3.11 パラレル外伝「MONEY」!
4 月 04

出ました。
DEBUG2です。

DEBUG2

ご購入はこちらからどうぞ!

DEBUGには「裏DEBUG」という姉妹版がありましたが、今度の「DEBUG2」は正真正銘の正当な続編です。

DEBUGでご提案した「主へのリクエスト」は、多くの方にとって大変な抵抗があって、中々実行できなかったのではないかと思います。
どうやったらそれが実行でき、無限大の充足に与ることが出来るのか…
今回の「DEBUG2」には、その答えが書いてあります。

一言でいえば、

「もう不正プログラムがどうとか、気にしなくて良いよ」

という内容です。
(不思議と裏DEBUGにも繋がっています)

前作のDEBUGは、ちょっとばかり深刻で重い内容だったかもしれません。それもテーマ上やむを得なかったんですが…。
今回のDEBUG2には、それほどの深刻さはありません。
むしろ快く解放されるような内容だと思います。
いたずらに冗長にならず、無駄なく収まったかなという感じです。

ハッキリ言って自信作です。
ご感想をお待ちしています!

written by 108

11 Pings to “DEBUG2!”

  1. まゆ Says:

    −−−−−このコメントは管理者のみに公開されます。−−−−−

  2. 名無しにします Says:

    −−−−−このコメントは管理者のみに公開されます。−−−−−

  3. ヒデノリさん Says:

    −−−−−このコメントは管理者のみに公開されます。−−−−−

  4. ai Says:

    −−−−−このコメントは管理者のみに公開されます。−−−−−

  5. たろすけ Says:

    −−−−−このコメントは管理者のみに公開されます。−−−−−

  6. Says:

    −−−−−このコメントは管理者のみに公開されます。−−−−−

  7. ai Says:

    −−−−−このコメントは管理者のみに公開されます。−−−−−

  8. ai Says:

    −−−−−このコメントは管理者のみに公開されます。−−−−−

  9. ai Says:

    −−−−−このコメントは管理者のみに公開されます。−−−−−

  10. なし Says:

    −−−−−このコメントは管理者のみに公開されます。−−−−−

  11. たろすけ Says:

    −−−−−このコメントは管理者のみに公開されます。−−−−−


75 Responses to “DEBUG2!”

  1. 1. kono Says:

    自信作って言われてもな・・・
    しょせん、いつまでには返事するという自分の発言にも責任持てない人の自信だしな。
    どうせ今回も結局何も変わらない人ばかりなんじゃないのかな。
    本当に自信作なら、今この場でプレゼンしてくださいな。
    読んだ感想じゃなく読む前の感想で申し訳ないけど。

  2. 2. Says:

    私の承認されていないコメント‥DEBUG2の感想みたいになっていますね。
    ありがとうございました。DEBUG2も読みました。

  3. 3. Says:

    108さんの電子書籍、携帯からも購入出来るようにしてほしいです。
    お願いします。

  4. 4. yuki Says:

    こんばんは、はじめまして。
    うそです。全巻買ってます。

    まさかデバッグ2がで出るとは思っていませんでした。
    それにデバッグはためになったけどあまり良いイメージがありませんでした。

    でも今回は「ハッキリ言って自信作です!」とのことなので
    速攻買いました。買ってしまったと言うほうが正しいかも(笑)

    読んだ感想なんですが・・・

    裏デバッグには確か「108の著作の中でいちばん実践的な内容になっています」と
    書いてあったと思いますが、私にはデバッグ2が今まででいちばん実践的な内容でした。
    それは今までのいろいろな気付きなどがあったからか、どうなのかわかりませんが
    とにかくそう感じました。

    そしてもう一つ思ったのが
    108さんは質疑応答の中でよくシンプルすぎる回答をなさることが多いですが、
    なぜそんな形になったのかわかりました。

    108さんの本は全部面白かったけど
    これはなにか不思議な気持ちになりました。

    これを機に、もう108さんの本を買わなくてもすむようになったらうれしいな(笑)

  5. 5. Says:

    DEBUG2の、料理の例えを使わせていただくと、かつて私は「フレンチをオーダーしたのに、和食やイタリアンはくる!(美味しいけど)フレンチが欲しいのに!」という状態でした。和食やイタリアンも美味しい、でもフレンチはまだか!という心の状態でした。
    和食やイタリアンも、せっかく頂けるんだから、味わって食べたらいいですよね。フレンチも結局はくるんだから。

  6. 6. int529 Says:

    いつも楽しく読ませて頂いています。
    最近発行のペース早いですね!!

  7. 7. カギ穴 Says:

    新刊おめでとうございます、
    読ませていただきました、全巻も読んでおります。

    私はチケットで九死に一生を得ました、ありがとうございました。
    yukiさんもおっしゃってるようにDEBUG2がチケットに
    近い実践的な感じに私も思いました。とても良かったです。

    噛み砕かれて書かれており、文体もチケットに近いものでした。
    主のリクエストも良く理解できました。
    チケットや各本のポイントを実践していきたいと思います。

    これからの発刊も楽しみにしております、また
    各章にまとめとポイント、その使い方の
    手順(チケットのメソッド的)などを
    織り込んでもらえますとより、
    実践的になるのではないかと思います。

  8. 8. Says:

    幸せに実像を見ながら暮らしていたのですが、本当の神様にリクエストして、幸せな気分だったのに、偽物の神様にリクエストしたらくれるだろうな、と予想していた意地悪なギフトがまんま即日暗い部屋に到着してしまいました。物凄い嫌悪感が生じました。これは、神様にリクエストが届いているとしたら、意地悪なギフトではなく、本当のギフトが現実の世界で像をなす為に必要な「経過」という像なのか、投影だから、嫌悪感の生じる意地悪なギフトは無視して、実像を見続ければ良いのか。
    それとも、神様にリクエストが届いていないのでしょうか?
    本当の神様からの神様の「最良」なら、私は嫌悪感を感じるわけはありませんよね。。。

  9. 9. Says:

    答えは「嫌悪感を感じ切って、嫌悪感を感じても良い。
    さらにその出来事に対して、どこがどう、とか分析せずに、漠然とざっくり、よくわからなくても、根拠がなくとも「最良なんだ」と認定するだけでよい。
    そうすると属性は最良になる。最良なことしか起こらない。起こってない。と決める。すると、あとから根拠やら意味やらが知覚できる形でわかる。

    という感じでしょうか。自作自演申し訳ありません。

  10. 10. int529 Says:

    やはり認識の変更という事になるんですね。
    どうして、認識を変更すれば全てOKなのか理論的に理解できました。
    やっと、全てを手放し充足を見る決心がつきました!

  11. 11. 名無しにします Says:

    先日パラレル3のほうに書き込みをしたはずなのですが、反映されませんでした。念のため今後は自分でもログを取っておこうと思いました。

    DEBUG以降の作品で毎回思うのは「発行する前に誰かに見てもらっているのだろうか?」ということです。
    何かポイントがずれてるなあという感想です。
    パラレルも余計なおしゃべりや、くどいくらいの説明に何ページも使っていますが、個人的には全然面白くない部分なので、取消線を引いて二度と読まないようにしています。
    そうするとあら不思議、四分の一くらいしかページが残らないよ…?
    そしてこれも推敲して更に短くまとめることができるよ?

    DEBUG2も、余計な説明が多いように思いました。
    神の説明のくだりも、ウォルシュの著作を一通り読んだら当たり前の概念ですし、それを目新しいようなふりをして書かれても、今更何を?という感想です。
    強迫観念に晒される人物の信条描写も長ったらしいし、同じ事を繰り返し書くのも、親切を通り越してくどいです。
    あと、歩道の警告のたとえが分かりにくかったです。
    鍵穴のところも、くどいせいかなにか今イチです。
    変な比喩を使わないで、そのものズバリを書いてくれる書籍は他に良いのがあります。(最近のベストセラーにもなりました)
    108さんが自己満足として上記のように書きたいのであればブログで十分なのではと思いました。

    神に素直にリクエストできない人が多いのではなく、素直にリクエストしたにもかかわらず一向に(本願的なものが)叶わないので不安に戻る人が多いのだと思いますよ。自分が願うよりもっと良い物が届くはずなのに、と。

    ただ、私が個人的にこれまで読んできた他の書籍と合わせて理解が進んだせいかと思いますが、DEBUG2は今まで108さんが質疑応答などで話してきたことの意味を理解するのに役立つ書籍だと思いました。
    役立つという意味です。

    おそらくDEBUG以降に出した書籍の中では(108理解という点でですが)一番良い仕上がりなのではないかと思います。

  12. 12. 名無しにします Says:

    先ほどの投稿の下から三行目「役立つという意味です」は消し残しです。すみません。

  13. 13. mona Says:

    こんにちわ。いつも勉強させていただいています。
    私は復縁希望なのですが「あなたの最良」の部分が、怖くてたまりませんでした。他の人がいいとか言いだすんじゃないかと。でもそれは、私の傷つきたくないという恐れであり、どうせ叶わないのだから、傷つく前に諦めたい、という歪んだ願望があったことにようやく気付けました。
    現実の彼に接して傷つく事が怖くて、内面の世界に閉じこもっていました。今だに恐怖は全く手放せないのですがデバッグ2を読んでもう主を信頼してお任せすることにしました。
    パラレルも拝見し、色んなバージョンの彼がたくさんいるのだから、彼に固執しても大丈夫なんじゃないかと思いました。
    主よ、あなたにとって最良の彼と、あなたにとって最良の関係を私に与えてください。
    とお祈りしています。また報告にきます。

    ありがとうございました。

  14. 14. Says:

    ご報告
    先日本物の神様に祈ったのに、「偽物の神様からのギフト」が届いた、と書かせていただきました。「最良最良」としていたら、本当に最良でした!見た目は最悪ですが、かなりの量の気付きを得ることができ、驚いています。そして、現実は一部望んだようになっていないとずっと思っていたのですが、例外なく全てが望んだ通りになっている事に気付き驚愕しました。現実への認識も「望んだものである」に完璧に変更されました。もう主に任せてあるのでそれによって現実はどうなるかわかりませんが、ワクワクしています。私は一皮剥けた感じです。今は引き続き主の最良を望んでいます。個人セッションも楽しみにしています。
    たびたびコメントをし、申し訳ありません。

  15. 15. 感謝 Says:

    一連の作品を読んで、デバッグ2を読みまして
    非常に大きな気づきを得られました。
    今までの苦しみは何だったのかという気持ちです。
    108さんチケットから全く軸がぶれていないですね。
    なにがいいたかったのか今作でようやくわかりました。
    エゴはエゴとして認識するけども、
    それに修正をする必要もなく…
    うーん。今回の作品は自分にとって本当に大きな意味がありました。

    ありがとう。本当にありがとうございます。

    ひとりでも、このことに気づけたら素晴らしいですね!
    これからも頑張ってください。応援しています。

  16. 16. カギ穴 Says:

    前著群読み返してますが、DEBUG2凄いです。

    今まで分からなかった所がパズルのピースがはまるがごとく
    覚醒というか・・・目がパチパチと開いていく感じです。

    裏DEBUの赤ちゃんのハイハイと2の食卓でしかない部分は
    同じことなのですね・・・。

    ただ、「やる」ごちゃごちゃ(このように 笑)言ってるのが
    まさにバグってエゴってしっかり支えてる(笑)状態なんですね。

    108さんがわかりやすいように何度も角度を変えて
    提示されてるのがよくわかりました。
    釈迦の法華経での提示の仕方みたいで頭下がります・・
    ありがとうございました。

    急に各本が理解でき出したので驚きと感謝で2度カキコしてしまいました、
    そのこと考えても「チケット」は恐るべしですね。
    よくここまで到達されましたね!驚異です。

    瞑想によってクリアな状態にしてチケットの技使ってみようと思います。

    次作楽しみです。

  17. 17. Says:

    108さんがくる前に、聞きたい事思いついたら書いてしまおう…

    「神の最良」ってもしかしたらバグである私にとっては「悪い事」と判断するかもしれない事もおこるかもしれないけど、最良だから、最良たる所以を見つけられるという事なのでしょうか?

    そしてもう今、全てが最良なのでしょうか?

  18. 18. mona Says:

    108さんお疲れ様です。おこんばんわ!

