔したくない」となってどっちに転んでももやもやしますw

    1週間後に決定しているメソッドもやってみました。2,3日しか続かなかったんですけど(つい、まだかなと思ってしまいます)、なりきった直後は周りの空気感が変わったような感覚がありました。でも出会いはありません…

    いい加減さっくり叶えて、今の糞みたいな仕事から一日でも早く解放されて、好きな人と暮らしたいです。あと1ヶ月くらいで誕生日で焦っていますw正日があんなに短期間で叶うんだし、明日アメリカの大統領になれるなら、すぐに結婚も可能だと思うんですけど。

    どうしたらいいでしょう?
    期限付きとかだとやっぱり難しいんですかね?
    何かアドバイスが欲しいです。

    あと、現実化させるには「前もって、感情なりを先取りして経験すること」が必須なんでしょうか?

    特に正日のいない世界を前もって体験したりはしていなかったと思うんですが…

    長々とスイマセンでした。
    パラレル続編楽しみにしてます。

  91. 91. HT Says:

    108さん、前の回答からもう3週間も経ちますよ?

    いいかげんみなさんに回答してさしあげたらどうなんでしょう?
    もう諦めて見るのやめた人だってきっといますよ。

  92. 92. HT Says:

    108さん、またすいません。

    過去が変わる時って↓こんな感覚なんでしょうか?

    第2423話 同級生の記憶
    http://enigma2.ahoseek.com/?p=3113
    第2432話 姐さん
    http://enigma2.ahoseek.com/?p=3125

    もっともこれらの例では過去の記憶までは書き換わらずそのままなわけですが
    108さんからすると、こういう話も日常茶飯事って感じなんでしょうかね?

  93. 93. HT Says:

    108さん、またまたすいません

    理想と現実のギャップなんてよく言いますけど、
    極端な話、理想と思える部分だけが本物の現実だと思ってればいいのでしょうか?
    そう思ってれば過去の現実も理想に合わせてあっという間に修正されていくとか?

  94. 94. jun Says:

    108さん パラレルシリーズを発売していただきありがとうございます
    興味深く読ませて頂いております

    いつの間にか成りたい自分になっていてびっくりしている自分ですが、今思い出してみれば、こうなりたい理想像を設定していたのを思い出して、妙に納得しております

    最近はこう有りたいと設定して、その姿勢を崩さずに今を過ごせばそれは勝手に叶うような気がしているので、そうしております

    質問があります
    11ページで書かれている、貴方の属性が暫定的に確定される の暫定的とはどういうニュアンスなのでしょうか? その選択は決定まで保留という感じなのでしょうか、自分が撤回しなければその属性が自分の世界に反映?される感じ?

    初歩的なことで申し訳ありません

    もっと理想に近づいてもいいと思えるきっかけをくれた108さんには感謝しております ありがとうございます

Leave a Reply

i3Theme sponsored by Top 10 Web Hosting and Hosting in Colombia
http://www.ndesign-studio.com http://www.mangoorange.com