壁(その2) ストックがない!!
10 月 27

以前、引き寄せスレで

「どんな願望でも持って構わない」

と書きました。
もしそうだとすると、こんな風に考えてしまう人がいるかもしれません。

「それじゃ『銀行強盗や殺人を成功したい』という願望も、持って良いことになるのではないか」

「『世界征服したい』という願望を、叶えることが出来るのか」

少しばかり、子供じみた発想だと思われるかもしれません。
しかし今回は敢えて、この部分について少し掘り下げてみましょう。

あ、その前にあらかじめ言っておきますが、そんな願望でも「持つこと」自体は問題ありません。
そのこと自体に「良い」「悪い」はありません。
また「叶えることが出来るのか」という問いについても同じです。
「可能」です。

さて、上記のような、いわば「破壊的な願望」を突き詰めてみると、あることが見えてきます。

例えば、

「私は銀行強盗を成功させたい!」

この願望を少し掘り下げてみます。

「どうして銀行強盗を成功させたいの?」
「そりゃ、成功すれば大金を手に入れることが出来るからだよ」

もう出てきました。
本当の願望は「大金を手に入れること」だったわけです。
では、他の願望についても同様に検証してみます。

「どうして殺人を成功させたいの?」
「社会に裏切られてばっかりで、ちっとも良い思いをしてないから。誰でも良いから復讐してやるんだ!」

またしても、すぐに出てきました。
目的は「殺人」ではなく「復讐」でした。
もう少し掘り下げます。

「どうして、社会に裏切られてばっかりで、良い思いをしていないの?」
「こっちが聞きたいよ!この現実社会は自分を受け入れたくないんだろう。なんか知らんが、社会全体から呪われてるんだ。だから良い思いなんて出来るはずがない」

お分かりでしょうか。
この人は、

「自分は社会に受け入れられていない」
「社会から呪われている」

という観念を保持していました。
ここをもっと掘り下げると、おそらく

「自分は人より劣っている」
「自分は嫌われている」
「だから自分は成功してはいけない」

このような思いこみが現れてくるでしょう。
ここではそれを割愛して、この人が持っているもう一つの観念について、追求していきます。

「どうして『誰でも良いから』復讐したいの?」
「とにかく、社会に仕返しをしてやりたいんだよ!」

もう少し、シツコク食い下がってみます(笑)。

「どうして、社会に仕返しをするために、殺すのは『誰でも良い』の?」
「俺を苦しめているのは社会だからだよ!だから、殺すのは誰でも良い」
「答えになっていません」
「だから!!苦しめているのが誰かなんて、個人的な特定は出来ないんだよ!
社会は全て敵だ!俺以外は敵なんだ!だから、俺以外の誰かを殺せば、それは社会に復讐したことになるんだよ!!」

かなりハッキリしてきました。

この人は、自分と社会とを「分離した、二極の対立構造」として捉えています。
「誰でも良い」というのは「実際には、そんな特定の相手は存在していない」からだと分かります。

お気づきでしょうか。

この人の求めているものは「愛」なのです。
受け入れられ、愛されたいというのが本当の願望です。
それは、表面上の願望として現れている「誰かを殺す」という目的を達成したとしても、決して得られるものではありません。
彼は、裏に潜んでいる本当の願望とは、まるで逆の願望を持ってしまっているのです。

殺人願望が「社会全体への復讐」ではない場合もあります。
例えば、こんなケースです。

「どうして殺人を成功させたいの?」
「アイツが憎くて憎くて、仕方ないからだよ!」
「どうして、憎くて憎くて仕方ないの?」
「アイツが、私に酷い仕打ちばっかりしてくるからだよ!」
「どうしてその人は、あなたに酷い仕打ちばっかりしてくるの?」
「知らないよ、そんなの!私のことが嫌いなんじゃないの!」
「どうしてその人は、あなたのことが嫌いなんだろう?」
「何か、私に気にくわないところでもあるんでしょ!!」

この人とその相手とは、継続性のある「特定の傾向を持った関係性」を築いていることが分かります。
その結果、この人は「私は特定の人物にとって気にくわない」という観念を持っています。
そして、この人の本当の願望は「特定の人物から嫌われたくない」つまり、「誰からも愛されたい」です。
この人の場合も、本当の願望である「誰からも愛されたい」とは、正反対の願望を表面上、抱いてしまっているのです。

このように「破壊的願望」には、その裏に正反対の「本当の願望」が隠れています。
そしてその願望は、表面的に保持している「破壊的願望」を達成しても手に入れることが出来ないものです。
その破壊願望が実現されると、むしろ本当の願望実現からは遠ざかってしまうことが分かります。
つまりそれは、幸せから遠ざかってしまうということです。

それでもあなたは「破壊的願望」を実現させたいでしょうか?

どんな願望でも、持つことは自由です。
実現させることも可能です。
でも、せっかくなら「本当の願望」の方を実現して、幸せを感じた方が良いに決まってます。

最後に、例としてあげたもう一つの破壊的願望である「世界征服」について、掘り下げてみましょう…

…ちょっと待ってください。内部から私に問いかけてくる声がします。
少し耳を傾けてみましょう。

「あなたは、どうして『世界征服』が『破壊的願望』だと思うの?」
「いや、だってそうでしょう。世界を意のままに操るなんて…」
「どうしてそれが『破壊的』なの?」
「それは、う〜ん…」
「ねえ、どうして?」
「…」

written by 108

4 Pings to “破壊的願望”

  1. SATO Says:

    −−−−−このコメントは管理者のみに公開されます。−−−−−

  2. ザ・チケット - ストックがない!! Says:

    [...] Older [...]

  3. ザ・チケット - 別の領域に対する誤解 Says:

    [...] キッパリと言っておきますが、願望は決してエゴなどではありません。 願望の実現を邪魔しているものがエゴなのです。 以前「破壊的願望」で書いたように、願望そのものに良い悪いなどないのです。 [...]

  4. Yahoouj Says:

    −−−−−このコメントは管理者のみに公開されます。−−−−−


5 Responses to “破壊的願望”

  1. 1. popo Says:

    こんばんは、
    108さんのコラムを読むと、自分の心が整理されていく感じがします
    願望を突き詰めていくと全然正反対の願望が見えてくることがあるんですね
    ヒネテしまわなければいいのに…
    心って不思議です

  2. 2. key Says:

    世界と自分との間に境界を作ってしまっているからでしょうか・・?
    いろいろと大切なことを考えさせられます。 108さんありがとう。

  3. 3. ななし Says:

    世界征服=破壊的願望ですか・・・
    ちょっと強引な感じもしますが、・・・
    仮面ライダーやなんとかレンジャーの世界では、そうゆう図式のようですね。
    このお話は続きがあるんですよね?w
    楽しみにしています。

  4. 4. 田楽師 Says:

    今回のコラムを読んでいて思ったのは、108さんはかなり
    自らとの対話をされてきたのでしょうね。なので、LOAスレでの
    質疑応答を拝見するにあたり、相談者の内面を良くとらえて
    いるのだと感じました。今回のコラムのように自らとの対話は
    より明瞭な願望を示唆してくれんですね。

  5. 5. にゃにゃし Says:

    108さんの話は、強烈に今にい続けるためのトリガーになってる気がしますよ。たぶん多くの人がこれと同じ話をしているんだろうけど、自分にとって一番わかりやすいです。
    ありがとう。本当にありがとう。

Leave a Reply

i3Theme sponsored by Top 10 Web Hosting and Hosting in Colombia
http://www.ndesign-studio.com http://www.mangoorange.com