    あれからビックリするくらいの自分への規制がうかび上がり、何でも許しました。
    質疑応答も何回も読み返しました。

    実は心は幸せでずっと満たされていました。上手く伝わらないかもしれませんが、片思いでも幸せ、と考えたり現実に心を合わせようとすると、とても苦しくなっていました。

    何々だから幸せ、や、何々でも幸せ。ではなく、ただ幸せ!と幸せを感じるだけでいいことがわかり、さらに楽になり、幸せ気分が膨らみました!

    しかも久々に彼への愛にも浸りだしました!

    現実とは関係なく幸せです。だからといって、復縁という願望を手放したわけではありません。復縁したいですw!

    現実を心に添うように変化させるのは主にしかできないから全託して、私は幸せに浸って自由に喜怒哀楽を感じていい。

    よくわからないのですが、そんな感じがします。

    デバッグ2の感想ではないのですが、デバッグ2を読んで心が幸せになれたので書き込んでしまいました!

  19. 19. ai Says:

    108さん、パラレル3もDEBUG2も読ませていただきました。
    どちらも、面白かったです。

    私は主よ~の言葉は、
    やはり「あなたにとっての」が一番引っかかっていました。
    でも、それはエゴの自分が想像できないくらい遥か無限大のものを
    受けとっていい、だからあなたにとってのなんだ、と納得しました。

    丁寧に説明してくださったおかげで、
    このアファをすると、胸の奥があたたかくなります。
    DEBUGのときもそういった感覚がありましたが、
    より深い感じです。

    しばらく、続けてみます。

    ところで、私も麒麟さん同様、お金というテーマに興味があります。
    「興味があって、場所も時間も自由にできる仕事」は手に入れましたが、
    お金は満足いっていません。
    普通に楽しく暮らせる分はありますが、私は大金持ちになりたいのです。
    チケットでたくさんのものを叶えてきましたが、
    お金はなかなか手ごわいです。いろんな観念がごっちゃにからまっていて、
    お金が出ていくときの欠乏感が自動反応になってしまっているんですよね。
    無限大の豊かさを受け取って、海外旅行や創作活動など
    好きなことをしながら生きたいです。

    108さんのお金についての本、期待しています。

  20. 20. 108 Says:

    DEBUG2、お陰様で大好評です。
    ありがとうございます。

    >>3. Pさん

    お使いの携帯から購入できませんか?
    比較的最近の機種ですと、ダウンロードと閲覧自体は出来るものが多いと思うんですが、既存の携帯機種全てに対応させることは難しいと思います。
    この辺はインテグレイテッド・インフォさんにご自身の環境をお伝えして要望を出してみるのも良いと思います。あちらでどこまで対応できるかは分かりませんが、PDFを閲覧できる機種なら閲覧そのものは基本大丈夫なはずなんですよね。

    ダウンロードについてはスマホでも失敗するケースがいくつか報告されているようです。私のスマホでも試してみましたが失敗しました(笑)。
    これについては対応していただけるように私の方からも要望を出していますが、なかなか原因の特定が難しいようです。
    ダウンロードが上手くいかない方には現状メールで送付するという形で対応されているようですが、タイムラグが生じますし、たくさんの方にそういう対応を行うというのは結構大変なことだと思います。

    ダウンロードが上手くいかないという方は、ご自分の機種やダウンロード環境など、出来る限り情報を提示した上で販売元のインテグレイテッド・インフォさんに要望を出すことが効果的だと思います。環境改善のためにご協力を是非よろしくお願いします。

    >>4. yukiさん

    いつもありがとうございます。

    > デバッグはためになったけどあまり良いイメージがありませんでした。

    そうなんですよね〜。
    ザ・チケットとDEBUGは表裏のような関係になっています。
    ですからDEBUGは言ってみれば「ザ・裏チケット」なんですね(笑)。
    チケットには明るい開放感があるのに、DEBUGにはどこか追いつめられるように感じるのはそのためです。

    以前LOAスレで究極の方法として「100%馬鹿になり神様にお願いする」をご紹介したとき「やはりこれはまだ早かった」と思って撤退しました。
    多くの方のご指摘にもあるように、DEBUGはこの究極メソッドの完結編という位置づけでした。

    そこでまず必要だったことは、普段から無意識に活用している「偽物の神」という充足を遮断している概念を浮かび上がらせて、それとしっかり向き合うということでした。
    ですから多くの方はここで二の足を踏むことになったかと思いますが、これも必要なプロセスだったのです。
    ただし、その間においても充足を経験することを保留する必要はないので「裏DEBUG」という作品を書きました。DEBUG2を読むと分かると思いますが、裏DEBUGで提案した方法はDEBUGと矛盾するどころか驚くほど一致している事に気が付かれるはずです。裏もまた真なりなんです。

    かつてLOAスレで「あなたにとって神とはどういったものですか?」と私がアンケートを採ったことをご記憶の方もいらっしゃると思いますが、結果的にあのときの問いかけは今回のDEBUG2という解決編への伏線だったということになります。

    > 私にはデバッグ2が今まででいちばん実践的な内容でした。
    > それは今までのいろいろな気付きなどがあったからか、どうなのかわかりませんが
    > とにかくそう感じました。

    これはここまでのプロセスがあったからこそなんですね。
    いきなりDEBUG2を出したとしても、そういった気づきは得られなかったと思います。
    これもLOA時代からよく言っていることですが、やはり実践ありきなんです。いくら優れた内容のことが述べられていたとしても、それによってその人の中で余計な観念や思い込みが解除されなければ、単なる字面だけの慰み物になってしまいます。
    DEBUG2でそういう気づきが得られたのは、皆さんが長い時間をかけて真摯に自分の観念と向き合い、丁寧にクレンジングを行ってきた結果なんです。
    私が何故シンプルすぎる回答をすることが多いのか、その理由が分かったのもyukiさんがそれが分かる地点に移動したからなんです。

    > これを機に、もう108さんの本を買わなくてもすむようになったらうれしいな(笑)

    そんなこと言わないで買い続けてくださいよ〜(笑)。
    これからも、もっと面白い作品をどんどん執筆していきますので。

    >>5. 紙さん

    > 和食やイタリアンも、せっかく頂けるんだから、味わって食べたらいいですよね。フレンチも結局はくるんだから。

    そうです。

    「なんだよイタリアンじゃんか。望んでいるのと全然違うよ」

    と感じ続けていると、望んでいるのと全然違うものしか運ばれてきません。
    つまり「望んでいるフレンチは運ばれてこない」ということです。
    この矛盾が解消されたら、事は至ってシンプルなんですね。

    >>6. int529さん

    今回のDEBUG2は、特にパラレル4の発表前にぜひとも理解しておいてもらいたい部分でした。
    パラレル4もこれまでになく実践的な内容になる予定です。お楽しみに。

    >>7. カギ穴さん

    いつもありがとうございます。
    ご指摘を参考にさせていただきます。

    DEBUGはチケットと裏の関係だと言いましたが、DEBUG2は逆にチケットと近いですよね。そう感じられた方も多いと思うんですが、結局出口は一緒だということなんです(笑)。
    DEBUG2については実践は簡単だと思うので、ぜひ実践して充足を経験してください。

    >>8. 紙さん

    それは大変ですね…と思ったら>>14で、

    > 「最良最良」としていたら、本当に最良でした!
    > 例外なく全てが望んだ通りになっている事に気付き驚愕しました。現実への認識も「望んだものである」に完璧に変更されました。

    素晴らしいですね。まさに完璧です。

    > 私は一皮剥けた感じです。今は引き続き主の最良を望んでいます。

    よかったですね。主へのリクエストが正しく実行されたら、それがあなたにとっての最良なる充足として現れることを経験できたのは非常に大きいです。
    文字通り「一皮剥けた」わけです。立ち位置が変わったのです。
    ここが変われば後は驚くほどスムーズですよ。楽しみですね。

    (>>14で解決されたようなので>>9への回答は割愛させていただきます)

    >>10. int529さん

    決心がついて何よりです。
    躊躇するのを止めて、思い切って飛び込んでみること。
    それが全てです。思ったほど悪いことになんかなりゃしませんよ。

    >>11. 名無しにしますさん

    おかしいですね。問題ないコメントは承認しているはずなんですが…。

    実は、この「ブログ・ザ・チケット」はコメントにスパムが物凄く多いのです。
    そのほとんどは海外からの機械的なスパムのようなんですが、毎日半端ない量が来ています。
    こうなることは事前に分かっていたので、このブログを開設する際にコメント欄はあらかじめ承認制に設定してあります。

    これらのスパムは手動で削除していくので結構大変な作業なんです。その中から皆さんのコメントを抽出していくわけですので、ひょっとしたらその際に誤って削除されてしまった可能性もあります。
    そうでしたら大変失礼いたしました。

    コメントを掲載せずに削除するケースは、上述したスパムや明らかに悪意ある内容のもの、煽りとしか受け取られないものです。
    コメント欄は承認制ですので、これに該当するものは当然の事ながら私の方で掲載を見合わせています。ご承知おき頂きたいと思います。

    ご意見ありがとうございました。参考にさせていただきます。

    > おそらくDEBUG以降に出した書籍の中では(108理解という点でですが)一番良い仕上がりなのではないかと思います。

    私も書いている最中に(本当言うと執筆前から)相当な手応えがありました。ですから胸を張って「自信作です」と書いたのです。
    別の他の書籍は手を抜いているというわけではありませんが、執筆時に書きながら段々とそういう手応えが確信に変わっていくことがあって、そういうときはやっぱり読んだ方も高く評価してくださいます。チケット執筆の時もそういう手応えがありました。

    内容に関しては個人的趣向もあって好き嫌いも分かれると思いますが、どの書籍も狙いがあって全力で執筆していることに代わりはありません。
    (パラレルだけはシリーズものなので他の著作と作りが違うというのはありますが)

    共通しているのは、どの書籍も読む方の実質的な利益になって欲しいという思いで執筆しているということです。要するに役に立って欲しいわけです。
    今後もこの部分だけはぶれないと思いますし、質の高い作品を皆さんの元に届け続けていきたいと思ってます。

    >>13. monaさん

    >> デバッグ2を読んでもう主を信頼してお任せすることにしました。

    良いですね。それが良いです。

    >> 色んなバージョンの彼がたくさんいるのだから、彼に固執しても大丈夫なんじゃないかと思いました。

    これもニュアンスの問題なんですが「固執しなくて済む自分」を選択すると良いですよ。
    すると彼の方から自然にあなたに寄ってくるような感じになります。
    (ニュアンスでご理解下さい)

    嬉しいご報告をお待ちしています。

    >>16. カギ穴さん

    > 今まで分からなかった所がパズルのピースがはまるがごとく覚醒というか・・・目がパチパチと開いていく感じです。

    今回は特にそういう部分が大きいかなと思います。
    DEBUG2は内容として非常に具体的な印象を持たれた方も多いと思いますが、それもここまでのプロセスがあればこそです。ここまで填めてきたその他のピースがあったからこそ、持ってるピースを填める位置が初めて判明したというかね。

    >>17. 紙さん

    > 「神の最良」ってもしかしたらバグである私にとっては「悪い事」と判断するかもしれない事もおこるかもしれないけど、最良だから、最良たる所以を見つけられるという事なのでしょうか?

    その判断は誰がしているのでしょうか。神ではありませんよね。
    それはバグが行っている活動です。充足を受け入れることを保留するためにやっている単なるディレイに過ぎないんです。

    ですから本当は「神の最良」=「あなたの最良」なんです。
    この二つに齟齬はないということに気付くのがDEBUG2の主旨です。
    そうなれば、バグがひっきりなしに行っている判断活動などどうでもいいという立場と状態になります。

    >>18. monaさん

    おこんばんは!

    > あれからビックリするくらいの自分への規制がうかび上がり

    ここが重要なんです。
    DEBUG2でも書きましたが、普段はそんなことしているなんて気が付けないわけです。だからそこに気が付いたということは、規制を解除する準備はもう出来ているということなんですよ。

    > 現実に心を合わせようとすると、とても苦しくなっていました。

    ここも重要。
    あべこべなことをしようとしているから苦しくなっちゃうんです。
    本来は現実の方が心に合ってくるんです。それも勝手にです。
    「現実はあなたの内面を100%完璧に反映している」というのはそういうことです。

    > 何々だから幸せ、や、何々でも幸せ。ではなく、ただ幸せ!と幸せを感じるだけでいいことがわかり、さらに楽になり、幸せ気分が膨らみました!

    これも素晴らしいですね。気づけた人のコメントは自然と引用箇所が多くなりますね。また引用するだけで事足りるので楽です(笑)。

    > 現実を心に添うように変化させるのは主にしかできないから全託して、私は幸せに浸って自由に喜怒哀楽を感じていい。

    これも引用で充分。その通りですよ。

    >>19. aiさん

    > 丁寧に説明してくださったおかげで、このアファをすると、胸の奥があたたかくなります。

    それがサインですね。リクエストが正しく実行されているということです。

    > 「興味があって、場所も時間も自由にできる仕事」は手に入れましたが、お金は満足いっていません。
    > 普通に楽しく暮らせる分はありますが、私は大金持ちになりたいのです。

    一般的な常識では「興味があって、場所も時間も自由にできる仕事」を手に入れるだけでも困難なのに、その上「普通に楽しく暮らせる収入」まである。

    充分贅沢と言われてもおかしくないですよね。
    でも私はそうは思いません。aiさんはご自身が仰るように大金持ちになって然るべきだと思います。
    というか、ならなきゃおかしいんですよ。

    「興味があって、場所も時間も自由にできる仕事」も「普通に楽しく暮らせる収入」も手に入れた人が、どうして大金持ちにはなっていないのか。

    何がそれを止めてるのかって話ですよね。おそらくパラレル4の後ぐらいになると思いますが、今度出す予定のお金に関する著作はそういったところが中心の話になると思います。

    引き続きご感想をお待ちしてます!

  21. 21. たろすけ Says:

    感想ではなく申し訳ないのですが、うちは余命宣告をされた末期がんの患者が身内にいるので、病気をテーマにした書籍(ブログでも良いので)文字数は少なくて構いませんので、出来ればかなりの安価でだして頂ければありがたいです

    なにかと治療費がかかってるもので・・・。

    また、そろそろチケット2を、これも文字数は少なく、よりシンプルに簡潔に要点だけを書いものなら、1000円くらいで出せると思うので、頑張って欲しいところです

    色々と予算に問題がありまして、個人的な意見で申し訳ないのですが

  22. 22. ひつまぶし Says:

    こんばんわ!デバッグの大ファンです。
    以前から神のような偉大な存在にもう全て丸投げ出来たらという思いがあり、デバッグの主へリクエストするだけというシンプルな内容も良くて、まさに自分にとってバイブルのように感じています。また、IT関係の仕事をしているため、所々にでてくるIT用語が個人的にかなりツボです(^-^)/
    主へのリクエストをなんとかモノにしたく、デバッグ2も即買いしました。前作で神の最良、パーフェクトな充足って具体的になんだ?もしかして、清貧的な意味合いなのかな?と少し気になっていたのですが、その疑問が今作で見事に解消されました。
    ただ、何と言いますか、リクエストした際にどうも手応えがないというか自分の内面に動きがないのです…。フェーズ3を繰り返し読みリクエストの正しい意味を頭に入れているつもりですが、108さんが上でおっしゃっているように字面だけを追う感じになってしまっています。やはり余計な制限、観念が邪魔をしているのでしょうか?
    質問になってしまい申し訳ございませんm(_ _)m

  23. 23. Says:

    >>24 たろすけさん

    108 質疑応答(勝手に引き継ぎ版?)に、「家族が病気で破産寸前」な方からのご相談と108さんの答えがありますよ
    お辛いでしょうが、きっと力になるかと。
    他にも病気の相談が数件ありました。答えは全て同じでしたよ。

  24. 24. たろすけ Says:

    >>紙さん

    ありがとうございます。
    読みましたが、セドナは苦手なんですよね・・・。

    今思うと、実践方法よりも、ただ勇気を貰える言葉が欲しかっただけかもしれないです。

    DEBUG2とは関係のない話をしてすみませんでした。

  25. 25. Says:

    >>27 たろすけさん

    不安になったって、心配したっていいんじゃないでしょうか。
    人間だもの。でも、安心したり、ほっとしたりもしていいんじゃないでしょうか。
    何かを見たり聞いたり想像したりして、一喜一憂するのではなくて、そういうものがあろうとなかろうと、ほっとしてもいいんじゃないかなあ…と思います。
    辛くて悲しいから、安心したりほっとしたりしてはいけないわけではないし。
    手放せなくても、安心できないわけではないし。
    どうかたろすけさんが、安心に包まれますように。
    現実はおいておいても、お辛そうだから。
    こちらも関係ない書き込み失礼しました。

  26. 26. 小宇宙 Says:

    108さん
    「主よ、あなたにとっての最良をお与えください」
    はあえて言葉に出さなくてもいいんですよね?

    別の言い方をすると、
    特定の願望への執着を捨てて、ただ快に浸ってればいい
    みたいな意味ですよね?

  27. 27. わっちゃ Says:

    初めまして、デバック2読みました。これは、個人的には今までの108さんの書籍の中で一番好きですw

    デバックを読んだときには、「うーん…これはちょっと…」となかなか実践できませんでした。
    しかし、デバック2ではなんだか嬉しい気分で言えてしまいますw「なんかもう、お任せしちゃおう」な気分になりますw(たまに引き戻されますが…)

    今、私は直結を実践してるのですが、直結は今叶ってるじゃないですか?だから「神よ、あなたにとっての最良を与えてくださって感謝します」とかのアレンジアファをやってますが、どうでしょうか?

    あと、「神よ、あなた…」とリクエストすること、つまり実像側に鍵を渡してあけてと頼むこと。
    これはチケットで言うところの「エゴとは別の領域」に願望を引き渡すと同じ意味なんでしょうか?

    私はチケット方式だと手放せませんwが、デバック2の方式だと「自分は無理なんで、よろしくw」な気持ちになりますw

    訳のわからない文章で申し訳ないですが、お返事お願いします。

  28. 28. 北極星 Says:

    DEBUG2即効買い読んでみました。

    パラレルは頭がついていきませんが、これは簡単でいいですね。神の実像に関する文章を繰り返し読み、それを意識しながらリクエストを唱えています。そうすると素直にリクエストできます。
    私、と言った途端に不正コードがビシバシくっついてくるのがこのDEBUG2でよく分かりました。

    分からないのはポジティブシンキングの部分です。

    ここで言うポジティブシンキングとは、ブログの「別の領域に対する誤解」の現実を再定義するにあるような、一見すると不足を感じるけど着眼点を変えると充足が見えてきますよ、ということを言っているのでしょうか?

    それとも、DEBUGで言うところの、奇跡を見るということでしょうか?
    「私は孤独だけども金銭面は充実している。だから金銭面を見て充足を感じよう。」みたいに、人生の中でうまくいっている面を見るということでしょうか?でもこれだと孤独の部分を無視していることになるのでは?と思ってしまいます。
    不幸や不足、憎しみが幻想だとはとても思えません。完全なる充足しかないなんて思えません。

    ポジティブシンキングへの取り組み方についてもう少し詳しく知りたいです。

    それにしてもDEBUGを実行するとは一体どういうことなのか。私はDEBUGが発行された時に実行ボタンを押したと思ったんだけどな。

    パラレル4も楽しみにしています!4はより実践的であることを望みます。結局は実践しないことには気づきは得られませんから。

  29. 29. Says:

    108さん

    アドバイスありがとうございました。

    神様の最良をお願いして、二回目のミサイルが打ち込まれました。
    前回よりも最悪最低です。(バグより)

    嫌な事を嫌だと思う事を許し、嫌なんだから仕方が無い、と解放された幸せな気持ちでいました。

    次の瞬間目の前でその嫌だと思っていたことがおこりました。

    動揺し、また幸せな気分に浸り3時間後。また、その嫌だと思っていたことがおこりました。

    ありえなさ過ぎて、驚きと動揺です。

    バグは最悪だと決めつけたかったのですが、よく見たら変な気持ちでした。ディレイするとはわかっていても、分解してみました。

    表題は、「嫌だと思っていた事とがおこった」なのですが、繋げて考えず、バラバラのピースに分解すると、嫌だと思っていた事と、叶って欲しかった事が混ざっている。とても叶って欲しかった事の片鱗と、愛さえ見える。

    想像や分析を除き体験した事だけでピースの数を数えたら

    叶って欲しかった事の方が嫌だと思っていた事より、その出来事内での数が多い。

    完璧に最悪ではなく、完璧に最良でもない、ミックス。むしろ嫌なピースの方が少ない。が、冷静な判断でした。

    凄く変です。チグハグなんです。

    でも嫌な事はものすごく嫌なので、悲しくて辛いのですが、いくつかの願いが叶ってとても嬉しいのです。

    しかも予想外のあり得ないシチュエーションで起こったため、キツネに摘ままれた気持ちと、現実はこれからどうなるの!とワクワクした気持ちもあります。

    また報告にきます。

  30. 30. Says:

    長々と申し訳ありませんでした。うまく言えないのですが、凄く嫌なラッピングをされていて開けたら嫌なものもあるけど、欲しかったものもたくさん入っていた。何でこのラッピングなのか。欲しかったものの中に何故嫌なものがあるのか。と考えたら苦しかったのですが、欲しかったものは素直に嬉しかったし、全て神様に任せてあるので、ありがとう、でいいか、と今は思っています。もしかしたら、今は嫌で大嫌いなラッピングも好きになるかもしれませんし。何年も現実が動かなかった私にはこの数日で、ミサイルが打ち込まれたという事は、DEBUG2があっていたのだと思います。ワクワク。

  31. 31. Says:

    もしかしたら、すごく嫌だ嫌だと思い、現実化を恐れていた嫌な事が、神様に容赦なく現実化させられたところをみると、(バグ)の嗜好は関係なく、ただ、その嫌なことも含め、最良だからおこった。というだけなのかもしれない、と思いました。最良をお願いしたのだから、最良以外のはもはや起こらないのかもしれません。

    これは嫌だあれは嫌だと思って現実化を恐れていようが、起こってほしいとワクワクしていようが

    最良な事は起こるし、そうでない事はもう起こらないのかな。

    となるとビクビク怖がることはアホらしい。
    最良かどうかは、バグには判断しかねるのだから。
    というわけで、今回のミサイルもよくわからないけど、最良なんでしょう。

  32. 32. akepon Says:

    108さん、こんにちは。
    以前、パラレルが出された時に、母の健康のことでアドバイスをいただいたものです。
    おかげさまで、脳出血の原因ともなっていた”超”がつくほどの高血圧(200くらいです)が、正常になりました。もう何年も、薬をいくつ増やしても全く効き目がなかったのに・・・です。今では薬の量も減り、このまま行ったら薬は全然要らないのでは?とさえ思います。
    そして、腰痛などはあるものの、以前と比べたら本当に精神的に明るくなったと思います。このまま、本当に健康な母を選択し続けていきたいと思います。
    実は、もう一つ選択がうまく行った事がありました。母の健康の相談をした頃、私の仕事上のボスが、非常識極まりない行動を取っていまして、社員が皆唖然としていたのですが、108さんの「他人の状況を含めた自分の世界は選択できる」という言葉を思い出し、「私のボスはとても良識ある人だ」と認定しました。ついでに、「私をとても評価してくれる」とも付け加えておきました。
    これはもう、1-2週間で結果が出ました。私の仕事に対する熱意の低さ(=重願望の要度の低さ)のおかげだと思います(笑)。元々、同年代の平均より高いお給料だったのですが、突然、年初でもないのに昇給したんです。数万円。そして、「すごくよくがんばってくれているから」ということで、4月の昇給も数万円。「他の人よりかなり多いので、口外しないで」とまで言われました。もちろん、ボスの行動も以前とは比べ物にならないくらい常識的になりました。
    あとは、恋愛だけなんですよねぇ・・・。何かアドバイスいただけたらうれしいです。好きな人には、パートナーがいます。私の気持ちは伝えていません。そして、滅多に会えません。いわゆる引き寄せを知る前は、好きという感情を抑えられなくて、とても苦しかったのですが、パラレルワールドを知ってからは、つき物が落ちたかのように、その人を想うとただただ幸せな気持ちになるようになりました。あまり情熱的な感情にはなりません。一緒にいられたらいいなと思います。仕事一筋とまでは言いませんが、それに近い生活をしてきたので、結婚しておいしいお料理を作ったり、家の事をして愛する人と暮らしていくのが夢なのです。
    あ、相談してしまいましたが、もちろんパラレル以降の本、全部読んでます。DEBUG2はいいですね。読むと安心します。もう4-5回読みました。確かに私もゆがんだ神様像を持っていたなぁと思いました。パラレル続編、楽しみにしてます。
    いつも長くてすみません。これでも短くしたんですよ~(泣)

  33. 33. mona Says:

    108さん!おこんばんわ!

    嬉しいお言葉、ありがとうございました!

    彼に固執しなくても済む私、になる。

    ニュアンスは伝わりましたが、私はなる、だと力が入りそうですし、彼を大好きなのですが、今固執しているかしていないかわからなかったので、主に、なれますように!とお願いしました。

    そうしたら、とある事がきっかけで、彼と付き合いたい!という気持ちが薄れ、仲良くなりたい!という気持ちに変わりました。

    もしかしたら今彼に復縁を申し込まれても、保留し、まずはお友達から!と言ってしまいそうです(笑)!

    あんなに今すぐにでも付き合いたかったのに。

    これと、固執しなくて済む、が結び付くかはわかりませんが(笑)。

    今は彼ともっともっと仲良くなれますように!とお願いしています。

    まわりの皆がどう思おうと、元々仲良しだとは思っているのですが(笑)。

  34. 34. Says:

    何回も申し訳ありません。減点法も改めて読みました。最良である。完璧である。こそ、直結であり、先取りであり、私がギフト内の嫌いなものも最良や完璧を認めることで、はじめて、それらが完璧や最良になる(主がしてくれる)。最良で完璧たる所以がバグにもわかるのは、今かもしれないし、のちのちかもしれない。完璧で最良の属性を与えてやるのは魔法みたいですね。私たちができるのは、属性を与えてあげるまで。あー不快だった。でも、完璧で最良。私の元にきてくれてありがとう。と今は思っています。

  35. 35. まくま Says:

    DEBUG2拝見しました。
    すごくよかったです!

    3度ほど読み返し
    気になったところを手帳に書き写したりしています。
    まだ鍵は渡せていない…かな(^_^;)

    あの部屋の例えがすごくわかりやすかったです。
    壁の穴、あれが本当の神と繋がっている臍の緒に思えました。
    今生きている世界に充足が存在していなかったら
    きってこうして生きていることすら出来ないでしょう。

    そこそこ恵まれた生活ができているという充足は
    私のバグの極厚フィルターをかい潜って届いている
    主の強い愛・思いなのかな〜なんてさっき思いました。

    極厚に育ててしまったバグフィルターのせいで
    神と私には少し距離があって
    願いを言ってもすぐに返事は届かないのかも知れないけれど
    でもきっと繋がってるんだと思えました。

    焦らずに少しずつ充足を受け入れていきたいです。

  36. 36. mona Says:

    108さん!おこんにちわ!

    わかった!わかりましたよ!

    先日頂いたアドバイス!

    私は付き合いたいな。私だけを見てほしいな。という気持ちの裏に、私以外と付き合ってはいけない。私以外を見てはいけない。という条件付けがあったんです!付き合う=私以外と付き合ってはいけない=私以外を見てはいけない。でしょっと当たり前のように!

    これが固執ですね!!

    でも、私以外と付き合ってはいけない!私以外を見てはいけない!って思っている状況って、私以外を見ている、私以外と付き合っている、もしくはその恐れがある、可能性がある、ということ。

    逆に私以外と付き合ってはいけない、と思わなくてもいい。私以外を見てはいけない、と思わなくてもいい状態は、思わなくても済む状態!であるということ。

    私以外を見ていい!とは思えないけど、私以外を見てはいけないと思わなくても大丈夫なんですね!ホッとしました。

    パラドックス!素敵なアドバイスありがとうございました!

    気付くのは楽しいですね!

  37. 37. mona Says:

    わ!すぐ承認して下さって、ありがとうございました。

    ふと、すべてが叶った私って何を考えているんだろう、と思ったら。

    現実に起こっていることに感謝して、うまくいっている事に感謝して、現実の完璧さに圧倒されて。

    毎日あー幸せ!幸せ過ぎるヽ(´▽`)/!!!彼が大好き!

    と思っていると思いました。

    実は、現実の内容は違えど、ほとんど内側は今こんな状態です。

    このまま行きたいです。

  38. 38. mona Says:

    大切な事を書き忘れました!

    叶った私は、あー幸せ!と思いながらも、もっと幸せになりたいなあ!彼に会いたいなあ!彼から連絡がきたらいいなあ!

    と、今と変わらない願望も持っていると思います!

    どなたかが、願望なんてない方が幸せ?と質疑応答でおっしゃっていましたが、叶う叶わないを考えずに、ただ、何々だといいなあ!と考えると、凄く幸せでキラキラした気持ちになります。

    何々だといいなあ!は、パワーをくれているのかはわかりませんが、うまくいえませんが、大切なものなのだと気付きました。

    108さんが読んでくださるかも!と、たくさん気付いた事を書き込みました!

    ありがとうございました!

  39. 39. popomin Says:

    108さんこんにちは。

    とても面白かったです。

    ところで、「純粋な願いを発する」ていうのは、前にデバックか何かで書いていた「純粋にいいなと思うことをイメージしたり思考する」っていうエイブラハムのやつと同じようなことなんですかね?

    実はそのメソッドをやっていたらなんだか、その願いがものすごくつまらないものに思えてきて
    「叶っても大して嬉しくもなんともない。思うほどのものじゃないよ。手に入っちゃえばつまらないものだよ。」という感じで
    全く願望にワクワクしないし、
    「叶ったらがっかりする。想像の中ではいくらでも素晴らしいものとして妄想できるけど、現実に叶っちゃえばたいして素晴らしいもんじゃない」というような考えを持っていることに気がつきました。

    「憧れている分にはいいけど、叶ってしまうとその憧れが壊れる。」
    という感じです。

    もう何年越しかの願いなのでつまんなくていいから、叶って欲しいんですけど、どうしたらいいでしょうか?

  40. 40. Says:

    108さん、3つ目、4つ目、5つ目の最悪なミサイルが連続してきました。最良なのかもしれませんが、バグが最初からミサイルだと思わない最良がきてもいいのに、パターン化されている気がします。最初ミサイル、あとから最良だとわかる、というパターンが。別にいいのですが、疲れました。バグも最初から最良だと思える主の最良も、求める事にしました。

  41. 41. Says:

    もしかしたら、「嫌だ」と「最良」を「嫌だけど最良」と、繋げているのかもしれませんね。全く別の話なのに。

  42. 42. 困りました。 Says:

    困りました。

    ペイパルで決済後にダウンロードページに行ったのですが、
    ブラウザがクラッシュしてしまい、ダウンロードページのurlが
    わからなくなってしまったため書籍のダウンロードができません。

    インテグレイテッド・インフォ宛てに決済内容のメールを転載して
    待っていればいいのでしょうか?

  43. 43. 困りました。→解決しました。 Says:

    42です。

    インテグレイテッド・インフォより連絡があり解決しました。

    早速製本して読んでみます。

  44. 44. Says:

    嫌な事が起きる、と、叶わないをイコールにしていたかもしれません。

    嫌な事を無くす=叶う、と条件付けをして、嫌な事を支えていたかもしれません。

    嫌な事がある、ない事と、叶う叶わないは全く別だと思ったら、嫌な事が怖くなくなりました。

  45. 45. Alexis Says:

    最近108さんのことを知ってザチケットを読みたいと思っても、海外からはアク禁のようででじたる書房では買えないです~涙
    海外在住の方にも買えるようにしていただけたらなと思います。

  46. 46. Says:

    ただの報告なのですが、「嫌だ」という気持ちも「嫌だ」と思っている対象も、実はいい事かもしれない、と視点を変えてみています。思い込ませている、上から気持ちを押さえつけているわけではありません。
    嫌だと思っている気持ちを尊重しつつ、向きを変えている、という感覚です。無意識に嫌だ、嫌な事だ、ダメだ、ダメな事だ、と分類している事が多い事がわかりました。DEBUG2を読み返し、もしかしたら出来事だけでなく、感情さえも神様からのギフトであり、いい感情はもちろんのこと、不快な感情を感じる事さえもいい事、最良なのかもしれない、と今思っています。

    不快な感情、望まない感情さえも、いい事なのだ、幸せだ、最良なのだ、としてしまったら、どうなってしまうのか。実験中です。また報告に来ます。

  47. 47. 僕も困りました・・・ Says:

    ペイパルページでブラウザがフリーズしてDLページへいけなくなってしまいました。。。
    インテグレイテッド・インフォ様あてにメールしたのですが・・・
    早く読みたくて、不安です。。。

  48. 48. Says:

    何度も書き込んでいる紙です。
    何度も何度もミサイルが飛び込んできて、最悪から最高に持ってきていて疑問を感じていました。108さんからアドバイスを頂けたら、と思っていましたが。

    DEBUG2を読み返し、「神の最良」を誤解していました。
    「神の最良とは、バグである私もいずれは最良だとわかるけど、判断不可能なもの」と決めつけていました。

    そうではなく、「神の最良とは、神の喜び、祝福である。神の最良とは、バグである私が大喜びする事。幸せを感じ、十分に充足を味わう事。欲しい物を与えるのは当たり前で、それが最高の形、状態で不足、不備なく与える事。」

    欲しい物の欲しい形を望まない形に崩される事が嫌でした。でも、最良なんだ、と。神が与えてくれた物だから、間違いない、バグがバグっているから最良に見えないんだ、と言い聞かせていました。

    神は万能なのに何故?という疑問がありました。
    万能ならば、形をバグ如きが望んでいない物にわざわざ変換する必要もなく、最初からわかりやすい形にだってできるし、その方が嬉しいのに、と、思っていました。

    改めて、神様に、最良を与えてもらいます。

    108さん、新作でお忙しいかと思いますが、たまに来ていただけるのを楽しみにしています。

  49. 49. Says:

    なので、
    神様、主よ、あなたの喜びをお与えください。」と、文言を変えました。守られている感じがします。
    最良だと、有限な感じがして、抵抗がでてしまいました。

    あなたの喜びをお与えくださいに文言を変えて、良かったのでしょうか?

  50. 50. Says:

    連投申し訳ありません。
    「神様、主よ、あなたの喜びをお与えください」と唱えると、ニヤニヤが止まらなくなりました。
    そして、「あなたの最良をお与えください」と言っても、抵抗はなくなりました。

    私が喜んだり、とても満足したり、かなりの幸せを感じる事が神様、主の喜び、と、いうことがわかった今、神様への信頼の度合い、愛情、安心感が違います。

    最良に抵抗があったのは、まだ神様の無償の無条件の愛を信用していなかったからかもしれません。

  51. 51. カギ穴 Says:

    DEBUG2を読み出してから、あれほどチンプンカンプンだった
    トランサーフィンやエブラハム本の最初のやつ(訳がわかりづらい)が
    玉ねぎの皮が剥けるようにスパスパ理解できるようになった。

    そしていかにチケットが珠玉なのかもわかった。
    パラレルラインが変わったり、不正プログラムから外れて
    別の領域に入った時の安心感、空気感まで変わるというか・・
    目の前のことはそのままにもかかわらず・・。
    「最初からそこにあった」というか・・・。主を垣間見たというか・・。

    2,3現実もかわりました、彫刻家が木を見て
    その中にある像(本質の部分、本来の自分、主・・)が見えて
    彫り出すだけ、というのがよくわかります。
    もっと確証した経験を積んだらご報告します。

  52. 52. Says:

    体験談を書かせていただきます。
    神様に、神様の喜びをお与えくださいとお願いしたら、大切にしていた物が壊れました。修理は不可能で、新しい物に取り替えるしかないと言われました。そこで、ああまたか、結果新しい物になって良かった、と思うかもしれないけど、今までのこれがいいんだ!私の選択通りで最高の物が欲しい、新しい物に取り替える事は私の意向にそっていない。と思いました。私が喜ぶ事が神様の喜び、と考えると無償の愛に包まれるので、暇があれば神様に喜びをお与えくださいと呟いていました。
    次の日、驚くべき事になおっていました。

  53. 53. Says:

    ようは、穏やかに幸せであればいい。というより、それが本来の姿で当たり前の事。現実を見て不足や不満を見つけたところで、ただ願いがはっきりするだけ。ただそれを下さい、と、純粋に祈れば良いだけ…。叶って欲しいと思うので、叶っても叶わなくても良いとは思えないけれど…叶わなかったら嫌だとは、いちいち考えなくなりました。しばらく連投申し訳ありませんでした。
    気づく度に報告したくなってしまいました。
    直った大切な物、それはそれで大切にし、新しいものの購入も視野に入れました。両方手に入れられそうです。

  54. 54. Says:

    神様に最良をお願いする。→不正プログラム内で像をなすから大なり小なり湾曲。(現実で近い体験をする、との記述から)→湾曲を不足ととるか、湾曲はしているが、像を充足ととるか。という感じでしょうか…?湾曲を嫌がり、不正プログラムを解除しようと躍起になる必要はない、という事でしょうかね…?

  55. 55. Says:

    今の心持ち、認識は、「神様は完璧な、私が望む最良を与え続けてくれている。不正プログラム内で、多少変形して私に届いている。その変形をなんとかして排除さはたり、完璧なものにしようとする必要はない。変形していないものを願ったっていい。神様は常に常に最良を与え続けてくれている。ただ、不正プログラム内で変形するだけなのだから、変形して欲しくない部分の変形を逃れたものが、現れるのは当たり前だし、変形したものが現れるのも、当たり前。」という感じです。

    神様は常に最良を与え続けてくれていたのすね。
    変形は、神様が行っていたことではない。
    ビーフストロガノフをオーダーした。
    何故かカレーがきた。
    カレーは美味しくいただきつつ、またビーフストロガノフをオーダーしたらよい。

    怒ってカレーを投げつけて、ビーフストロガノフを注文しただろ!と、怒鳴りつける必要もない。
    ビーフストロガノフを諦める必要もない。カレーを楽しむことと、ビーフストロガノフを諦める事はイコールではない。無関係。

    カレーを運んできた人は、悪意も何もない。カレーを押し付けているわけでもない。ビーフストロガノフをお皿に乗せたら、カレーになってしまっただけだから。
    ビーフストロガノフが、ビーフシチューになるかもしれない。ビーフストロガノフがくるかもしれない。
    いちいち投げつけて怒鳴りつける必要は無い、来たものを頂きつつビーフストロガノフをまた頼めばよい。」

    という感じです。DEBUG2を何度も読んで、読むたびに認識が変わり、毎回わかった、と思いますが、毎回新たな発見があります。

    今は、神様は既に与え続けてくださっていたんだ、という安心と、愛に包まれています。

  56. 56. Says:

    とすると、願いは本当に叶っている。変形しているだけ。変形がどこかしら生じているけれど、叶っている。
    気付いてお腹の底から笑いました。これからも、ドシドシ叶っていくと思います。気に入る変形だったものを、願いが叶った、と言っていただけでした。過去、願いがかなったと言っていたものも、例外なく変形して届いていましたから。拍子抜けです。おかしい。

  57. 57. Says:

    あと、不正プログラムの属性は不完全だから、願いが全て不正プログラム内で変形するわけではなく、変形する場合と変形しない場合がある、というわけですね。
    とにかく、どんどん楽に、軽やかになっています。

  58. 58. Says:

    >>52の紙さん
    その壊れてなおったものって一体何ですか?

  59. 59. Says:

    DEBUGも購入して拝見してみました。
    相当な拒絶反応で、苦しく悲しくなり、三回目でようやく全部読めました。
    DEBUG2を読んで得て、意気揚々と書き込んだ認識は間違えだったのか、と混乱し、またDEBUG2を読み返しました。
    恐怖の正体は、叶う前に神様によって、願望自体を消失させられるのではないか、という恐れだと気付きました。
    神様に委ねたら、キャンディを与える形で充足を与えてくれるか、私の思考を操作し、キャンディを与える前にキャンディへの興味、愛を取り除かれる、というカタチで不足を取り除くという方法の2種類を施してくるのではないか、いらなくなれば無くても不足は感じない、いらないのだから…。
    そんな風に騙されるのではないかという恐怖が浮かび上がりました。
    そんな風に私自身が欲しかったものが手に入らなかった時、対処して、不足を感じないようにしてきた事を思い出しました。そして実際に不要になり、手に入らなかったり入ったりもしました。不要なので受け取りもしなかった。それは充足ではないし、私の喜びではありませんでした。まだまだ神様の完全性、無償の愛、私が喜ぶ事、幸せに満ち溢れる事が神様の喜びで、そのために常に与えてくださっている事を信じ切れていないようです。
    ニュアンスの問題かもしれませんが、「不足を取り除く、不足を感じない、不足がない」が、イコール「充足」ではないですね。
    ある、が充足で、神様。

  60. 60. Says:

    >>64 髪さん

    説明が難しいのですが、簡単に言うと形見の精密機械です。専門店に修理を依頼したのですが、部品がもう作られていない事と、どうやら改造されていたらしく、修理の為に何か施したらもうもとの外見には戻らない事を説明され、手の施し様がなく、祈る他ありませんでした。

  61. 61. Says:

    >>64 髪さん

    まだ模索中で、先日DEBUGを読んだのですが、この願いが「月末まで30万が入りますように」というものと「キャンディをください」というものと、どちら寄りなのかもわかりませんし、そもそも、この二つの違いが明確にはまだわかりませんし、DEBUGできていなくても、だだ漏れの実像に触れる事ができるので、それかもしれません。

    私の願いは最初なおって欲しい、というものでしたが、そもそも、故障がおかしい、という気持ちが強くなりました。

    所謂一般的なポジティブシンカーなので、壊れた事がショックだったのですが、最初はもう手放せ、という事かな、とか、今は辛くても、これで良かった、と思えるようになるかな、とか考えていましたが、DEBUG2を何度も読み返し、そもそも故障したとしても、今まで通りでいいのではないか、辛いこと、今回でいう故障自体そもそも起こらなくて良いのではないか、という気持ちになりました。そこでキャンディをください、と言ってみたところ、全く変化なしでした。でも、なおって、また使えたらいいな、新しいものも大切になるかもしれないけど、これはとても大切なものなの、と考えながら寝たところ、朝起きたらなおっていました。

  62. 62. Says:

    今回大切なものが直ったのですが、私の世界には充足も不足もあります。やっぱり、目の前の現実が、充足のみな世界を見てみたいです。

    不足を感じている事柄、状況に関して、「我慢しなさい、これは神様があなたにとって充足だと思って与えたものなんだから、充足だと思いなさい。」

    と思っていました。

    不正プログラムがある、と思うと、逃げ道になります。
    「その実像は充足で最良なんだけど、不正プログラムのおかげでグニャグニャに原型がわからないように歪められているから不足に見えるね、仕方が無いね。」と逃げられます。

    不正プログラムとは持ちつ持たれつで、今不正プログラムがないと言われても、私は困ります。不足に見える現実は、なんの言い訳もなしには充足には見えないから。
    逆にあってくれて、ありがとうと感謝しています。

    充足が増えて、不足をあまり感じなくなってきたら、そんな逃げ道、言い訳が必要なくなるのかな、と思っています。

    不正プログラムなんてないんだよ!と、焦らずに、不正プログラムに甘えて、ゆっくり頑張ってみます。

  63. 63. Says:

    いいのかわかりませんが、不正プログラム内には、充足と不足が混在しているので、まるごとこの状況は不足だ、と決めつけた状況を独立したミクロ単位にわけたら、本当の充足も混ざっていました。完全なる不足はあり得ないですから、当たり前かもしれませんが…

    自動的な仕分けを鵜呑みにしたらわからないところでした。
    DEBUG2の実像の立場でのポジティブシンキングの仕方がイマイチまだ理解できていませんが、不正プログラムを逆に利用して充足を肯定し、状況を独立したミクロ単位に分解し、独立した充足を確認していきたいと思います。

  64. 64. Says:

    「神様、主の最良をお与え下さい」は、唱える度に、無条件の愛で愛されている事を思い出させてくれ、不正プログラム内にいるのだと、不足はそれによる酷い歪みだと、原型の実像の属性は充足なのだと、思い出させてくれます。

    また、予想だにしなかった、完璧としか言えない充足の出来事があり、その完全性にも驚いています。
    その出来事に不足はなにひとつありませんでした。

  65. 65. yuki Says:

    こんばんは。不正プログラムです。

    何故か思い立ってデバッグを読み返してみました。(2じゃ無い方です)
    そしたらとてもスーっと入ってきました。
    最初読んだ時は堅苦しいイメージで、リクエストの言葉ぐらいしか心に残らなかったんですが、今日読んだら最初とは全然違うイメージでした。
    ホント、違う本を読んだみたい。
    デバッグ2を読んだ時と似たような感じがしました。

    いや、今は最初のデバッグのほうが自分的に良い感じです。
    もしかしたらいちばん好きかも(笑)

    なんだか不思議なものですね。

  66. 66. shred Says:

    108さん、こんにちは。
    デバッグ2を読んでリクエストして、やりたい事をやってる毎日です。
    今日ふと、お風呂に入ってる時「もしかして科学者とかが自然の中から薬とかの為の未知の成分を発見したり、色々な発明とか世の中にはあるけど本当は全てそろっているからこそ、その成分とかを発明できたりしてるのかな。だとしたら自分が望む現実もそれと同じように本当は既にあるから自分がそれを選んでそれを見ようとすればいいだけなのかな。」って思いました。
    そんな感じなんでしょうか?

  67. 67. 108 Says:

    ご無沙汰しました!
    回答が予定より遅くなってすみません。

    >> 21. たろすけさん

    病気をテーマにしたものですか。
    病気をテーマにしたものは出す予定はありませんが、健康をテーマにしたものなら出すかもしれません。
    もし出たら、その中で病気についても触れると思います。

    出るとしてもまだ先になりそうなので、ここでちょっと書いておきます。

    「余命宣告」って一体なんなんですかね?って話です。

    一般的な解釈だと、その患者さんに対する担当医の「(現在の病状を踏まえた上での)あとどのくらい生きていられるか」という見解、ってなところになるんだろうと思います。
    で、これに従う必要が果たしてあるのか?ってことなんですよ。
    私はそんなもの大胆に無視すりゃいいと思ってます。

    医者から余命宣告をされると、まるで最後の審判が下されたように絶望する人が多いと思うんですが、そんなもの全くアテになんてならないというのが私の経験上の見解です。

    私の周りでもそういった「もう駄目だろう」という病状の方が何人もいましたよ。
    で、その方々はすっかり病気が治って今でもピンピンしています。

    これは何度も書いてきたことですが、そこで私が何かした訳じゃない。私は何もしていないんです。
    私がしたことといえば「自分の中の心配をすっかり手放した」だけです。

    これはホ・オポノポノやセドナに通じる部分かもしれませんが、注目して欲しいのは、ここでその「余命宣告された人」が何かしたわけではなく、あくまでも私が自分自身の心に働きかけたところです。

    私が自分自身の問題として対処したということですね。

    もっと言えば、働きかけたというよりは原因を取り除いただけ。つまりはその「病気だと認定している自分の部分」を手放した、ということです。

    今すぐにそういうメンタリティになれと言っても中々難しいと思いますが、これは構造が理解できたら難しくも何ともないことなんですよ。

    たろすけさんは、まずはその「身内の方の病気」が、自分の手に負えない別の個体における解決不可能な問題ではなく、あくまで自分自身から投影されているものであって、たろすけさんの中の投影元が消えれば、それに伴ってそれも消えるのだということを理解してください。

    理解できなくても良いので、まずは考慮してみてください。

    で、手始めとして次のように力強く宣言してみてください。

    「大丈夫!!」

    根拠は要りません。無根拠なこのあなたの認定によって全てが変わり始めるのです。

    >>23、25の紙さんからも愛に満ちた暖かいレスがついていますね。
    嬉しいご報告をお待ちしています。

    >> 22. ひつまぶしさん

    > リクエストした際にどうも手応えがないというか自分の内面に動きがないのです…。

    必ずしも内面で手応えを感じる必要はありませんよ。
    主へのリクエストは、言ってみれば別の領域に「あとよろしく!」と手放すようなことですから、内面で何か感じなくてもむしろ自然なんです。

    自分の範囲外に手渡すような感じでやってみると良いですよ。
    その時、その範囲外を充分に信頼できていれば安心感とともに手放せるでしょう。
    手放せなければ「実像としての神の文章」を繰り返し、じっくりと唱えてみることです。

    >> 26. 小宇宙 さん

    ちょっと違いますかね。
    言葉に出さなくても良いのはその通りなんですが、

    > 特定の願望への執着を捨てて

    別に特定の願望に対する執着心を捨てなくたって良い。

    > ただ快に浸ってればいい

    ただ快に浸っていれば「何が」良いんでしょうか?

    ひょっとして小宇宙さんは、主へのリクエストを「何らかの方法論」のように捉えられているのではないでしょうか?
    主へのリクエストは「何かを実現するための方法論」ではなく、実像と直接繋がる実行部分なんです。
    で、その中には特定の願望実現もちゃんと含まれている。

    ここを理解せずに「単に何らかの方法論に過ぎない」と捉えてリクエストを行っても意味がありませんし、効果も期待できないでしょう。

    逆にこれを理解して実行することが出来たなら、特定の願望を実現したいという純粋な想いは保持したままで、執着心が自動的に外れる状態になる。
    快に浸ろうと思わなくても、快に浸っている状態に「勝手に」なる。
    難しいことではないんです。最初のところで間違わなければ何の造作もない至って簡単なことなんですよ。

    何か難しく取り組んでいるなと感じたら、それは間違っています。それは前を向いたままで首を180度ねじ曲げているような状態です。
    もしそうなら、楽にそっちが向けるようにシンプルに体の向きを変えてみてください。

    これが「意識の移り」ということです。繰り返しますが、難しいことではないんですよ。

    >> 27. わっちゃさん

    ありがとうございます。ちゃんと集計を頂いているわけではありませんが、デバッグ2はおそらくチケットの次くらいにたくさんの方に読んでいただいているようです。

    > 「神よ、あなたにとっての最良を与えてくださって感謝します」とかのアレンジアファをやってますが、どうでしょうか?

    直結状態なら「神よ感謝します」だけで良いように思います。
    このとき最良であることと既に直結されているわけですから。

    > あと、「神よ、あなた…」とリクエストすること、つまり実像側に鍵を渡してあけてと頼むこと。
    > これはチケットで言うところの「エゴとは別の領域」に願望を引き渡すと同じ意味なんでしょうか?

    同じです。
    わっちゃさんのやりやすい方法でどうぞ。

    >> 28. 北極星さん

    パラレルは既存の概念を広範囲に撹拌する必要があるので、ああいった構成と内容になっています。
    当たり前と認識している部分を混乱させるのが一つの目的なので、頭がついてこないくらいでOKなんです(笑)。
    その点DEBUG2は至ってシンプルなのでスッと入ってくると思います。
    アプローチとしてはチケットと非常に近いですね。

    ☆ポジティブシンキングについて。

    DEBUG2でのポジティブシンキングがそれまでのものと大きく異なる部分は、実像としての神に立脚しているということです。
    これは平たく言うと、

    「敢えて物事に好意的な面を見いださなくても、物事の実像は本来全て好意的なものである」

    ということです。
    北極星さんの挙げた例に沿って説明すると、

    「私は孤独だけども金銭面は充実している」

    ではなくて、

    「私は金銭面は充実している」

    です。
    北極星さんが知覚しているこの部分は、実像と一致している本当の経験ですよ、ということです。
    このとき「私は孤独である」というネガティブシンキングを敢えて付け加える必要はないわけです。
    これを付け加えているということは、

    「私は孤独である」

    という虚偽の認定がまず第一の前提におかれているということです。

    「私は孤独である。が、(だけれども)金銭面は充実している(のでそっちを見よう)」

    ということな訳です。
    この場合、立ち位置は「私は孤独である」です。そこから首をねじ曲げて「金銭面は充実している」を強引に見ようとしている、ということです。
    こういった従来のポジティブシンキングが完全なる充足を構成しないことをDEBUG2で指摘しました。

    DEBUG2におけるポジティブシンキングとは、

    ・「私は孤独である」は実像と異なるので実在しない。つまり錯覚である

    ・「私は金銭面で充実している」は、私が充足を経験し、感じているという点で実際の経験である。また実像としての神の意向とも一致しているので、錯覚ではなく実際の有様である

    ・したがって実像と一致した観点で見れば「私は金銭面で充実している」が、私が着目すべき唯一の方向である

    ということです。
    ここでは「私は孤独である」という認定は(北極星さんが未だそう感じていたとしても)実像に照らし合わせて潔く除外することが出来る。
    その認定は所詮錯覚に過ぎないので、敢えて取り合う必要はない、ということです。
    北極星さんは、

    > 不幸や不足、憎しみが幻想だとはとても思えません。完全なる充足しかないなんて思えません。

    というように、虚像の方を強力に支持することになっている。未だ錯覚を錯覚として捨てきれないので、こうした「実像に根差したポジティブシンキング」がどうしてもしにくいんだろうと思います。

    充足というのは本来全面的な形で現れてくるものです。というのは、それは神からもたらされるものであるので、条件付けや制限が不可能であるからです。
    したがって、

    「私は金銭面で充実しているが、人間関係では孤独である」

    或いは、

    「私は人間関係は充実しているが、経済面では貧困である」

    こういった状態はおかしいということです。
    本来あり得ないんです。
    では何故そのあり得ないことが起きているように見えるのか。
    その人の認定によってです。

    「私は孤独である」
    「私は貧困である」

    これらは客観的に自らの現状を分析した結果のもっともな判定のように思えるけど、本当はこの判定によってその状態を経験することになっている。
    表現を変えれば、そのあり得ない認定によって本来届いているその面の充足を自ら遮断する格好になっている。

    だからその方向からの充足を経験したければ、あなたが今行っている、その方向に対する「歪んだ認定」を今すぐ取り下げることです。

    錯覚に注目し続けることを止める、ということです。

    ではこのとき何が拠り所になるかといえば、あなたが実像を経験している部分、この場合で言えば「金銭面が充実している」というところですね。
    そっちに注目するということです。

    それでこういう癖がついてくると、あなたが不足を感じていた部分についても充足を感じる経験が増えてくるし、これまでも受け取り続けていた充足についてもっと敏感に知覚できるようになるんです。

    「あれ、今日は昨日ほど孤独感を感じなかったぞ。皆と楽しくお喋りをして連帯感を感じた」

    とか、

    「あれ、孤独だと思っていたけど案外そうでもなかったじゃん」

    とか、

    「良いなと思っていた異性と話すキッカケが出来たぞ。この分だと仲良く慣れそうだ」

    といった経験が知覚の中に入ってくる。
    これらはあなたが錯覚を支える認定を取り下げ、単に実像の方を向いたから経験できてくることです。
    それまで「孤独だ」という認定によって障壁を作り、その部分からは光が差し込まないように敢えて抵抗していたことが、実像と合致した経験に興味と関心を向けることで無抵抗になったから、勝手に差し込んできた実像の光なんです。

    ポジティブシンキングの復権とはこういう事です。
    それは、不足を感じている部分に敢えて好意的な解釈をする事なんかじゃなく、その不足だとしている認定そのものを潔く取り下げるということなんです。
    取り下げるためには、その不足と感じている部分と取り組むのではなく、充足を感じている部分、つまり実像の光が差し込んでいるところに興味と関心を向ける、ということです。
    そうすれば不足に対する認定は自動的に取り下げられる。

    > 私はDEBUGが発行された時に実行ボタンを押したと思ったんだけどな。

    実行ボタンは既に押されています。プロセスについてはさほど気にしないで、むしろ楽しむ立場を取ってみれば良いですよ。

    > 結局は実践しないことには気づきは得られませんから。

    これもその通り。今後は実践的な作品をどんどん執筆していくつもりです。どうぞお楽しみに!

  68. 68. 過去変えたい! Says:

    過去を変えたい理由?

    すでに向こうで言った通りだよ

    過去を変えられることがちゃんとわかった方が
    何度失敗しても大丈夫と思える
    後悔などしなくて済むってもんじゃねーか

    現に
    あのときこうなってればよかったなーと
    残念に思うことが山ほどあるのももちろんのことだ
    ホントに1つ1つ挙げてたらきりがないほど山ほどあんだ!

    そして
    そのモヤモヤがパラレル4でやっと解消されると思って
    3か月も待った挙句の
    まさかの順序変更
    このがっかり感と憤りと言ったら、それはそれはもう尋常なもんじゃないがな!

    とりあえず教えてくれよ!
    過去の変え方の基本を

    たとえばマイケルジャクソンを生き返らせるには
    どうすりゃいいんだよ?
    これは必ずしも生き返ることそのものに意識を向けなくても
    ただ全く関係ない別の充足に注目してるだけでも
    生き返らせることはできるわけか?

  69. 69. なかみち Says:

    どうも108さんに聞きたい事があります。

    まずはじめに生きてりゃ色んな思いがけないことってありますよね?
    例えば「好きな人から告白された」「理想の人から声をかけられた」とか・・。
    まあ自分の場合、指で数える程度なんですが、そゆ現象も自分で創造したのは分かります。しかし、何が作用してこのような現象が起こったのでしょうか??
    まず、「告白される「声をかけられる」予想もしていなかったし、イメージもしていなかったし、意図というのでしょうか「オレモテル!!!」とかアファってたわけでもない。また「なる」とか「なりきり」とかもやっていたわけでもない。まず「声をかけられるオレ」になる! とか「告白されるオレ」になる! とかイミわかんないし、むしろそれをやれ!と言われてもオレはたぶん出来ないでしょう。まあ引き寄せ的、チケ的、「神よ私に告白されるという経験をおくれ」とかのアプローチもしていないし、勿論現実的行動をしたわけでもない。「オレに告白して下さい」「オレに声をかけて下さい」なんて言ったらむしろ嫌われるだろうし(笑)

    だのになぜ、、このような現実が創造されたのでしょうか???

    質問2です。
    多世界がある事はわかるのですが、そこからこの肉体で経験出来るというか選べる世界(?モニタを選ぶ?)のはひとつですよね? あれはどうやって選んでいるのでしょう? 無意識的な事も含まれてるのかな・・・。何故このような疑問が湧いたかというと、またまた異性の話になりますが
    好きな女性に告白した→返事は?→チクタクチクタク(返事待ち約何秒〜)→
    「いいわよOK!」または「ごめんなさい」がありますね。で、このチクタクの待ちの間に完全に完全に「OK」と思っていてもダメな時はあるし、逆に完全に完全に「ダメだろうな〜オレなんて・・・」なんて弱気に思っていても「OK」という時もある。「ダメな世界」「OKな世界」をどうやって選んでるのだろう? という疑問からです。思考では真逆の事を考えていたのに・・「オレ」の予想も想像もしてない事が起きたときに意図は誰がしてるんだ? となります。で、「あなただ」と言われても、オレは予想もしてないし、むしろ逆の事を思ってたくらいだぜ!という時もあります。だからこういう上記の事があると、よくLOAでも「思考」「感情」が現実を創造する!とは言うが、オレの「思考」とか「感情」とかをやっぱ無視して現実は創造されてないか?? と思ってしまうのです。ここの真相をご教授お願いします!!108さん。

  70. 70. 北極星 Says:

    108さん、病み上がりにもかかわらずご回答いただきありがとうございました!
    ポジティブシンキングのところがよく理解できずにいましたが、今回詳しく書いていただいたお陰でどのように実践すればいいのか分かりました。
    108さんはDEBUGで神は部分的に存在することはできないと仰ってましたが、そういうことだったんですね。
    この分野は上手くいくけどこの分野は昔から上手くいかない、なんてジャンル分けするのはエゴである私ですもんね。

    私はいつも新刊を楽しみにしていますが本1冊書き上げるのは大変だと思いますので、ご無理のない範囲で活動してください。

    応援しています!

  71. 71. 108 Says:

    こんばんは!
    新刊「MONEY」が大好評のようで、ありがとうございます。
    この「MONEY」はパラレル新章への橋渡しともなっている作品です。
    これ以降に発表される私の著作は、皆さんの認識を新たなステージへと加速度的に押し上げていくものになると思います。
    是非お読み下さい。

    >> 68. 過去変えたい! さん

    板チケでパラレル4を散々熱望されている方ですよね。
    ちょっと順番飛ばしになりますが、先に回答させていただきます。
    タメ口なんで私もタメ口で良いかな。

    > 過去を変えられることがちゃんとわかった方が
    > 何度失敗しても大丈夫と思える
    > 後悔などしなくて済むってもんじゃねーか

    君は何度も失敗して激しく後悔しているという事かな。
    それで過去を書き換えてやり直したいというわけだ。

    過去を書き換える方法は至って簡単だ。
    後悔するのを止めるのだ。今すぐにだ。
    そうやって君が、

    「失敗だった。やり直したい」

    と想い続けている限り、君はその過去をいつまでも強力に支え続ける事になる。

    「過去を今すぐに変えたい!そのためには、その方法が書かれているはずのパラレル4を少しでも早く読まなくては!」

    君はそう考えて催促し続けているから、「過去を変える」という望みから却ってどんどん遠ざかる事になっているよ。
    端的に言おう。
    過去を変えるためには、その過去にこだわる気持ちを今すぐに捨て去る事だ。
    逆説的かつシンプルだが、これが答えなのだ。

    「そんな事出来るわけねーよ!」

    と君は言うかもしれない。
    しかしそれが出来ない限り、君が自分にとっての不都合と考えているその過去を変える事は出来ない。

    「パラレル4でそのための方法が述べられてるんなら、とっととパラレル4を出してくれりゃ良いじゃねえか」

    君はそう言うかもしれない。
    しかし方法だけ教えても君はそれを活用できないだろう。
    実際にもここまでのパラレルにも、そのヒントは無数に出てきているよ。
    でも君はそれを知覚できないでいるんだろ?
    偏執的にまで思い詰めたその焦りが、君を盲目にさせているのだ。

    それで、パラレルがああいった(君を焦らせる)回りくどい構成になっているのは、それを可能にするためには読んでいる人の中で認識の変更が必要とされているからだ。
    これを意識の移りと言ってもいい。
    それなしで方法だけ知ったところで、その方法には何ら実効性が伴わない。つまり意味がないのだ。

    君が何度も何度も急かしているのは「そうしないと自分はピンチなんだ!」と繰り返し訴えかけているわけだ。
    君のエゴがだ。
    このエゴの範囲内にいることでは、何も可能にする事は出来ない。これは散々言ってきたとおりだ。

    エゴの範囲内から、エゴにとっての不可能を可能にしようなど、狂気の沙汰だ。

    そしてそれは不可能だ。私がこれまで繰り返し述べてきたのは、エゴとは別の領域を活用する方法だ。なぜなら、それしかエゴにとっての不可能を可能にする術などないからだ。

    だから君はエゴの働きと距離を置けるようにならなくてはいけない。
    君は余りにもエゴのリクエストに応えすぎだ。
    そしてそれでは、いつまで経っても君の望みである「過去を改変する」ということは不可能の領域に留め置かれたままなのだ。

    板チケに連投された君自身の書き込みをじっくり読み直してごらん。
    あれはエゴの働きそのものだ。
    あれほどエゴの活動がハッキリと表現されているものは珍しい。
    内容も表現も頻度も、どこをとってもエゴそのものだ。
    ここまで純度の高いエゴの表現というのには、お目にかかろうと思ってもそうそうお目にかかれるもんじゃない。

    だから、君はそういう認識で自分の感情を扱ってみると良い。

    「おお、この激しく破壊的な感情の状態がエゴの働きなのか」
    「こうやって俺をいっそうの混乱に陥れようとしているのがエゴなのだな」
    「そして俺をますます目標から遠ざけようとしている犯人そのものが、このエゴなのか」

    といった風にだ。
    そうやって君がエゴの活動と距離を置けるようになってくるに従い、君の望む過去改変の方向性に君はどんどん近づく事になる。
    今のままでは、たとえパラレル4やその続編で過去改変の重要なヒントが更に核心に迫る形で述べられたとしても、君はそれに気付かずスルーしてしまう事になるだろう。
    エゴの盲いた目では、実像側の法則は知覚できないからだ。

    まずはそれを認識すべきだ。

    「俺のやっている事は過去改変からますます遠ざかる事なのだ」

    という事をだ。

    ※以下雑談

    > たとえばマイケルジャクソンを生き返らせるにはどうすりゃいいんだよ?

    「マイケルジャクソンが生きている」と知る事だ。

    > これは必ずしも生き返ることそのものに意識を向けなくても

    「生き返る事」に意識を向ける事では、マイケルジャクソンは生き返らないよ。
    「生き返る事に意識を向けない」事にしても同じだ。
    「生き返る」が前提では、既に誤りが挿入されていいるからだ。
    早い話が、生き返るためには死んでいなくちゃならないからだ。
    「死んでいる」という事が前提では、それはエゴの錯覚内でエゴ側から実像を操作しようとしているような事なのだ。

    > ただ全く関係ない別の充足に注目してるだけでも
    > 生き返らせることはできるわけか?

    「全く関係ない別の充足」って何?
    充足に、

    「これとこれとは関連性のある充足」
    「これとあれとは関連性がない別々の充足」

    なんてものはないんだよ。
    充足というのは一つの様子だ。
    つまり全て繋がっているのだ。
    神というのは完璧な充足であり、その表現されたところのものだ。
    すなわちその属性はたった一つだという事になる。
    属性が等しいという事なら、それらは全てイコールで結ぶことが出来る。
    だから充足とは一つの様子なのだ。

    それが大きいものや小さいものや別のものとして知覚されているのは、一つの様子に自らの障害物を利用して、敢えて屈折した像を造り出しているだけなのだ。
    そして、それらを個別のものとして扱おうとしているのは、エゴの仕分け作業に過ぎないのだ。つまりは捏造だ。

    相対化、二元化、分割化…

    これらは全てエゴの罠だ。
    つまりそこに正解などない訳なのだ。

    別の方法も述べておく。

    「マイケルジャクソンは生き返らない」

    こうやってすっかり諦めてしまう事だ。
    これによってエゴは「もはやどうやってもコントロール不可能だ」という事を知り、自ら握りしめていたその願いを手放す事が出来る。
    しかしそのままでは、エゴの幻想内での「マイケルは死んだ」という事実は固定化されて覆らない。
    ではどうすればいいのか。

    「マイケルジャクソンは生きている」

    こう認定する事だ。
    「私たちの想い出の中で」という意味じゃないよ。
    「実際に、物理的に生きている」
    という実像に基づいた事実の方を支持してやるという事だ。

    どちらにしても、最終的には実像を支持するという事にしかならない。
    しかし大部分では錯覚の方を支持している現状で、ピンポイントに望んだ部分にだけ錯覚に風穴を開けるというのは至難の業だ。

    だからこそ意識の移りが必要なのだ。
    「今すぐに」マイケルジャクソンを生き返らせる事は難しいかもしれないが、君の認識が相当程度変更されていけば、それに連れてその可能性はどんどん高まっていくだろう。
    もちろん君の世界の中での話だ。

    例えば、君の好きな誰かが今にも死にそうだとするよ。
    今ここで君に出来る事は、

    「その誰かの死はない」

    と断定する事だ。
    君がそれを得心していてもいなくてもだ。
    今の段階で君に出来る事はそれだけだ。
    たとえ状況が君にとってどのように見えていようが、実像と一致した真実の方を採用するしかない。
    君がなんの証拠も後ろ盾もなく、能動的それを支持するしか君に出来る事はない。

    根拠なんか要らない。方法なんて必要ないのだ。

    「主(神)よ、私が不都合と認識しているこの状態を、今すぐに修正してください。
    私が支えている錯覚を、そちら側から解除してください。
    そして主のお与えになっている実像を私に知覚させてください」

    こうやって丸投げしてみると良い。
    君が偽物の神に対して祈るのでなければ、この祈りは効果的なはずだ。
    焦り、いらつき、恐怖…これらは全てその「偽物の神」から来ているぞ。
    そこを見抜くべきだ。
    それが見抜けたら、穏やかな気持ちでこのリクエストを本当の神に対して出す事が出来る。
    焦りなしでだ。やってみろ。

    >> 29. 紙さん

    たくさんのご質問をいただいているので、総合的にお答えしたいと思います。

    > すごく嫌だ嫌だと思い、現実化を恐れていた嫌な事が、神様に容赦なく現実化させられたところをみると

    キツイ言い方ですが、もし本当にこういった認識なら、紙さんはデバッグやデバッグ2で書いた事をちっとも理解していない事になります。
    理解していないだけならまだマシですが、これだと全く逆の方向に誤解しています。

    それを現実化させているのは神ではありません。本文でも書いてますが、神はそんな能力はハナから持ち合わせていないのです。
    「嫌な事が現実化した」というのは紙さん自身が生じさせている「錯覚」なのです。

    で、最良とは文字通り最良です。
    エゴにとって最悪な事が、神からすると最良である(からそれが起こった)という事はあり得ないのです。

    単純にこう覚えておいてください。

    あなたにとっての最良は神から来る
    あなたにとっての最悪はあなた自身の捏造である

    この認識に立てば、あなたが「ウワッ最悪だ」と感じたとき、それが自分の創りだした幻想であるというにその都度気付く事が出来る。
    それで、知覚していない実際にある充足の方に意識を向け直す事が出来る。
    そうすれば充足を知覚できる可能性がぐんと高まる。

    あなたは自分が現実で経験する出来事を「これは最良かどうか」と絶えず判別しようとしている。そこには「最悪なものが来てもらっては困る」という恐れがあり、そのせいで2発も3発も最悪なミサイルが連続して打ち込まれるような現実を経験する事になっている。

    そういった事を経験したくないのであれば、その判別作業自体を止めてしまう事です。

    「本当は酷くびくびくしていて防備を固めたいが、神の思し召しなら受け取るしかないので、厳粛な気持ちで神の審判を待つ事にする」

    といった実像に対する真反対の姿勢を持ち続けるのを止めてください。

    …と過去の紙さんに回答しましたが、>>48でこの勘違いは是正されたようですね。

    > 「神様、主よ、あなたの喜びをお与えください」

    これで良いですよ。このリクエストが自然な形で出来るようになったという事は、紙さんの認識が正しく修正された事を意味しています。
    だからその後、

    > そして、「あなたの最良をお与えください」と言っても、抵抗はなくなりました。

    となったのです。

    > 私が喜んだり、とても満足したり、かなりの幸せを感じる事が神様、主の喜び、と、いうことがわかった今、神様への信頼の度合い、愛情、安心感が違います。

    こういうことですね。
    で、それに得心したので、

    > 大切にしていた物が壊れました。修理は不可能で、新しい物に取り替えるしかないと言われました。
    (中略)
    > 私が喜ぶ事が神様の喜び、と考えると無償の愛に包まれるので、暇があれば神様に喜びをお与えくださいと呟いていました。
    > 次の日、驚くべき事になおっていました。

    このように奇跡が起きた訳です。
    実像と一致したときに流れ込む充足とは、これほどまでに明確なんですね。

    >>53以降の紙さんのコメントは、見事に認識の変更を現していますよ。
    >>56なんて秀逸です。まさにこれ!といった感じ。
    そして極めつけはこれです。

    > 私の願いは最初なおって欲しい、というものでしたが、そもそも、故障がおかしい、という気持ちが強くなりました。

    これは紙さんの認識が変更されたから自然に起きてきた想いなんですよね。無理矢理思いこもうとしたのとは全然違う。
    この辺はMONEYでの私の認識変更の体験談とダブります。この短期間でここまで認識が変更されるなんて凄い!ですよ。

    > また、予想だにしなかった、完璧としか言えない充足の出来事があり、その完全性にも驚いています。
    > その出来事に不足はなにひとつありませんでした。

    こういう事ですね。神の完全性を経験できるところまで来ている。

    > 不正プログラムを逆に利用して充足を肯定し、状況を独立したミクロ単位に分解し、独立した充足を確認していきたいと思います。

    面白いアプローチですが、状況を分解して目を皿のようにして充足を探さなくても、そこに充足がある事を知れば良いだけの事なんですよ。
    その選別作業を止めれば、わざわざ不足を知覚する必要性もなかった事が分かります。
    紙さん自身が過渡的な状態なのであれば、そういうアプローチも一時的には有効だと思いますが、コメントを読む限り、もう一気に知覚が修正されても良いところまで紙さんは到達していますよ。

    > DEBUG2を何度も読んで、読むたびに認識が変わり、毎回わかった、と思いますが、毎回新たな発見があります。

    一旦気づき始めた人は、こういう風に雪崩式に知覚の修正が起こりますね。毎回新たな認識が得られるのは、紙さん自身の立ち位置がどんどん修正されているからなんですよ。

    毎度の事ですが、気付いた人への回答は非常に楽です。引用するだけで事足りるんですから(笑)。
    今回紙さんが経験した意識の移りは非常にダイナミックで一見の価値ありです。紙さんのコメント最初から抜粋して、通して読む事を皆さんに強く推奨します。
    マジで達人まとめに掲載されて良いレベルですよ、これは。

    最後に紙さんのコメントからもう一個引用しておきます。

    > 「神様、主の最良をお与え下さい」は、唱える度に、無条件の愛で愛されている事を思い出させてくれ、不正プログラム内にいるのだと、不足はそれによる酷い歪みだと、原型の実像の属性は充足なのだと、思い出させてくれます。

    素晴らしい!
    MONEY共々、感想をお待ちしております!

  72. 72. 108 Says:

    こんばんは!
    夏もいよいよ本番にさしかかっていきますが、熱中症などに十分注意しましょう。

    >>32. akeponさん

    その後、お母さんの具合はいかかでしょうか?
    私の知り合いにも、脳出血から奇跡的な回復をされた方がいますよ。
    akeponさんが選択すればそれは可能です。その調子で選択を変えないでいてください。

    恋愛に関してですが、

    > その人を想うとただただ幸せな気持ちになるようになりました。

    ここが鍵ですね。
    相手を好きになったときの気持ちは、ただ純粋に「好き」ですよね。
    ところが時間の経過とともに、様々な想いが生じてきます。

    「あの人があの時、私にあんな態度を取ったのは私が不快にさせたからだ。私は嫌われてしまったかもしれない」
    「あの人が私にああいった態度なのは、他に好きな人がいるからだ」
    「よくよく考えれば、あの人に私が釣り合う訳がない」
    「このマイナスの状態からV字回復するためには、どうしたらいいのだろうか」

    もう最初に感じた「好き」なんてどっかいっちゃってます。
    最初に「好き」と想ったときは、相手や自分の条件など歯牙にも掛けずに、ただ「好き」とだけだったはず。

    ところがある時点から、その気持ちは脇に追いやられて、現実的な条件の方に焦点が合ってしまうようになる。そうなると今度は様々な憶測が妄想を呼び、その妄想に対して悶々と悩み苦しむ羽目になる。

    …で、それは一体どこで起きている事なんですか?

    あなたの頭の中でだけ、起きている事です。
    その条件もどの条件も、その妄想もどの妄想も、あなたの頭の中だけにしか存在しない。
    だったら、それらの思考から直ちに離れて、最初の「好き」に焦点を戻すことです。

    恋愛ごとになると人は気が付けば盲目になっていますが、akeponさんが仕事上で経験したように「他人の状況を含めた自分の世界は選択できる」は、恋愛に関しても同様なんですよ。パラレル論からすれば、恋愛相手と上手くいっている世界も当然のごとく存在する訳ですから。

    すぐにという訳ではないですが、恋愛に特化した本もそのうち書いてみたいですね。

    コメントが長いのは気にしないでください。私も長いので(笑)。

    >>33. monaさん

    おこんばんわ!

    > そうしたら、とある事がきっかけで、彼と付き合いたい!という気持ちが薄れ、仲良くなりたい!という気持ちに変わりました。

    これですね。
    見事に上のakeponさんの話とリンクしています。

    最初の「好き」をどんどん進めていくと、「仲良くなりたい、もっと仲良くなりたい!」ってなりますよね。
    これは自然な感情です。
    で、「付き合いたい」。これはある意味で条件な訳です。
    頭の中で、

    「私が好きだという事は、相手も私を好きになってくれないといけない」
    「相思相愛であれば、当然の事ながら付き合うのが普通である」

    こういう条件を満たそうとしている訳です。

    犬好きの人なら、道を歩いていてかわいい犬がいたら、思わず近づいて頭を撫でてやりたくなりますよね。
    犬を見つけて、即「よし、この犬を飼おう!」とはならない訳です(笑)。
    犬と恋人とは違いますし、道を歩いていて好きな人を見つけても、いきなり近づいて頭を撫でたりしたら色々と問題が発生しそうですが(笑)、本来「好き」という気持ちは、なんの条件もついていない純粋な想いなんです。
    (「犬好き」と「大好き」って字が凄く似てますよね。どーでも良いんですが)

    固執してしまうのは、自分が頭でこしらえた条件付けを満たしたいのに中々満たされないからそうなってしまうんですね。
    でも、そんな条件くっついてなかった最初の「好き」が、全ての始まりであって全ての中心であるんだから、悩んだらそこに戻るべきなんですね。
    そこには何の悩みも条件もない。

    で、そこからまた始めたらいい。
    なんかの歌の歌詞みたいになってきましたが(笑)、本当にそういう事なんですよ。「初心忘るべからず」ってのは恋愛ごとにこそ当てはまる格言だと思います(と突然堅くなる)。

    恋愛相談というか雑談みたいになってしまいましたね(笑)。
    まあこういうのも良いでしょう。
    …と書いていたら、見事に条件付けに気付いたmonaさん。

    >>36. monaさん(再び)

    > 逆に私以外と付き合ってはいけない、と思わなくてもいい。私以外を見てはいけない、と思わなくてもいい状態は、思わなくても済む状態!であるということ。

    ビンゴです。素晴らしいですね。

    > 私以外を見ていい!とは思えないけど、私以外を見てはいけないと思わなくても大丈夫なんですね!

    そういうことです。

    この状況もどの状況も自分自身が創造しているのだと分かれば、無用な心配事で、わざわざ自分にとって不都合な現実を創る必要がない事が分かる。
    で、monaさんが気付いたこのセドナ的アプローチってのは、実は望む現実創造のプロセスであり、並行世界移動の重要なヒントなんですね。
    レスター・レビンソン氏がそれに気付いたいたかどうかは不明ですが。

    今回の気づきを元に、monaさんが相思相愛の幸せな世界に移動できる事を祈っています。

    > 気付くのは楽しいですね!

    そのとおり!

    >>37-39. monaさん

    もうmonaさん特集みたいになってきました(笑)。

    > 実は、現実の内容は違えど、ほとんど内側は今こんな状態です。

    じゃあもう叶っちゃっているじゃないですか。
    直結ですね。

    > 叶う叶わないを考えずに、ただ、何々だといいなあ!と考えると、凄く幸せでキラキラした気持ちになります。

    これはとりわけ重要な発言ですね。まさに願望実現の鍵です。
    で、この発言が次のpopominさんのコメントにまた繋がると。
    完璧です。この世界は私の自作自演だから当然っちゃ当然なんですが(笑)。

    >>39. popominさん

    > 「叶ったらがっかりする。想像の中ではいくらでも素晴らしいものとして妄想できるけど、現実に叶っちゃえばたいして素晴らしいもんじゃない」というような考えを持っていることに気がつきました。

    これが条件付けの引き起こしている単なる思考なのか、魂から来る本当の感情なのか、ハッキリさせといた方が良いですよ。
    「そう考えている」ということなら、それは頭の中の条件付けを駆使した結果なので信用しなくて良い。
    でも、monaさんのように、

    > 叶う叶わないを考えずに、ただ、何々だといいなあ!と考えると、凄く幸せでキラキラした気持ちになります。

    こんな風に「こうだといいなぁ!」と感じられないなら、それはpopominさんの中で、別に叶えたいもの(=願望)ではなくなってしまっているのかもしれない。

    > もう何年越しかの願いなのでつまんなくていいから、叶って欲しいんですけど、

    って言ってるけど、別に何年越しの願望だろうが何百年越しの願望だろうが、今の時点でpopominさんが何とも思わないのなら、それはもはやpopominさんにとっての願望ではありませんよ。

    願望を自らに強制する事は出来ない。
    自分の魂に嘘はつけないからです。

    で、ずっと憧れ続けたいのなら、そうするって手もあります。
    「憧れ続ける」事が願望なら、それは最高レベルで実現し続けていますよ。

    自分に尋ねてみる事です。

    「これを実現したい?したくない?」

    思考を通さず、ただ聞いてみる事です。
    考えないで、内側から来る指針に従ってみてください。

    >>35. まくまさん

    > 壁の穴、あれが本当の神と繋がっている臍の緒に思えました。

    とてもユニークな表現ですね。しかも核心をついています。

    > 今生きている世界に充足が存在していなかったら
    > きってこうして生きていることすら出来ないでしょう。

    全く持ってその通りなんですよ。
    ただそれを見る意志を持てば、周りは充足であふれかえっている事が分かると思います。
    「充足を見る」とはそういう事なんですよ。無理して見ようとかしなくても、そこら中にあるんですから。
    でも私たちは無意識にそれを遮断してしまいますよね。知覚としても経験としても。

    > 神と私には少し距離があって
    > 願いを言ってもすぐに返事は届かないのかも知れないけれど
    > でもきっと繋がってるんだと思えました。

    繋がっている事を感じられた事は大きいです。
    でも返事は既に届いているんですよ。
    何度もピンポンを押してあなたに届けようとしている。
    でもあなたはグーグー寝ているから(笑)、呼び鈴に気遣いないでいるだけなんです。

    気づきと目覚めはほぼ同義です。
    色んな気づきが起きているという事は、目覚めかけている証拠なんですよ。
    そして目覚めれば、たくさんのプレゼントが玄関にこれでもかと届いている事に圧倒されるでしょう。

    > 焦らずに少しずつ充足を受け入れていきたいです。

    焦らない事は大事。
    でも少しずつじゃなく、一気に充足を受け入れたって良いんですよ。
    許可してください。神は既にそれを許可しています。

    引き続きご感想をお待ちしています!
    ※コメントは最新記事「パラレル外伝「MONEY」!」の方にお願いします。こちらのコメント欄は回答専用になりますので。

  73. 73. 108 Says:

    >>40~ 紙さん

    紙さんのコメントに対してはもはや回答不要ですね。
    紙さんのコメントを順に追っていくと、どんどん気づきのステージが上がって行っているのが分かりますよね。
    皆さんも是非追体験してください。
    そこで紙さんの現実にその都度何が起きているのか、それをリアルに経験することは出来ませんが、紙さんの意識の変化は経験することが出来ますよね。
    そして、その方が遙かに重要な部分なんです。

    >>45 Alexisさん

    う~ん、ちょっと考えてみます。

    >> 47 僕も困りました・・・さん

    無事に読めましたかね?
    ダウンロードで問題が生じた場合はインテグレイテッド・インフォさんにメールで連絡を取ってみてください。
    速やか…かどうかは分かりませんが(笑)、きっちり対応してくるはずです。

    >>51 カギ穴さん

    素晴らしいですね。
    ある人はDEBUGでつながり、またある人はMONEYでつながり…
    繋がるタイミングは人それぞれですよね。
    で、結局はチケットに全部書いてあったことにまた気づくという。
    そこでまた大きな気づきがあるわけですね。
    仰るとおり「既にある」です。
    嬉しいご報告をお待ちしています。

    >>65 yukiさん

    > いや、今は最初のデバッグのほうが自分的に良い感じです。
    > もしかしたらいちばん好きかも(笑)

    ね、こういうことなんですよ(笑)。
    立ち位置が変わると当然見えてくるものが変わる。
    同じ景色を見ても知覚できるものが変わってくる訳なんです。
    凄く意地悪に思えたDEBUGは、実は無限大の愛だったわけです。

    >>66 shredさん

    仰るとおりですよ。
    本当は全部あるんです。最初から。
    だからあなたが頑張って作り出す必要はない。
    選ぶだけです。

  74. 74. Taku Says:

    始めまして。108さんの書籍はどれも好きなんですがDEBUG2が一番実践しやすいです。
    実践して思ったのは、胸や胃の辺りにある不快感は全て「錯覚」なのかなと言う事です。
    何故なら主にリクエストするとその不快感は消えて行くからです。

    その不快感に思考で色づけしてるのが「出来事」でそれは錯覚って事かなと。
    今まではその不快感を起点とする「出来事」に取り組んであくせくしてたのを、もう止めても良いんだ、そう気付いた時の安心感といったらもう、素晴らしいですw

    不快感に色づけして「無い」といったり、不快感を起点に証拠見つけては思い煩う事はもう止めて、大いなる主と一体になる様に委ねてみます。

    手放すの意味がここに来てようやく腑に落ちそうです。ありがとうございます!

  75. 75. ハイ Says:

    チケットとデバッグ2を読んでいます。
    安心を得たい、美しい容姿にすてきな歌声がほしい、大金持ちになりたいなどの願望があるのですが、神様にお願いすると抵抗が出てきます。表面ではそう望んでいても本当のわたしは、叶ってほしくないようです。
    望んでいない願望を神様にお願いして叶えることはできるのでしょうか。

Leave a Reply

i3Theme sponsored by Top 10 Web Hosting and Hosting in Colombia
http://www.ndesign-studio.com http://www.mangoorange.com